日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語
(2009/02/18)
蛇蔵&海野凪子

商品詳細を見る


話題になっていたので本屋で立ち読みしようと思ったのですが、
読み始めたとたん噴き出してしまったのでそのままレジへ突進しました。(爆

日本語を母国語としない人たちに日本語を教える日本語教師。
そんな素敵なお仕事をされている作者によるコミックエッセイです。

普段私たちは何の苦労もなく日本語を使っています。
けれど、それを習得しようとしたらどれだけ難しいことか。
一生懸命日本語を勉強している学生さんたち(つまり外国人の皆さん)は、
熱心に勉強すればするほど、私たちが思いつかないような疑問を持つようになります。

「冷える」と「冷める」の違いは何ですか?

訊かれてとっさに答えられません。

「教えて頂けますか」と「教えて下さいませんか」の違いを教えてください。

俄かには答えられません。

学生さんたちの前には、文化風土の差が色々な場面で障害となって現れます。
漢字にカタカナ、平仮名と、見たこともない文字に挫折しそうにもなります。
状況に合わせて言葉を使い分ける(敬語など)ことの難しさにも直面します。
それらに真面目かつ熱心に取り組む学生さんたちと、
彼らの熱心さゆえにどんどんマニアックになっていく質問に答えるべく、
日々勉強を重ねる日本語教師との、二人三脚の日々が非常に面白く描かれていて、
笑いながら私自身も勉強し、あちこちでなるほどと頷きました。

日本語学校で繰り広げられる質問合戦のほかに、日本語の「へ~」も色々載っています。
例えば「自分は○○○であります!」の「であります」は、
今は軍人さんの象徴のように使われていますが、もとは山口県の方言だったとか。
これは明治維新で重要な地位を占めた長州人が軍上層部に多かったため、
軍隊用語として広まったんだそうですよ。
あるいは上流階級のご婦人方の言葉として有名な「~ザマス」がもとは花魁言葉だったとか。
全然知らなかったなあ。

ネタバレしてしまうと読むときにつまらないと思うのでこれ以上書きませんが、
ただ可笑しいだけでなく、日本語を学ぶ学生さんたちへの愛が感じられるのがまたgoodなんです。
学生さんたち、みんなキャラが立ってて親近感わいちゃうんですよねー。
日本で暮らす外国人の皆さんはこんなところに戸惑っているんだなとか、
そんなことも知ることができますし、もっといろんなエピソードが読みたくなる素敵な一冊でした。
手元にあっても損ではないと思います♪

もしかしたら2巻が発売されるのかな?
こちらで連載再開してます。ためし読みにどーぞ。

6 Comments

宇多田叱る  

「冷える」と「冷める」は、たぶん”冷える”の方が対象の温度が低いと思います。

”熱い”ものの温度が下がるのが”冷める”だと思います。

言葉というのは、いちいち”理屈”で覚えてないですからね。

それに今の日本語、乱れまくってますからね。

日本人が、日本語を知らないっていう事態が、いや日本人より日本語知ってる外人さん、って出てくるような気がします。

2009/06/09 (Tue) 01:59 | EDIT | REPLY |   

豆州  

「であります」

これはカエルみたいな宇宙人の方言ではなかったのですね!(爆)

確かに、日本語って難解ですよね。
26文字の組み合わせしかない英語圏の方々からしたら、
アリエナイ数の文字数でしょうし^^;;

しかしながら・・・
ウチの5歳児は凄い勢いで言葉を覚えていきますので、
人間ってスゴイというのも実感しております。
ただ、「ガンダム」を「ガムダム」と覚えてるのは
困ったものですけど(笑)

2009/06/10 (Wed) 22:12 | REPLY |   

木暮兼人  

にゅあんす

おそらくは、日本語の微妙なニュアンスのちがいを
伝えるのに苦労されていて
そういうネタについての本なのだろうと察します

が、英語にしたって(勿論ドイツ語もほかの言葉も)
微妙なニュアンスや表現があって
ただ単語を並べただけでは伝わらない以上に
トンデモ英語になっちゃうケースがありますよね
 #久しく離れておりますから
 #ぱっと頭に思い浮かばないのが痛い
 #逆の意味になっちゃうとか何とかなかったかな?

英語でこういう本があれば、学生に大うけするような
気もしないでもないですねー♪

それにしても
「教えてくださいませんか」は
表現は丁寧だけどなんとなしに「上から目線」ですね・・・

2009/06/12 (Fri) 19:58 | REPLY |   

カタリーナ  

■宇多田叱るさん

お返事がすっかり遅くなり申し訳ありません。

> ”熱い”ものの温度が下がるのが”冷める”だと思います。
仰るとおり、高温のものが常温になるのが冷める、
常温より低温になるのが冷えるだそうです。
母国語は勉強して覚えたものではないですから、
外国語のように理論や理屈で考えないですもんね。
日本語を学ばれている外国人の皆さんは、熱心に勉強するからこそ、
日本人よりもより深い部分まで掘り下げておられるのでしょうね。
言葉は時代とともに変化してはいますが、あまりに乱れてしまうのも考えものですよね。

2009/06/15 (Mon) 21:34 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■豆州さん

お返事が大変遅くなり申し訳ありません。

> これはカエルみたいな宇宙人の方言ではなかったのですね!(爆)
あははは。(笑
日本語を教えたのが山口県出身の人間だったのかもしれませんよ?

こどもの言葉を覚える勢いはすごいですよね。
海外に赴任されてる方のお子さんたちなんて、家では日本語、外では外国語ですから、
小さければ小さいほど二ヶ国語を同時に習得できるという素晴らしい状態!
外国語で苦労する身としては、羨ましい限りです。

2009/06/15 (Mon) 21:41 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

お返事が遅くなりほんとうに申し訳ありません。

日本語の微妙なニュアンスについては、特に敬語のことで取り上げていました。
あとは言葉というよりも、風習の違いのほうがページ数が多かったように思います。
日本人にとっては普通はスルーするようなことが、彼らにとっては珍しかったりびっくりだったりで、
またそういうリアクションが、日本人には興味深い……そんな内容でしょうか。
日本人としても、言葉や文化を再確認という面もありました。

ニュアンスの差というのは辞書でも表しきれないので、
やはり実際の会話で使われる言葉の形をインプットしていくしかないのかなと思います。
母国語で考えたことを外国語で直訳すると、とってもおかしなことになることありますよね。
この辺りはコメント欄で書くと長くなりますので、いずれまたお便りします。

2009/06/15 (Mon) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment