Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「大河ドラマ」バトン 

ひと頃流行ったバトンも最近はめっきり見かけなくなったなあと思ったら、
なつさんのところで「大河ドラマ」バトンをされていたので、いただいてきました。
一時期ブランクがあって全く見ていない作品が多々あるので、
このバトンに回答するのはちょっと苦しい面もありますが、ま、いざ出陣!

「大河ドラマ」バトン 歴代大河ドラマ一覧


壱、大河ファンでよかったと思うことは?

毎年1年通してのお楽しみがあるということ。
長期ドラマゆえの深さで、歴史の一時代を味わえること。
ハマればハマるほどドラマが現実と一体化してしまい、
まるで自分もそこに生きているような気分になります。
そこまで至れたら最高!


弐、大河ファンで困ることは?

日曜夜8時に予定が入れられないことと、ハマると散財してしまうこと。
この2つが大きいですね。
昔は裏番組が見られないというのもありましたが、今は録画できちゃいますからねー。
便利な時代になりました。


参、一番好きな大河ドラマは?

一番散財したという観点から見ても、「新選組!」になるでしょうか。
視聴率的には振るわなかったようですが、「春の波涛」も私は好きでした。
これで明治・大正時代の面白さを知りましたから。
貞奴の松坂慶子さんが、子供から見てもこれまたとってもキュートで。
「秀吉」は楽しかった記憶があるのですが、今となっては竹中直人さんの印象しかなかったり。(苦笑
「風林火山」も結構ハマりましたが、後半がダレ気味だったのが惜しかったなあ。


四、一番好きな人は?

特にこの人が好きというのはありませんが、印象に残った方なら。
私が初めて見た作品は「徳川家康」ですが、そのときの衝撃はすごかったです。
こんな世界があるのかーと、幼心を狙い撃ちされてしまいました。
そのためこの作品の配役が自分の中ではいろいろとデフォルトになっている部分があります。
中でも築山殿の池上季実子さんと、信長の役所広司さん濃姫の藤真利子さんは忘れられません。
あと「元禄繚乱」柳沢吉保の村上弘明さんと、
吉良上野介の石坂浩二さんも好みのキャスティングでした。
このときの富子の夏木マリさんは美しくもやっぱり怖かったです。(苦笑
あのとき上杉フリークだったらなあとちょっと悔やまれます。
当時ちょうど忠臣蔵にハマっていたので私にとってはベストタイミングだったのですが、
主役がねー……なんかねー……って、実は全話は見てないんですよね。(汗


伍、一番嫌いな大河

うーん。嫌いっていう言葉はちょっと違うと思うんですが、
1話で挫折したものという意味では「武蔵」ですかねー。
たいてい3話くらいは様子見るんですけど、これはなんか馴染めなかったなあ。
ブツブツ言いながらも見ている今年の「天地人」は嫌いの範疇に入るのかな。
でも景勝公が素晴らしいだけに、その点だけでも「嫌い」と言い切れない自分がいます。(涙


六、一番好きなテーマソング

これは間違いなく「風林火山」です。
大河のOPはどれも本編をよく表した素晴らしい作品なので甲乙つけがたいですが、
「風林火山」は劇画チックな映像と必死に駆け抜けていくような音楽が、
見事にドラマの山本勘助を表していたと思います。
「生きている!」って感じでしたよね。
印象に残っているのは「独眼竜政宗」「功名が辻」
書けば長くなるので、これはいつか別記事にしたいです。


七、一番の「ありえない」

これまでは「義経」のお堂どっかーんが最強だと思っていましたが、
今年の「天地人」は「ありえない」ことが多すぎて困ってしまいます。
演出だけじゃなく、脚本もいちいち「ありえない」ことばかり。
書かなくてもわかっていただけるでしょう。(苦笑


八、一番感動した

「新選組!」最終回、ふでさんの「近藤勇、よく頑張りました」ですね。
あれは1年間見てきた視聴者の気持ちとぴったりあっていたと思いますし、
私は大河で初めて号泣しました。
それから「風林火山」での板垣信方。
この方には最初から最期まで心を揺さぶられっぱなしでした。
お亡くなりになったあとの喪失感といったら……。


九、次に回す人

大河について語りたいという方、どなたでもお持ちください。
お知らせいただければ拝見に伺います♪
[ 2009/06/27 22:33 ] バトン関係 | TB(0) | CM(14)
ふと、目が覚めて、携帯を見て、慌てて、三の丸から本丸御殿に来ました(^^;)
ちょうど、トイレに起きていた母が「何事ぢゃ!」と驚いておりました(^^;;)

その、バトン、リューザキ弾正が継がせていただきます。

カタリーナさんのお語りになる、懐かしきタイトルに、頷くことしきり。
うっかり、ここで全部、話してしまいそう(苦笑)
中で、セレクトした(爆)話題をふたつ。

母・弾正は、東海道五十三次完全踏破を成し遂げた時、
「次は、中仙道ぢゃ!」と固く、決意をしておりました。

ですので、前回から引き続き「街道てくてく旅」を見ておりました。
東海道は、日本橋→三条大橋のルートでしたが、
中山道は、三条大橋→日本橋のコースでした。

日本橋ゴールの時、勅使河原さんをお迎えしたいと、早暁出かけていきました。
ゴールした、勅使河原さん、感極まって号泣。
皆さんの温かい拍手の中で、
「よく、がんばりました!」と声援がっ!(爆)
う~ち~の~母~だ~よ~(^^;;;)
お前は、野際陽子@「新選組!」かぁ!
テレビの前で、のけぞりました(泣笑)

長くなっちゃいましたので、簡単に、もうひとつ。
あの、伝説の「千葉真一@土スタ」この弾正、スタジオにいました!

では、バトン頂いて行って、よろしいでしょうか?
[ 2009/06/28 03:59 ] [ 編集 ]
大河ドラマは見てきたものと思いましたが、歴代の大河ドラマを見てみると・・・・・結構スルーしているモノが多いことに気がつきました^^;;
特に今世紀に入ってから見た大河は(トレンディ大河ドラマがどうしても見る気にはなれなかったので)
「北条時宗」と「風林火山」と「(不本意ながら)圧姫」と「(怒り心頭の)天地人」だけ・・・・(汗)

でも、もう・・・・来年から大河ドラマとはお別れです(SP大河D「坂雲」を除く@爆)
[ 2009/06/28 10:13 ] [ 編集 ]
一番良かったのは、”国盗り物語”ですね。

感動したシーンでは、”独眼流政宗”で、父・輝宗が二本松義継に匕首を突き立てられながら、引き立てられていく時の
輝宗・政宗のやりとりですね。

話しには聞いていましたが、父親ごと鉄砲を撃ちかけるシーンを見たのは初めてで、かなり衝撃でした。

苦悩し、決断した政宗の胸中がよく伝わってきましたね。
[ 2009/06/28 14:36 ] [ 編集 ]
「草燃える」でした(幼少のみぎり)。

なので、わたしは「判官びいき」ではありません。

「草燃える」から「徳川家康」までは欠かさず観てました。

「徳川家康」は、わたしのなかで戦国時代の基本となってます。

>「ありえない」

あぁ~、「義経」はありえないことだらけでしたね(特撮かよ・・・みたいな)。

史実曲がっとるよ!と思ったのは「利家とまつ」でしたが、今年の惨状からすると、かなりかなり「マシ」だったかと。

それ以上にありえない「天地人」ってどうよ・・・と思います(主役がありえないことだらけ)。

今夜も「天地人」を観て、うなるわたしです。
うなるくらいなら観なければいいのに・・・と思いながら観てます。

[ 2009/06/28 21:43 ] [ 編集 ]
バトンを受け取ってくださってありがとうございます。
(当方へのコメントもありがとうございます)
「徳川家康」を見て、家康のイメージががらりと変わりました。本も26巻読みました!

家康役には本当は中村雅俊さんを予定していたそうですが、滝田栄さんもよかったです。
風林火山も政宗もOPには騎馬姿がでていたような・・・
やっぱり戦国系の見せ場はいくさですね。
[ 2009/06/28 22:44 ] [ 編集 ]
> 「よく、がんばりました!」と声援がっ!(爆)
> う~ち~の~母~だ~よ~(^^;;;)
わーい、リアルふでさーん!(笑
いえいえ、お母様は意識しておられたわけではないですものね。
これはとても簡単な一言だと思うのですけど、
ドラマ49回分の積み重ねと視聴者の思い入れあってこその効果でしたよね。

