Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

八朔の雪―みをつくし料理帖  高田郁 著 

東京駅で新幹線待ちの合間に、目に留まったので買ってみました。
「温かな料理と 人々の優しさが織り成す 書き下ろし時代小説の傑作」
という帯の文句と、タイトルに「料理帖」とあるだけに、
江戸時代の料理のレシピが読めるかなと期待してのことです。

八朔の雪―みをつくし料理帖 (ハルキ文庫 た 19-1 時代小説文庫)八朔の雪―みをつくし料理帖
(ハルキ文庫 た 19-1時代小説文庫)

(2009/05)
高田 郁

商品詳細を見る


大坂の料亭で奉公していた少女が、上京して蕎麦屋で働き始める。
彼女はそこで、江戸では珍しい上方料理を出しているが、
上方と江戸との味や風習の違いに悪戦苦闘する。
少女には大坂で水害にあって天涯孤独になったという過去があり、
そのときはぐれた幼馴染のこと、火事で失ってしまった奉公先の料亭の再建ことなど、
さまざまな問題を抱えながら、料理の勘を頼りに己の人生を歩んでいく……。


1話が料理で解決していくところが「美味しんぼ」などと同じ手法です。

どんなに辛くても、落ち込んでも、へこたれない主人公の姿に、
有無を言わさず応援させてしまう力がこの作品にはありました。
設定が設定なだけに涙と甘さはついてまわりますが、
それを嫌味にしないのが少女を厳しく指導する浪人の存在と、
彼女が料理の勘は持っていても決して天才ではないというところでしょうか。
作品の後ろには作中の料理のレシピが載っていて、ちょっと作ってみたいなあと思わせます。
でもあんまり本格的過ぎて、簡単には作れそうにないところがネックですね。(苦笑
特に珍しい江戸時代の料理というわけではありませんでしたが、
今もある庶民の食べ物のルーツを辿れるといったところが興味深いです。
生き別れになった幼馴染(女の子です、念のため・笑)のことや、
奉公先の若旦那さんの行方、お店の再建、厳しい浪人さんの正体などなど、
これからの展開が気になります。
久しぶりに、続きを買ってみようかなあと思った作品でした。
美味しい料理とほんわかあったかいお話に、きっと癒しと元気をもらえると思います。
文体のテンポも良くてサクッと読めてしまいますよ。
[ 2009/08/03 00:24 ] 時代・歴史物 | TB(0) | CM(2)
↑↑と言うタイトルだったと思いますが、
我が愛読書です♪って、現在、引っ越しの混乱で手元にありませんが(^_^;)

江戸時代の料理を現代の板前が再現すると言う
写真を見るだけで、楽しい料理本です♪

アノ「ふわふわ卵」も載っております!

この本の決定的な特徴は、作り方は書いてあるけど、
分量が書いてない(爆)

自分の舌と勘で作ってみろ!
人にいちいち聞くんじゃねえ!

…と親方に叱咤される見習いの気分に浸れマス。

「卵ふわふわ」と言う名で掲載されている、
件の料理、「火加減が難しく、
上級者向け」と書いてあります(泣)

NHKのドラマで「菊亭八百善のひとびと」も
毎回、江戸時代から受け継がれた
老舗「八百善」の料理がドラマの軸になってます。

「八百善」は、お客が注文した、メニューない、「お茶漬け」を一日がかりで作り、
三両の値段を付けた話が有名です。
最初、高すぎる値段にビックリした客人も、
その茶漬けに対する、老舗のこだわりぶりを聞いて、
納得して、ポ~ンと支払いました。

江戸っ子職人の意地と、江戸っ子の粋を理解する客人を
顕著に表したエピソードです。

あ、ちなみに「ふわふわ卵」一度も成功したことがありません(爆)

江戸の職人の道は厳しいです(笑)
[ 2009/08/03 04:46 ] [ 編集 ]
> 大江戸料理帖
これは面白そうな本ですね~
うちの近所で江戸時代の殿様の料理を気軽に食べさせるとかいう店があったんですが、
いつの間にやら消えてしまいました……。
もっと早くに行っておくべきだった!

料理をメインにした作品て結構ありますよね。
料理と心情がうまくリンクしていると、なんともあったかい気持ちになります。
心と胃袋はつながっているのかもしれませんね。
[ 2009/08/06 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。