Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

気をつけないと! 

ローマのレストラン、日本人観光客への「ぼったくり」で閉鎖

このニュース、あちこちに載ってますね。

イタリアの当局は、日本人観光客カップルの昼食に
約700ユーロ(約9万4000円)を請求したローマの老舗レストランを
詐欺行為にあたるとして閉鎖した。   (ロイター)



日本の報道では、注文したのはパスタとロブスター、ワイン、ジェラートで、
しめて579ユーロの食事代を請求され、さらに115ユーロのチップを加算された
となっています。

地元の報道を見てみると、前菜2皿142ユーロ、プリモ(おそらくパスタ)2皿208ユーロ、
セコンド1皿(魚料理)82ユーロ、 ワイン108ユーロ、デザートに31ユーロ、
お水が3ユーロで、テーブルチャージが5ユーロだった
となっていました。
こうするとランチに9万円というのは食べられないこともないのか……と思いましたが、
1皿14,000円近くするパスタって一体どんな!?(汗
この「パセット」というお店は「リストランテ」のようなので高級レストランなんでしょうけど、
それにしてもランチのパスタが14,000円というのはアリなんでしょうか。
よくわかりませーん……。

対して店側は、客はカキ12個とロブスター2キロ、スズキ1.5キロ、ワインを注文し、
好意で115ユーロのチップを置いていった
としています。
いやー、普通の日本人のカップルが、これだけのものを食べられないと思いますが。(汗
メニューがわからなくて適当に頼んでしまったのでしょうか?
注文内容の真偽ははともかく問題はチップの扱い。
チップはお客の意思で置いていったことになっていますが、
どうもカップルはクレジット払いをしたらしく、レシートにない115ユーロが引き落とされていたようで。
サインするとき金額を確認しなかったなんてことはさすがにないだろうし、
でもぼったくろうとするほうは色々企んでますから、レシートが2重になってたりとかしたのかしら。
結局警察が踏み込んでお店を閉じさせてしまったのだから、明らかな詐欺行為だったんでしょう。
ただこれ1件だけでイタリアの警察が動くってこともあまり考えられないので、
おそらく同様の訴えが前からあったか、他にも何かしらの失点があったのかもしれません。

海外に行くと日本人はカモにされてしまいます。
お金持っててしゃべれない、と、思われてるんですよね。
レストランのお勘定で、頼んでいないものが加算されていたり、数が多かったり、
単純ミスなんでしょうけど別なレシート持ってきたりってことがよくありますから、
やはり支払い前にはきちんと吟味しないとあとで泣くことになります。
そういえばドイツにいた頃、中華料理店で騙されそうになりました。
そこはもう何度も入っていてよく知っている店だったのですが、
あるとき「日本語のメニュつくたアルヨ」と言って、日本語のメニューが出されました。
見ると、前よりどれも若干値上がりしています。
友人と「これ、怪しくない?」と相談の上、ドイツ語のメニューを持ってくるよう頼みました。
……あっはっはー。
案の定ドイツ語メニューの値段はいつも通りだったよ!!!
「おんどりゃあ、なめとんのかー!」と、ドイツ語メニューで注文しました。
同じ料理なのに、表記言語の違いで値段を変えるなんて、
これも立派な詐欺ではないのでしょうか?!
海外に行くときは、警戒心とちょっとした猜疑心と開き直りの精神が必要です。
本当は普通に楽しめるのが一番なのですけどね~。
[ 2009/07/03 23:22 ] ニュース | TB(0) | CM(8)
そういえば、むか~し昔、中国の西安で露店の焼き餃子を頼もうと思って、値段を聞いたら・・・
「相場より明らかに高いじゃないか!!」
と言うことで、断固拒否して帰ったことがありました
・・・・安いからこそ、露店の餃子を食べようと思ったのであって、高いのであれば、普通の食堂に入って餃子を頼むアルよ!(爆)

海の向こうは別世界だと思っております
魑魅魍魎が跋扈している様に見えるのは、私の目が歪んでいるせいでしょうか?(爆)
(ま、魑魅魍魎が跋扈しているのは、何も日本国外だけではないですがね~)

ちなみに、これもむか~し昔、韓国にツアーで旅行に行った時、私らと一緒に参加していた親子が、ガイドにカモにされていました
一応「止めた方がいい」と言って止めたのですがね・・・・(汗)
[ 2009/07/03 23:37 ] [ 編集 ]
> 高いのであれば、普通の食堂に入って餃子を頼むアルよ!(爆)
そら当然ですわ!!!
日本人だと思うとすぐ吹っかけてきますよね~。
インチキくさい日本語で巧みに(?)誘い込もうとしますし。
魑魅魍魎は日本にも棲まっていると思いますが(苦笑)、
確かにお国の言葉も風土も違うと理解しあえるものもしあえないことが出てきますし、
何かとびっくりさせられる場面に出くわすことは多くなりますよね。
しかしガイドさんにまでカモにされるとは、それはちょっとひどいツアーですねえ。
「日本人お金くれる、だから日本語勉強するヨ」とストレートに言ってのけた、
まだ全然日本語の話せない現地ガイドさんに当たったことありますが、
あれも怪しすぎです。(苦笑
[ 2009/07/04 02:08 ] [ 編集 ]
諸國をへめぐっておりますと、いろいろな体験をいたしまするな。

それでは、リューザキ弾正の経験から、ひとつをセレクトして、
御送り致します。
 
ミラノ晩餐会事件(^^;)
時は、2001年12月。あの事件から三ヵ月後、
死ぬのも覚悟の上で、機上の人となりました。
ミラノ・スカラ座、シーズン・オープニング。
演目はヴェルディの「オテロ」
タイトル・ロールは、プラシド・ドミンゴ。
指揮者はもちろん、リッカルド・ムーティ。
その他の配役も、その当時考えうる最高のキャスト。
命に代えても惜しくない聖地巡礼です。

もちろん、初日など、ムリムリですが(^^;)
二日目と三日目のチケットを確保しました。
と、いうか、それが出来る、大きな旅行会社のツアーに参加したのですけど(^^;)
今回ばかりは、ハズしたくないので・・・

ところが、友人が機内食に当たってしまいました!
イタリア語堪能な友人が頼りだったのに・・・
大手旅行会社の手配したホテルだから、
我らにしては、身分不相応なのですが、
チケット完全確保のために、そこに宿泊。

丸一日、休養を取ったところで、友人も食欲が出てきて、
ルーム・サービスを頼むことにしました。
メニューを見た友人によると、ちょっと高めぐらいの値段だよ、とのこと。
ホテルのラウンジの一杯のコーヒーが1000円以上するような物ですね(^^;)

さて、一番安い(^^;)サンドウィッチ2人前と炭酸ガス入りミネラル・ウォーターを
注文した我らは、お盆はこの辺に置いてもらえばいいよね♪
と、ライティング・デスクの上を片付けて待ちました。

やがて、ルーム・サービス到着。
が、「お盆」という発想は、異次元世界の話でした。
キャスター付きのテーブルが運ばれ、
しかも両脇が跳ね上がり、長方形のテーブルが、楕円形の食卓に。
テーブル・クロスの上には、皿の上に銀のウォーマーがあり。
ワインを冷やすような桶にミネラル・ウォーターが一瓶、
グラスが二つ・・・
ナイフ・フォークも美しくならべられております。
ホテルのボーイさんは、笑顔で「ボナペティ♪」と
銀色のウォーマーを持って、部屋を辞していきました。

茫然とその情景を眺めていた二人・・・
(ボーイさんにちゃんと、チップは払いました。フツーの額の)
しかし、目の前は、晩餐会状態のシチュエーション・・・
メニューお値段からすると、考えられないです。
しかし、もういいかげんにお腹が空いていたので、
「食っちまうだ」(笑)ということにしました。

さて、色々あった、ミラノを堪能し帰る日が来ました。
「バー・カウンターの飲み物を飲まれた方や
ルーム・サービスを頼まれた方は、あちらで個別に清算をお済ませ下さい」by添乗員さん

その頃には、もう覚悟がきまっておりました。
ルーム・ナンバーを言って、サービス部分の清算を頼んだら・・・
クレジット・カードを握り締め、固唾を飲んでいた我らの虚をつく、
手持ちの現金で支払い可能な、フツーの値段でした。
めでたし、めでたし(^^)

[ 2009/07/04 17:04 ] [ 編集 ]
ハプニングというよりは、素敵な体験ではありませんか~♪
高級ホテルのルームサービスであれば、キャスター付きテーブルで運ばれますよね。
自分、日本のシティホテルでそれやられたときもビビリましたから(笑)、
海外だったらなおさら緊張しちゃうかも~。
旅先では嫌な思いはしたくないですよね。
[ 2009/07/06 03:08 ] [ 編集 ]
日本人とそれ以外で、支払い金額が違うってことですね

でも、これ・・・
日本人がやってきたことの意趣返しとも取れます
いわゆる
「エコノミックアニマル」
日本人だから、金持ってんだろ?みたいな

金持ちが妙に優遇されているのは日本だけだと思いますが
私は・・・
[ 2009/07/06 09:21 ] [ 編集 ]
に行きますと、
「伊賀越え」の時のような、
警戒心と猜疑心を常に持ってしまいますw

と言いつつも、
街をぶらりと歩くのは好きなのですけど^^;;
[ 2009/07/06 21:24 ] [ 編集 ]
確かに仰るような一面もある気が致します。
しかも海外に行くと、日本人て豹変するんですよね。
旅の恥はかき捨てってやつなんでしょうか、
同じ国民だと思われたくないときもあったり^_^;
日本の場合、小金持ちが多いんだと思います。
あと見栄っ張り?(苦笑
大きく見ると、お金のあるなしによる差は、
欧米のほうがキツイ気もします…。
[ 2009/07/10 14:30 ] [ 編集 ]
外に出るときは、馬廻り衆をつけたいものですね。(笑
国内でも国外でも、知らない街を歩くのは楽しいですよね。
あとはご当地の美味しいものを食べたり。
旅は基本的に一人が気楽ですが、
食事の時に一人だと寂しいのが困ります。
[ 2009/07/10 15:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。