サニー板垣衝撃発言の現場に居合わされたのですか!
あのときの小野アナの動揺っぷり、今でも覚えています。
懐かしいなあ、「風林火山」の日々……。(遠い目

バトン、どうぞお持ちください。
回答を楽しみにしております!
[ 2009/06/29 01:16 ] [ 編集 ]
私はびびんばさんと逆で、完走した作品は多くないのですが、
思ったよりもチョコチョコ見てたんだなあと思いました。
来年再来年はとりあえず3話くらいは様子見って感じですね。
あとはよほど興味惹かれるキャスティングがあるかどうか。
でも今年のに比べたら、どちらもマシなのではという気がしないでもありません。(汗
なぜよりによって今年がこんななのー。
[ 2009/06/29 01:24 ] [ 編集 ]
国盗り物語はベスト大河に挙げられる方が多いですね。
wikiによれば、20代の若手キャストで作られたそうですが、
今のように何でもできる便利な時代ではなかっただけに、
1年間かけて歴史時代劇を撮るということは並大抵ではなかったのだろうと思います。
それだけ作り手にも覚悟があったでしょうし、イコール作品の質も高くなるのでしょうね。
政宗のそのシーン、おぼろげに覚えています。
政宗と母・お東の方のやり取りなど、こども心にはショッキングなシーンも多く、
全編通してインパクトの強い作品だったと思います。
[ 2009/06/29 01:37 ] [ 編集 ]
> 「徳川家康」は、わたしのなかで戦国時代の基本となってます。
同じですねー。
私の場合マイ初大河だったというのもあります。
私が持っている徳川家家臣のイメージは、この作品の影響がかなり残ってます。
「義経」はRPGのようだと思って見ていましたが、
今の「天地人」を考えるとそうひどくもなかったのか?と。(苦笑

私も「天地人」、見るのやめたらストレスなくなるだろうなと思うのですが、
カゲカツィストとして見捨てられなくって……。
健闘している役者さんたちが気の毒でなりません。
[ 2009/06/29 01:51 ] [ 編集 ]
こちらこそ、面白いバトンをご紹介いただきありがとうございました。

> 「徳川家康」を見て、家康のイメージががらりと変わりました。
私はこれで初めて家康を深く知ったので、
後に別な本で全く違う家康像(つまり黒かった・笑)に触れ、
見方によってこんなにも評価が変わるんだということをこのとき初めて知りました。

OP映像、「風林火山」は馬が強調されてましたね。
「政宗」はホンモノの鎧姿の渡辺謙さん@政宗でした。
「天地人」もOPは素晴らしい出来だと思うのですが、何しろ内容との乖離がひどすぎます。(汗
[ 2009/06/29 01:59 ] [ 編集 ]
カタリーナさんのご意見、拝見させていただきました

なるほど・・・

武蔵、については私も同意見です
私もついていけなかった口でして
思わせぶりなのはいいんですが
思わせぶりなだけに終わったのは
今年の大河と同様でしょうか
3話で私も見るのをやめています

徳川家康も、私の中ではマイファースト大河!
信長は役所さん以上はありえません
王道の中の王道です・・・
 #今年の大河は邪道というのもおこがましい!

私も後日UPしたいけど
時間かかりそうですね(=_=;)
[ 2009/06/29 08:34 ] [ 編集 ]
木暮さんも「徳川家康」がファースト大河でしたか!
私、ハマりすぎて「ドラマストーリー」を買ったのも、これが初めてでした……。
役所さんの信長はほとんど「擦り込み」になっています。(笑
そういえば、役所さんは最近時代劇に出ておられないですよね。
「政宗」の原田芳雄さん@最上義光と岩下志麻さん@義姫も強烈な印象があります。
昔の大河が重厚だったなあと思うのは、
俳優さんたちが自分よりかなり年上なせいだと思っていましたが、
それだけでもないんだなあとつくづく思います。
時代、というのもあるとは理解していますが、やはり淋しい。

時間ありましたら、木暮さんもぜひご回答ください。
楽しみにしてます♪
[ 2009/07/02 10:00 ] [ 編集 ]
遅ればせながらですが、
バトン頂戴仕りましてございまする!

歴史の一時代を味わえるという、
他にはなかなか無い番組だからこそ、
「しっかり」とした作品を作ってもらいたいですよね。

「徳川家康」は・・・実は見ていないので、
レンタルしたいところですが、
どうせ見るならばなるべく続けて見たいと思うと、
なかなか時間が取れず、です^^;;


[ 2009/07/02 22:09 ] [ 編集 ]
バトンを受け取ってくださってありがとうございます。
大河も昔から史実どおりだったわけではないですし、ドラマですからそこの部分はOKだと思うんです。
ただ「大河」という枠には、少なくとも土台のしっかりした正攻法の作品を流す、
そういう暗黙の前提みたいなものがある気がします。
今は時代劇らしくない時代劇を世間が望んでいるのかもしれませんし、
大河といえどもそれに沿っていかねばならない面もあるのはわかりますが、
もう少し枠の存在意義を見直して欲しいですよね。

完結しているドラマは、やはり連続して一気に見たいですよね。
でも大河のように45分×50回近くともなると、
そこまでまとまった時間もなかなか取れないですよねえ。
毎日見ても2ヶ月近くかかるわけですもんね……。
[ 2009/07/04 01:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。