Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おのれおのれおのれおのれ 

今日は一日お休みだったので、のんびりと朝ご飯を食べていたのですが。
突然外が「ぎゃあぎゃあ」と騒がしくなり、そのうち「きゅうきゅう」という鳴き声や、
バサバサバサという鳥の羽の音が、アパートのドアの前から聞こえてきました。

何? 鳥と猫が戦ってんの? それともカラス?

急いでドアに寄りましたが、さすがに開けて見る勇気は持てません。
だって、鳥が格闘するバッサバッサという羽の音と、
「くえーくえー」という今にも死にそうな鳴き声が同時に響いてくるんですもん。
それはまさに「野生の王国」とか「生きもの紀行」とかで流れる音声そのもの!
恐る恐る覗き穴から外を窺ってみました。
すると、ちょうど大きな羽を広げたカラスが、

勝ち誇ったように

飛び去っていくところでした!
そのあとには、それまでの死闘が嘘のような静寂が残されました。

……。
……。

カラスの相手は、今私の部屋のドアの前に、

ドアの前にいるってこと!?

……。
……。
思考停止。
いやいやいやいや、こんなところで景勝公のように無言で思案しているわけにはいきません。
意を決して部屋のドアを5センチ押し開けました。
床には何も見えません。
カラスの相手は傷を負いながらも立ち去ったのでしょうか。
でもちゃんと確かめなくてはと、もう2センチドアをの隙間を広げてみました。
…………うわーん、ピンク色の足がこっち向いてるーーーーっ。

鳥さんの死んじゃったのがいるよー!
死んじゃった大きいのの鳥さんがいるよー!


それから10分くらい、理性を失った私はオロオロと部屋の中を歩き回りました。
あの鳥さんをどうにかしない限り、私は一生外に出られません。
かといって、自分で処理できるほど小さい鳥ではない!
スズメやメジロくらいのサイズなら、頑張って供養もしましょう。
でもあの足の大きさからいって、そんなちっちゃいのじゃない!
埋めようったって、うちのアパートに土はありません。
かといって「燃えるごみ」に捨てるのもどうなの?(今日はちょうど「燃えるごみ」の収集日ですが)
結局自分じゃどうしようもないわと、管理会社にお電話しました。
小さいアパートなので、共用スペースのための管理費とか取られてないし、
「自分で何とかしてください」とか言われたらどうしようかと思いましたが、
そちらで対応してくれることになりました。
はああああ、一安心。
でもこれ以上食事を続ける気にはなれず。

それから2時間後。
管理会社のおじさんが自ら車でやってきて、廊下から階段まで掃き清めていってくれました。
ずいぶん時間をかけていたので、もしかしたらかなり悲惨なことになっていたのかもしれません。
おじさんに申し訳ないような、でもありがたかった。
自分でやってたらフラッシュバックしそう……。
ようやくの思いで外に出てみると、それでもまだたくさんの羽が落っこちていました。
あの足の色、大きさ、残された羽の色。
カラスと戦っていたのは、もしかしたらカモメだったかもしれません。
海沿いなので、時折住宅街にカモメが飛んできたりするんです。
それにしても何を争ったんでしょうか、やはり鮭の切り身かなんか?
とどめを刺すまで追いつめるカラスに、それが動物とは思いながらも恐ろしさを感じました。
しかしなにゆえよりによって、私の部屋の真ん前に!
おのれおのれおのれー!
[ 2009/04/10 22:14 ] 日常 | TB(0) | CM(17)
とてもショッキングな出来事でしたね^^;;;;;
察するに、カラスと同じくらいの大きさの鳥が横たわっていたのだと思いますが・・・・
カラスって、そこまで攻撃的だったのですね・・・・

私めは、メジロ・・・だと思うのですが、職場のロビーにある灰皿の上に、小鳥の死骸を見つけたときは、思わず大声を上げました!
何でそれがここにあんのよ~!と思ったら・・・・
どうやら、建物内に迷い込んで、外に出られず、そのまま衰弱死したようです><
その死骸を見つけてくれた方が、処分に困って、灰皿の上に上げたらしいのですが・・・
灰皿にあげたって、土には帰らないでしょ~!と思いつつ、眼鏡を外して、処分しました
その時、私の周りに「男」という生物が何人もいたんですがねえ~!
この時ほど、「男は役に立たない」と思った事はありませんでした(猛毒)
[ 2009/04/10 22:59 ] [ 編集 ]
トリさん…ッ!!(号泣)

せっかくの休日、しかもサワヤカな朝なのに、
なんとも心臓に悪い出来事でございましたね…。
そうですよねぇ、小鳥ならまだしも、
カモメくらいの大きさは近くで見るとかなりデカいですよね。
うわぁん…。

カラスも結構可愛いとこあるんですが、
サバイバル競争になるともう容赦ないですもんね…。

それにしても、本当に、
なぜ、
よりによって、
カタリーナさんのお部屋の前で!!
[ 2009/04/10 23:33 ] [ 編集 ]
それはそれは災難でしたねー

