Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「キミハ・ブレイク」~宝塚の秘密 

去年「スカピン」を観てから、再びヅカ熱が上昇傾向にある私ですが、
地上波で関連番組をやっていたので久しぶりに見てみました。

「キミハ・ブレイク」 宝塚歌劇の華麗なる真相

タイトルがなんだかなって感じなのですが、それはさておき。

いきなり現われた谷原先生に目が釘づけ!
先生がヅカをご覧になることも全く知りませんでしたが、
それよりなにより、ヘアスタイルが今流行の(?)阿修羅なんですものー。
「女性から見た格好いい男性像、その格好良さに僕もやられてしまいまして、
『きゃあ~』って感じでしたね」
なんていう乙女なリアクションつきコメントをされていても、阿修羅ヘアから目が離せない。(爆
唐沢寿明さんや及川ミッチーがヅカをご覧になることは噂に聞いていましたが、
そうか、谷原先生もなのか!
少女マンガが大好きでテディベア集めてる先生なら納得。

しょっぱなからそんなところにひっかかりましたが、私が何より注目したのが眞鍋かをりさん。
いつも冷静な感じの眞鍋さんが、ものすっごいウルウルきらきらしていて、ミョーに可愛いんです。
初めてヅカを観て、そのまま収録直行だったせいでしょうか。
頭の中がハートで飽和状態という感じでした。(笑
雪トップのミズさん(水夏希)からウィンクもらって「はあぁぁぁ」って腰砕けちゃったりとか、
役柄によっては指輪をプレゼントしあうことがあるなんてエピソードに半端なく身を乗り出して、
「好きになっちゃうじゃないですか?」って本心漏らしちゃったりとか、
「男子より好き!」というストレートな告白とかに思わず微笑んじゃいました♪
女の子って恋すると激変するって言いますけど、まさにそれをリアルタイムに見てる感じでした。(笑

前半の内容は、ファンなら多分普通に知ってることばかりだったと思いますが、
今までヅカに興味なかった人には割と良いアピールになってたんじゃないでしょうか。
生徒監のお父ちゃんの紹介は新しかったし、秘密の園というこれまでのイメージから離れて、
ヅカが非常に管理されたプロ集団であることをより印象づけていたように思います。


ザ・タカラヅカ4 星組特集 (タカラヅカMOOK)ザ・タカラヅカ4 星組特集 (タカラヅカMOOK)
(2008/02/08)

商品詳細を見る


後半はとうこさん(安蘭けい)の退団をクローズアップ。
先日昔のプログラムを見返していたら、なんととうこさんが研2のときのものが!
すごい懐かしかったし感慨深いものがありました。
この人がトップさんになって退団していくんだなあと思ったら、自分の生きた年月を思うと同時に、
ものすごくしんみりしてしまって。
ファンはジェンヌさんが入団したときから成長を見守っていて、どのくらい活躍するようになるのか、
本人と一緒に一喜一憂しているわけですよ。
それこそ研1くらいで青田買いして応援し続ける方もいらっしゃるわけで、
そうやって長い間見守れば見守るほど勝手に身内のような気分になっちゃう。
ついでにジェンヌさんは愛称で呼びますから、一般人にとって遠いようで近いスターであり、
近いようでやっぱり遠いスターなところが、宝塚の魅力の1つでもあるんですよね。
とうこさんは本当に紆余曲折を経てトップになられた方ですが、
いかに苦労してトップになるかという点をナレーションでは強調しておきながら、
そこのあたりが一般論で終わってしまったのが個人的には残念でした。
あまり深くやると、とうこさん退団特集みたいになっちゃうからだめなのかな。
あとは、次期トップのちえちゃん(柚希礼音)との引継ぎ会談がばっさりカットだったのが悔しい。
多分ちえちゃんにだけでなく、私たちが日常生きていくうえでも意味のある言葉を、
とうこさんなら残していたんじゃないかと思うのですが、
でもあれはやっぱりちえちゃんだけが胸にしまうべき、特別なものだったんでしょうね。
ついでに言うと、あすかちゃん(遠野あすか)が完璧スルーだったのも淋しいっちゃ淋しい。
一緒に退団だったのになあ。

