『天地人』#21 三成の涙

正直、サイドストーリー的な回でしたよね……。
兼続と三成がよしみを結ぶというのが大きなテーマではあったのでしょうが、
ごちゃごちゃといろんなシーンがあった割にはまるで印象に残りません。
三成に兼続を「阿呆」と見下させて、
将来の2人の関係に対するアンチテーゼから入ったのはいいのですが、
ドラマ的にいくらか引っ張るかと思いきや、あっという間に心を開いてしまいました。
三成が孤立しがちだということも、友達がいない云々ではなく、
もう少し別な表現のしようがあったんじゃないかと思うんですが、
こうくるということは大谷刑部は出ないという意味なんでしょうかね……。
菊姫さま懐妊事件に至っては、とのも涙目でしたが私も涙目です!!!
一般的にこの手のエピシードは、話の流れによっては入っていても困らないものではありますが、
こういう描き方でこういう場所に持ってこられると興ざめです。
ここんところ、もう本当に、素敵なとの@北村さんを見るたびに泣けてきます。(涙
こんな台本の世界で、誠実に景勝くんを演じてくださってありがとうございますと、
ひたすら頭を下げたい思いでございます。
ああ、これがまともな台本だったらどんなにか日曜日が楽しみなことでしょう……。
今回は三成が上田衆をバッサバッサと斬ったところだけが爽快でした。
来週からミドルネームが入ってそうな幸村が登場しますし、淀殿もそろそろですよね。
……なんだか頭痛が。

疲れた心は戦国武将の入浴剤で癒しましょう♪

男の生きざまシリーズ

信長、兼続のほかに、秀吉、政宗、光秀、家康の全6種類です。
このメンツでなぜ兼続なのか、というのは愚問でしょうか。
それから”イケメンコシヒカリ”とかいう、けったいな商品も現われました。

武将萌えでヒット“イケメンコシヒカリ”

大河効果と言ってしまえばそれまでですが、商品化の方向がどうもなあ。
「殿といっしょ」の帯にあった「この直江がウザイ2009」に10票くらい入れたいです。(笑

4 Comments

びびんば  

あの帯は・・・・

予言の帯・・・と呼んでおります(笑)
殿と一緒!の3巻は、目に入る場所においてあるのですが、「この直江がウザイ2009」の言葉が目に入ってくるたびに、「いいえてみょ~」と思っております
・・・・・殿と一緒!の直江の方が、まだうざく無いですよね?(をい!)
そうだ!その直江に、だめ出しをして貰えば・・・・たぶん一年間かけてだめ出しの報告書を出してくれそうですね~(笑)
↑多分、あのダメツグを自分だと認めないし、思わないし、そのように見ないだろうし・・・・

2009/05/26 (Tue) 22:44 | EDIT | REPLY |   

豆州  

ヤマなし

オチなし、イミなし・・・・・
この大河こそが真のヤオイ系かもしれないと、
思ってしまいました(爆)

俳優の皆さんは内心どう思ってらっしゃるのか・・・
「このような現場、出とうはなかった!!」
ですかねぇww

2009/05/26 (Tue) 22:48 | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

> そうだ!その直江に、だめ出しをして貰えば・・・・
わはははは! それは名案です。
殿といっしょの直江は一応キレモノと見えますので、
あのウザさはまだわからないでもないです。
しかしダメツグは、キレモノとの触れ込みだけで終わりそうですからね……。(汗

2009/05/29 (Fri) 20:54 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■豆州さん

本当に、必要なことが描かれないドラマですよね。
一時期はダイジェスト大河だと思っていましたが、
ここ数話は本筋から離れてしまっていて、まるで外伝のようです。

> 「このような現場、出とうはなかった!!」
そういう方もいらっしゃるんじゃないかと思います、本当に。
ドラマ化を推進していた人たちの気持ちを思うといたたまれません。
少なくとも地元の人たちは、観光で潤ってはいるようですけどね~。

2009/05/29 (Fri) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment