Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「天地人」#26 関白を叱る 

アバンタイトルの「愛の詩人」とか朝日姫(平田敦子さんは好きです)とか、
何かと突っ込みたいことはあるのですが。

それよりもこの素朴な疑問……。

結局、上杉主従は何のために上洛したの~( ・◇・)?

このとき秀吉には、天下に知られた大名である上杉家を上洛させることで、
「上杉家もワシに従ったぞ!」と広く知らしめたいという意図がありました。
一方上杉家にとっては、越後を統一し国を固めていくには、
もはや秀吉の傘下に入るしかないという考えに考え抜いた結果の上洛でした。
(この時点で越後には、新発田重家の反乱という大きな課題が残っていました)

史実的にはそういう非常に重い意味を持つ上洛だったわけですが、
ドラマでの扱いは何というか、本当に物見遊山で終わってしまったような……。
別に史実がどうのってわけじゃないんですよ。
ドラマとして、この際どういうエピソードで書いてくれてもいいんですが、
あの時点で上杉家が上洛した重要性が感じられなかったのはどうなんでしょうか。
ただでさえ兼続の能力が視聴者に疑われている中で、政治的背景もスコンと抜けているので、
兼続が秀吉の誘いを拒否する痛快ささえ伝わってこないんですよね。
絵的には第1話冒頭にちゃんとつながったとはいえ、
あの初々しい決意みなぎる兼続が、この26話という回においては完全に浮いてました。

今回一番びっくりしたのはじぶじぶこと石田三成ですね。
「オナゴを救うために暇が欲しい」とか言い出したときには、
さすがにこりゃおしまいだと思いました。(苦笑
三成だって好いたオナゴがいたでしょうし、助けてやりたいと思うこともあったでしょう。
でもそれで暇乞いはないと思いますけどね~、キャラ的にも立場的にも。
そんなことしなくても三成なら上手く立ち回れるはずですもん。
っていうかさ、何で兼続と三成の間には必ず初音がいるの?
この2人のつながりには常に初音が絡んでるってどうなの?
……と書いてきて、すごいこと思いついちゃった……。
もしかして初音って、いつの間にか脚本家自身が投影されちゃってる!?(恐

景勝君の遺言ネタには、不覚にもホロリとしてしまいましたデス。
正直遺言の中身はヘンだと思います。
でもあの心意気と、花押を見たら血が騒いでしまいました!(笑
「カゲカツィストでよかったー」と思った瞬間でした。
しかし燃やせと言ったものを読んじゃう家老ってどうなのさー。(汗

最後に一言。
仙桃院サマ、やたら直江家の世継ぎを心配しておられましたが、
大事なのは直江家より上杉家なのですが?!
あなたの息子さんの跡継ぎがいないとお家大事になってしまうのですが?
この子作り云々のシーン、息抜きのために作ってるんでしょうけど、
いかんせん他も気が抜けてるからちっとも面白くない……。(毒
[ 2009/06/29 00:51 ] 天地人 | TB(0) | CM(10)
三成が進退をかけるほど「初音」って重要な人なんでしょうか・・・屋敷にかくまってしまえば秀吉の重臣三成の家まで刺客は来ないとおもうのですが。

北条の手前、死んだことにするくらい秀吉に相談せずともできそうです。

幸村のことも兼続のことも秀吉が「仲良しさん」が許せず嫉妬したとしか思えません。(そういう寂しさは寧々との語り合いとかで出して欲しかったです)
[ 2009/06/29 17:44 ] [ 編集 ]
このドラマ、下ネタかしら・・・・と思ってしまいました(爆)
脚本家の下品さが良く現れていた回だったと思いました
ま、そんな方には、政治的な話を書くことは出来ますまい・・・(ふっ!)

それにしてもですよ?
「儂には心を通じ合う者が近くにいなかった」
みたいな台詞・・・・
↑これで、豊臣恩顧の武将達が、東軍に走ったのではないか?と激しく思ってしまいました

といいますか・・・・
何を突っ込んでも、のれんに腕押しな感じで・・・・疲れてきました--;;

ぎ~ぎ~ぎ~ぎ~言うんだったら、駿河・浜松城の件の詫びを入れるのがぎ~というものではないでしょうかねえ~
[ 2009/06/29 21:59 ] [ 編集 ]
この幻想世界のヒロインですので・・・
脚本家自身の投影というか、願望が込められているのでしょう。
・・・コスプレの趣味もあるんですかね(爆)

この度の上洛は、
兼続のスカウト話が主だったようですが・・・
仰る通りこれも盛り上がりに欠けているので、
3回分の放送がほとんど無意味ですよね・・・
って毎回甘利意味は見出せませんが(爆破)
[ 2009/06/29 22:07 ] [ 編集 ]
子づくり子づくりってうるせえ!
と思ってみてました
こういう話の持って行き方をする人は
男性も女性も嫌いです

子供は授かりモノであるし
産めばいいというものでもない
数を競うものでもないし
確かに狙えば出来るものでもあるけど…
それだけではないですよね

イロイロ軽くみてくれちゃってこのドラマ
こんなところだけ前時代的です



それにしても、福島正則や清正の前で
恩顧の家来が居ないって言っちまった秀吉。
大失言と私も思います(-_-;)
びびんばさんと全く同意見です
[ 2009/06/30 00:20 ] [ 編集 ]
いろいろな、思い出が作れたようで・・・(棘)
毎回、どんなダメな、アワワワな展開・エンディングになるか、
予想するのですが(笑)

毎回、その私の予想を上回る(^^;)くだらなさを提示する、
この脚本家は、もしやある意味、天才?(爆)
ちなみに、今回のリューザキ弾正予想では、
京からの土産の品々の争奪戦を繰り広げる女性陣でした(爆沈)

ところで・・・景勝サマの「田比」の旗印は、何時頃、登場するのでしょうか?
すっごく、楽しみに待っています。

懸かり乱れ龍が、書道家の希望により、ああなったらしいですが(噂ですが)、
今度も「たひって何?そんなの書けないよ~」にならいといいのですが(滝汗)
[ 2009/06/30 14:05 ] [ 編集 ]
初音の件は、ああいう展開にもって行きたい脚本家の気持ちはよくわかります。
ああいう展開を望んでいる視聴者がいることもわかっています。。
「三成や兼続ほどの人物が、一人の女のために進退賭けるなんてステキっ!」ってね。(汗
でもこれ、現代の恋愛ドラマじゃないんですよね。
そこんところを、制作陣にはわきまえて欲しいのですが。
そもそも話が本筋を離れて、どうでもいいサイドストーリーばかりなのも非常に気になります。

秀吉のエピソードでもわかりますが、どの人物も器がちっちゃくて情けないです。(悲
[ 2009/07/02 10:10 ] [ 編集 ]
> このドラマ、下ネタかしら・・・・と思ってしまいました(爆)
同意いたします。(笑
今回は特にそうでしたよね。
どれもこれも「そんなのフツーのドラマでやれよ!」って話で。
フツーのドラマでもあまりな展開だと思いますが。
ブログ巡りをしてみると、意外と(!)好評価してらっしゃる方もいるんですよね。
「戦国武将の心がよく伝わってきて、身近に感じられます~」なんてのもチラホラあり、
「そりゃそうでしょうよ、ここに出てる人たち、戦国武将ぢゃないもん!」と、
他人さまのブログに思わず突っ込んで(毒づいて?)しまいました。

> 「儂には心を通じ合う者が近くにいなかった」
ああ、そうそうそうそう!
これここで言っちゃうんだ、あ、言っちゃった!って思いました。
みんなが東軍に走ったのは、びびんばさんが仰る通りかもしれません。(爆
脚本家としては秀吉の心をどこかで明かしたかったのでしょうが、あれはないですよね。
しかもああやると全部説明セリフになっちゃうという、
二重の意味で苦しすぎる場面でした。

浜松城の件は、意地悪な私は土曜日の再放送を見てしまいました。
何事もなかったように直ってましたね。
ま、「篤姫」のときにもありましたし、それ以前にもコッソリ訂正ってことがあったので、
まあそういうことなんでしょう。(苦笑
[ 2009/07/02 10:25 ] [ 編集 ]
御館も魚津も今回の上洛話も、
話数使ってるわりにはなんの実もならないっていうか、
まるで記憶に残らないですね。
見るそばから話が抜けていってしまいます。

やはり私には、脚本家が初音を使って願望をかなえてるとしか思えません。(苦笑
ホン書きって本来そういう面があるものだとは思いますが、
そういうのは本筋をきちんとしてからにして欲しいですよね~。
今じゃこの初音がヒロインのようです……。
[ 2009/07/02 10:31 ] [ 編集 ]
> 子づくり子づくりってうるせえ!
お怒りごもっともです。
私も正直、「またその話に戻るわけ!?」と思いました。
今日スタパを出先でチラッと見た限り、このネタはしばらく続くようです。
いかにもこちらの脚本家さんが食いつきそうな話といいますか、
お好きなネタなのだろうなあと思ってしまうのも、
これまでのドラマ展開を見れば仕方ないのかなと。
記事にも書いたように、おそらくは息抜きのコメディパートとして意図的に書いてるんでしょうが、
視聴者をウンザリさせるような結果になっていることからいっても、
いろいろと意識が足りないのだろうなあと思わざるを得ません。(すごく回りくどいですね・汗

秀吉の心情吐露は、仰るとおりだと思います。
結局誰も彼も小さな人物にしか描かれていませんね。
他を貶めていても、肝心の兼続の魅力さえ浮かび上がってこないくらいですし。
景勝公にしても、カゲカツィストの自分には脳内補完でデキル武将だと見ていますが、
一般視聴者にはやはり「何にもできないとの」としか映っていないんだろうなあと。
誰一人報われないドラマですね……。
[ 2009/07/02 21:52 ] [ 編集 ]
とのは途中で具合が悪くなってしまいましたが、
何とか全員無事に修学旅行から帰ってまいりました♪(爆
今回の上洛がトラウマになって、
とのは「もう二度と京へなど行きたくない!」と申されるのではなかろうかと。
京土産を手配するとしたらやはり兼続の役目なんでしょうが、
そうするとあの現地妻(爆)が見繕うことになるのでしょうね。
それだと上杉家の女性陣による争奪戦の前に、ひと悶着ありそうな ^^;

> ところで・・・景勝サマの「田比」の旗印は、何時頃、登場するのでしょうか?
出ないんじゃないですかー?(棒読み
景勝公の旗は「義」になって、上杉家は「義」と「愛」の旗が並ぶとかいう、
ものすっごい恥ずかしいことになってますので……。
自分たちの信念を旗に書いて掲げちゃうって、ホントこっぱずかしい~。
[ 2009/07/02 22:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。