Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「天地人」#25 天下人の誘惑 

なんだか上洛話がすごいことになってる気がします。
まるで、

「かねつぐとふしぎなだいぼうけん」

とかいうのを見ている気分です……。
才色兼備の男に、どこぞの姫が「助けてください!」と雨の中をすがってきたり、
地元の美人が「好きになっちゃったわ♪」なんてあれこれ世話を焼いてきたり、
地元の有力者が「オレのもとへ来い!」なんて誘いをかけてきたり、
まさにファンタジーノベルのようです。
なのに、ファンタジーノベルほどのワクワクもドキドキもない……。(苦

とにかくとにかく、とにかく真田家が不憫でなりません。
「真田は表裏者」というマイナスイメージをドラマに都合よく利用されていると感じます。
そもそも秀吉が幸村を使って兼続を取り込もうとするなど、
深いドラマであれば「秀吉が幸村と兼続の両方を試している」とも描けましょうが、
幸村がその任を兼続に簡単にばらしている時点で、すべてが茶番になってしまっています。
こっちがあれこれ想像すれば、幸村には幸村なりの苦悩があるのだろうと察することもできますが、
そこまでこのドラマは入り込ませてはくれません。
なにせ理由が初音だよ、初音!
北条の人質に行っていたとかいうのを史実的にどうこう言うのはこの際無意味ですが、
しかし「そこから逃げてきた」というのはどうなのでしょうかね。
「人の情を知って忍でいられなくなった」とは聞こえはいいですが、
戦国の世にそのような甘ったれた忍はどうでしょうか。
しかも真田の娘ですよ。
それ相応の自覚というものを持っていて欲しいのですが。
情に負ける、これは人間ですからありえることですし、そういうドラマ展開は効果的でもあります。
しかしこれはあくまで戦国ドラマなんですよね。
人質であるにもかかわらず、さらに忍としての役目が務められずに逃げるとなれば、
それが何を意味するかは明白なわけで、とても好いた男のもとへ、
それも大名の家老となった男のもとへ行くなどできようもありません。
つまり正直に言えば、ここで初音は死を選ぶべきだったと思うのです。
だからといって兼続の腕の中で死ぬとかいう展開はやめていただきたいですが、
私としては、「死」がベストな選択だったと思うのですけどね。
結果的に上杉屋敷から去った初音ですが、次に何を「やらされる」のでしょうか。
幸村は幸村でそういう姉を助けるために秀吉の言いなりになったわけですが、
本当にこんな真田姉弟は愚かとしか言いようがありません。
こんな描かれ方で哀れです。(涙

今回はとのと利休のシーンに痺れました。
「愚直」という言葉が良い意味だとちゃんとわからせてくれる佇まい。
とのがお寝巻き姿で脇息に両肘ついてる姿も素敵でした♪
あーあ、おそばに仕えたいなあ。(爆

追記>>
そういえば浜松城に、洒井忠次、榊原康政、井伊直政の3人がいて、
へいはっちゃん(本多忠勝)がいなかったのはなにゆえでしょうか?
徳川関係はよくわからないのですが、この当時へいはっちゃんはどこにいたのでしょう?
徳川四天王は出すのに、上杉家は上田衆だけなんですねー……。(ぼそっ
[ 2009/06/23 01:12 ] 天地人 | TB(1) | CM(12)
初音が兼続のもとを去ったとき「死ぬのか」と思ったのに・・・違ってました(苦笑)

兼続は「女ひとりを助けずして多くの民を救えない」と言いつつ、幸村の願いを即拒絶。お家大事かと思えば大掛かりに女ひとりを探してお家の恥をさらしている・・・

これが知略にたけた将なのか?と思います。

そう、忠勝はどこにいたんでしょうね。
浜松城は駿河でなく遠江だということですが・・・
(戦国ブロガーさんたちはするどい)
[ 2009/06/23 07:58 ] [ 編集 ]
はじめまして!

徳川軍団最高の勇将・本多忠勝がいないのは変ですね!
ドラマスタッフが本多正信と同一人物と勘違いしてるのかもしれません!
まさかとは思いますが、ありえない事を平気でやってるドラマなので可能性はあります!!
[ 2009/06/23 14:05 ] [ 編集 ]
まさしく、
脚本家の方の脳内の幻想世界を描いたお話、
になっている気がします。
「戦国」の常識など全く気にしないお話ですので、
人質が任務放棄する、というアリエナイことも
起きてしまうのでしょうw

唯一、見るに耐える景勝公の登場シーンは・・・
違う方が書いているのでは?
と思ってしまいますww

忠勝は・・・
1586年の3月頃に、一度上洛しているようですが、
(朝日姫の輿入れの件かな?)
そんなことは小松さんは知らないでしょうし(爆)、
登場しなかった理由はわかりませんね^^;;
[ 2009/06/23 20:33 ] [ 編集 ]
話題が変わっちゃいますが

最初から初音がいらないです…
幸村も(望みを掛けて)結構期待していたのですが…

真田の駄目だしも言いたいのですが
ここはカタリーナさんのブログですので
やめておきます。
[ 2009/06/23 22:41 ] [ 編集 ]
なんか疲れちゃった・・・て感じです

徳川四天王を
酒井忠次、榊原康政、井伊直政・・・・と
本多平八郎「正信」
って思っている訳じゃぁ・・・・ないですよね?@NHKさん(滝汗)

