Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

あなたに微笑む 

昨日、遅ればせながら弥彦神社に花見に出かけてきました。
遅咲きの桜がこれからとの話でしたが、ほとんどの桜は盛りを過ぎておりました。

弥彦神社・鳥居

桜の下には酔っ払いがつきものですが、先日聞いていたラジオで、
「桜は陰の木だから、陽の気を発する酔っ払いが似合うのだ」というような解説をしておりました。
しかしここは神社の境内。
シートをしいての花見の宴は禁じられております。

弥彦神社

ふと思いついて桜の花言葉なるものを調べてみました。
「美しさ」とか「優しさ」とか「純潔」などの言葉か並ぶ中で目を引いたのが、
「あなたに微笑む」という一言。
桜はその種類それぞれに、それぞれ花言葉があるようですが、
どれも「あなたに微笑む」というイメージじゃないなあと思うんですがどうでしょう。
蒲公英とかが似合いそうな気がします。

駿河桜

こちら初めて知った桜、「駿河桜」です。
静岡県三島市の谷田城の中にあったソメイヨシノの実生選抜品だそうです。
結構華やかな花をしてました。

桜の花が舞い散って土がすっかりピンクに染まっていましたが、
その薄桃色の小さな花びらの上を歩くというのが、いっそう哀れを誘います。
桜って、どうしてこうも物悲しくさせるのかなあ。

水仙

散りゆく桜とは反対に、瑞々しく咲く水仙が本格的な春を伝えておりました。
[ 2009/04/20 19:17 ] 日常 | TB(0) | CM(6)
とは、
武田の同盟破棄に怒り、
上杉と誼を通じようとした氏真からの
贈り物・・・
ではないですよね^^;;

「あなたに微笑む」
という花言葉、
新年度に新たな場所で頑張ろうとする人達には、
合っているかも、なんて思いました^^
[ 2009/04/20 20:26 ] [ 編集 ]
ようやく桜以外の花が目立つようになってきました^^;;
これで春が来た!と実感できます
こうやってそちらの風景を見てみると・・・やはり、こちらは一足遅いですわ~@当たり前ですが^^;;;

こちらは今桜が満開ですが、今強風が吹き始めました><
そして、明日は雨・・・・やめて~~~と叫びたくなります><
せっかく「あなたに微笑」み始めたのに~~TT
[ 2009/04/20 21:24 ] [ 編集 ]
文章力がないので、このような情緒あふれる
桜レポートをすることができません

そうですね、なんで、物悲しいのでしょうか・・・
始まりがあれば終わりもくることを
象徴してしまってるからでしょうか。
[ 2009/04/21 20:13 ] [ 編集 ]
> 上杉と誼を通じようとした氏真からの贈り物・・・
さすが鋭くていらっしゃいますね!
新種の桜でなければ、なかなか面白い話だと思うのですが。(笑

言われてみれば、満開の桜の下で入学式とか入社式とかですと、
「あなたに微笑む」なんてのもピッタリなのかもしれませんね~。
私にとっては桜というと別れのイメージが強いからか、
悲しくなっちゃうのかもしれません。
[ 2009/04/21 21:25 ] [ 編集 ]
桜も北上して、いよいよそちらも満開のようですね。
堪能してくださいね~!

> こちらは今桜が満開ですが、今強風が吹き始めました><
あああ! うちもそれでやられましたよ!
せっかく見事な満開になったのに、雨と風で……。(しくしく
桜を楽しまないうちに花びらが吹き飛ばされてしまうのはものすごく残念ですよね。
[ 2009/04/21 21:31 ] [ 編集 ]
なんだかお褒めに預かり恐縮です。
ありがとうございますm(__)m

桜の時季、こちらはまだまだ寒いんですよ。
桜ってやはり真っ青な空に映えると思うんですよね。
でも新潟の空はどんよりしてることが多いので、
どうしても桜の薄桃色がそのどんよりの中に沈んでしまうというか……。
その様子が、何となく淋しく感じるのかもしれません。
あとは仰るとおり、桜に対するイメージからもくるんだと思います。
晴れ渡った空の下で、満開の桜というのも拝んでみたいものです。
[ 2009/04/21 21:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する