とうこさんの涙に胸打たれた人は多かったんじゃないでしょうか。
20年にわたる宝塚生活、同期と歩んだ道。
あの涙は、ファンには窺い知れないとうこさんの苦労と喜び、充実感の結晶が溶け出したように、
純粋で暖かくて優しくて本当に透き通るように綺麗でした。
久しぶりにいい番組だったなあと思います。
またヅカを観に行きたくなりました。
出戻りファンになるかもしれない。(笑
[ 2009/05/07 01:29 ] 宝塚歌劇団 | TB(0) | CM(6)
私も見ましたー!
そして安蘭さんの涙に一緒に涙してしまったスカピンハマり組!です(←単純)。
私のようなビギナーにとっては非常に充実した内容で
面白おかしく、でもグッとくるような演出が随所に出ていて
2時間ガン見してしまいましたよ~(笑)。

指輪なんてプレゼントされた日には、
確かに好きになっちゃうだろうなーと思ったり(笑)。
まだまだ奥が深いヅカですが、ちょっぴりだけ詳しくなりましたvv
[ 2009/05/07 11:59 ] [ 編集 ]
 そそそそそそそんなテレビがあったんですか!!!!!
 普段新聞のテレビ欄も見ない私は全く知りませんでした。
 れおんちゃんの公演は観にいきたいです。
 後、プロ野球の監督のお嬢さん?で宝塚がぜひ来てくださいってお願いして入団したすごい女の子もいるらしくって・・・・。
 それもぜひ観にいきたいと思っています。^^
[ 2009/05/07 23:05 ] [ 編集 ]
おお!
Akiさんもご覧になってましたか~!
これまでのようにヅカを謎めいた秘密の園扱いせず、
真面目に正面から取り上げてくれていて、
ファンとしても楽しめる番組だったと思います。
ビギナーさんにとっては、
結構突っ込んだ内容だったんじゃないでしょうか。

指輪ねー。(笑
あれこそまさに女の子が望んでることですよね!
そんなところも理想の男を演じる男役の姿が垣間見れますね♪
[ 2009/05/08 00:52 ] [ 編集 ]
結構良い番組に仕上がっていたと思いますよ~。
ご縁があればお届けすることも不可能ではないのですが。

>  プロ野球の監督のお嬢さん?で宝塚がぜひ来てくださいってお願いして
まあ、そんな方がいらっしゃるんですか?
ということは入試は形だけってことだったんでしょうか。
男役さんなのでしょうか。だったらトップさん候補なのでしょうねー。
本人にはすごいプレッシャーでしょうね。
潰されずに頑張って欲しいですが。
私もちえちゃんの舞台は観にいきたいなあと思っています♪
[ 2009/05/08 01:32 ] [ 編集 ]
あ、わたしも偶々見ました。
谷原先生にはほんとびつくりでした。

運動会といえば、当時の組別対抗リレーで
裸足で走ったショーコちゃん(黒木瞳)が印象的でした。
ほか、様々懐かしく。ある意味、変わってないんだなあ、とか。

おとうちゃん、デビューでしたね^^v
名前だけでも、芸名、本名、愛称、3つ覚えなきゃいけないから
大変ですよね。
わたしも久々に観たいなあ、と思いました。
[ 2009/05/11 00:22 ] [ 編集 ]
> 変わってないんだなあ、とか。
ああ本当にそうですね、変わってないですよね。
リレーは宝塚でもやっぱり花形競技みたいで、
みなさんあれこれ工夫されてますよね。
直足袋で走られたり、裸足で走られたり。
ショーコさんは裸足で走られたんですね!
何となく納得します。似合いそうですもん。(笑

お父ちゃんの存在は時折機関誌で目にしていましたが、
実際ああやってご登場くださったのを見るのは初めてで、
まさか定年後のお仕事とは露知らず、非常に興味深いお話でした。
そしてすごく親しみを持ちました。
[ 2009/05/11 01:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する