・・・・下手したら、全ての戦国ファンを敵に回すことになりかねない・・・ような・・・・
[ 2009/06/23 22:52 ] [ 編集 ]
先週分でしたっけ?先々週でしたっけ?
「死んでいるはずの北高全祝」が大活躍していた、ホラー版は(苦笑)

利休役の神山繁さん。重厚な演技で本当に一服の良い時間をいただきました。
結構なお手前でした(感謝)

そ~れ~に~く~ら~べ~て~(注:武田家名物の顔芸付き^^;)
メイン・ストーリーのボロボロっぷりは、な~ん~だ~!(怒)
[ 2009/06/24 18:47 ] [ 編集 ]
> お家大事かと思えば大掛かりに女ひとりを探して
そうでしたそうでした!
そんなのドラマ本編でやるなよって話ですよね。
三成スピンオフとか、Web限定ドラマとか、正月時代劇とか、
そういう別枠でやってくれるのなら構わないのですけどね……。
これまでは毎回ダイジェストだと思って見ていましたが、
最近は毎回「外伝」を見ているようです。(汗

> 浜松城は駿河でなく遠江だということですが・・・
あら、駿河と紹介されてましたか?
全く注意しておりませんでしたが、浜松城は遠江・浜松城だったかと。
静岡は駿河と遠江と伊豆と3つの国があったので、
そのへんごちゃごちゃになったのでしょうか。
ナレだったのかテロップだったのかわかりませんが、
小和田先生のチェックが漏れたのでしょうかねー?
土曜日の放送では訂正されてるかもしれないですね。
チェックしてみようかしら。(苦笑
[ 2009/06/24 23:14 ] [ 編集 ]
初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

オープニングのクレジットで最初に登場したのが榊原康政でした。
「これはいよいよ四天王が登場するのか!」とキャストを眺めていたのですが、
最後まで本多忠勝の名前が出ず、腑に落ちない気持ちでおりました。
名前がなかったんだから、当然出演もしないわけですが。

> ドラマスタッフが本多正信と同一人物と勘違いしてるのかもしれません!

むむぅ。
その可能性を否定できない自分がいます!!!
しかしそうなると、小和田先生の立場が……。
って、今さらでしょうかね。(苦笑
[ 2009/06/24 23:25 ] [ 編集 ]
> 脚本家の方の脳内の幻想世界を描いたお話、
ああ、そうですね~。
こんなシーンを見て見たいわぁという夢を叶えてらっしゃるように思えますね。
兼続の腕にすがる女忍とか、まさしく願望の実現としか。(爆

忠勝が登場しなかったのは、もしや経費削減の一環でしょうか?
同じ名字だし、正信1人で忠勝も兼ねちゃえ、とか!?
ま、そこまで堕ちちゃいないとは思いたいのですが、
このドラマに関しては弁解の余地なしという感じなものですから……。(苦笑
[ 2009/06/24 23:30 ] [ 編集 ]
ご指摘の通り、初音がいなければ今少しまともになるのにと思わずにはいられませんね。
もともと原作の段階でいらないキャラでもありましたし、
それがドラマになったところで有効利用されているわけでもないですし……。
真田家がこんなで、零基さんもさぞかし落胆しておられるだろうと思います。
どんなにダメ大河でも、好きな武将には望みを持ってしまうものですよね。
私もそうでしたし、ブツブツ言いつつもずっと見続けているのは、
1にも2にも、「との」を見捨てられないからです。

コメント欄でご意見述べてくださっても構わないのですよ~。
むしろそのダメ出しに興味があったりします。
今度機会がありましたら是非に。
[ 2009/06/24 23:39 ] [ 編集 ]
疲れちゃった気持ち、よくわかります。
それに、とにかく45分が長いんですよね。
今回も気づいたら途中で意識が飛んでいました。(苦笑
これまで、なるべくドラマの人物の心に沿いたいと思って見ていたのですが、
もうそんな次元ではなくなってしまって。(ため息

えねっちけーは正信と忠勝を混同しているのでしょうか?
しかしそれではさすがに小和田先生の存在と立場が。(汗
今ふと思ったのですが……。
「本多正信? 本多忠勝? 同じ名字でわかんないわ~」となった書き手の方が、
「どっちか1人にしてちょうだい」と言ったとかないでしょうか。
今後へいはっちゃん(この命名気に入っております!)が登場しなければ、
混乱を避けるために(誰の?!)切り捨てられたのだったりして……。(悲
[ 2009/06/24 23:53 ] [ 編集 ]
このところ毎週「外伝」が放映されているようです。(笑
利休のシーンは唯一安心して見ていられる時間でしたよね。
かの利休役に茶道指導をするとなると、どちらの千家が?なんて思ったのですが、
本家表千家の教授がご指導されていました。
お茶を置くときに大きく手を回していましたが、
あれが創始者としてのオリジナリティ(?)だったのかなと思いました。
あの作法は表にも裏にも武者小路にもないですよね?
なんて、そんなことをゆっくり考える暇のあるドラマって……。
[ 2009/06/25 00:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/969-9c84433d

真田幸村は何で上杉に居たはずが知らぬ間に秀吉の人質に来ておるんじゃ?
[2009/06/23 18:42] 毘と龍&義と愛


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。