カラスが鳩を襲って食べる話は聞くのですけどねー

ちなみに 先日桜を見に行った神社の境内では
カラスがヒキガエルと戯れておりました(笑)
[ 2009/04/11 00:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/11 15:54 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/04/11 16:04 ] [ 編集 ]
 鳥さんの死んじゃったのがいる・・・ってびっくりしましたね。サイズが大きいですしね。私も思考停止してしまうでしょう。それにしても、カラスっていや、カラスを責められないかも・・・野生?ってすごいですね。テレビの映像は結構平気だったりするんですが(野生動物なら・・・)動物の死骸があったりするとギャーって感じですね。一件落着してよかったです。カモメはどうやって戦ったのでしょうね?というか、やられっぱなしだったのでしょうか。合掌。
[ 2009/04/11 21:27 ] [ 編集 ]
カラスは凶暴化すると怖いんですよねー。
人も襲いますし……。
灰皿の上に小鳥の死骸というのもそりゃ叫びますわ!
びびんばさんよりも先に見つけられた方もおられたでしょうに、
見なかったことにされてしまったのでしょうか?
最近は草食系男子とかいう言葉が象徴するように、
虫とか動物とかダメっていう殿方も少なくありませんね。
ゴッキーが出ても逃げるだけっていうダンナさんの話も聞きますし、
ますます女性が強くならざるを得ないというか、なんというか。(苦笑
[ 2009/04/12 15:24 ] [ 編集 ]
あとから思ったんですけど、もし普通に出かけていたら、
帰宅したときにそのスプラッタな光景を目の当たりにすることになったんですよね。
「動物の王国」ライヴ体験も恐ろしいですが、実際それを見たわけでもないですし、
鳥さんも足だけ見てドアを閉めましたんで(苦笑)、実害(?)はなく、
すぐ対処もできましたし、かえって家にいたときでよかったんですよね。
もうホント、不幸中の幸いとはこのことです!
[ 2009/04/12 15:29 ] [ 編集 ]
夢だったらあれこれ考えたと思うんですけど、
事実だったので、そんなふうに事象をとらえようとすら思いませんでした。
言われてちょっとドッキリ。
後ほどそちらへ訪問させていただきますね。

[ 2009/04/12 15:33 ] [ 編集 ]
カラスvsカエルですか……。
やはりどこでもサバイバルは繰り広げられているようで。
こちらではよくカモメとカラスが追いかけあってるので、
多分エサがかぶるのか何なのか、争いは珍しくないんだと思います。
しかしうちのような低い建物に逃げ込んでこなくても……。(涙
[ 2009/04/12 15:35 ] [ 編集 ]
私は鳥さんの足を見ただけで生存確認をやめてしまったので(苦笑)、
死骸全体というのは幸い見てないんですよ。
見てたら卒倒してます!
どうやって戦ったのかはわかりませんが、想像するに、
多分追われたカモメがアパートの吹き抜けに逃げ込むという判断ミスを犯し、
それ以上の逃げ場を失ってカラスに追いつめられたんだと思います。
息の根を止めるまでやるカラスの獰猛さに恐怖しながらも、
野生の動物の本能みたいなものをひしひしと感じもしました。
でもねー、ドアの内側で「野生の王国」をライブ体験しながらも、
不思議とかわいそうだとか思っていない自分がいたんですよ。
最近トキの野生復帰のニュースなどで思うところがあるせいか、
野生動物の宿命としてわりとあっさり受け止めていたのかもしれません。
あるいは自分の感受性が年取ったのかしらー!?
[ 2009/04/12 15:45 ] [ 編集 ]
連投失礼します…って、ひい~~~っっ!
ししししかもカモメ大の大きさの鳥って…!!
思わず自分の家の前で起こっている事のように
手に汗握って読んでしまいました。。。

とりあえずは、ホトケサマ(というのか?苦笑)を
目の当たりにせず良かったですねー。
もしチラ見でもしようものなら、夢にまで出てきそうですよ。
てか、もう鳥を間近で見られなくなりそう…(滝汗)。
羽はともかく、血痕などは残っていなかったのでしょうか?
[ 2009/04/12 20:00 ] [ 編集 ]
 うぎゃ~~~~!!!
 こりゃ怖いです。
 からすって九官鳥の親戚ぐらいにしか思っていませんでした。(←図太い!??)
 それにしてもカタリーナさんって乙女ですね~。^^
 5cmに2cmって・・・・・・・ごめんなさい、うけました。
 私ならガバッと開けて確認してからさてどうしたものか考えてるな~。
 さすがに触れないけれど、ホント可愛げなく図太いんです・・・・・。
 カタリーナさんを見習って可愛くならなくっちゃ!!!
 
[ 2009/04/13 06:02 ] [ 編集 ]
同族意識が強いのでしょうか?
怒らせると、とても怖いようです

昨年、バイトに行っていた県庁の方で
巣立ったばかりのカラスの雛が車に引かれて成仏してしまい
それに怒った親ガラスが道行く人を襲う
という騒ぎが起こっていました・・・

まるでマフィアのファミリーのようだな
とそのときは思いましたが。。。
かもめ?さんも、カラスの何かを怒らせてしまったのかしら

それにしても、ウチの前に出す生ゴミはあいもかわらず
カラスに目をつけられちゃってますー
[ 2009/04/13 17:18 ] [ 編集 ]
いやもう、慌てました!
お亡くなりになった姿は足しか見てませんので、
トラウマになることもなく過ごしてますが、
毎日玄関を出入りするたびに、ちょっと気にはなりますね。(苦笑
管理の方がお掃除してくださったのもありますけど、
多分血が流れるようなところまではいっていなかった気がします。
一応般若心経唱えときました。
[ 2009/04/14 22:34 ] [ 編集 ]
カラスはかわいく見えるときもありますが、サバイバル入ると怖いんですよー!
人も普通に襲いますし、ゴミステーションでえさ漁りをしているときなんか、
人が寄っても「けっ!」って感じで逃げずに威嚇してきます……。(汗

>  5cmに2cmって・・・・・・・ごめんなさい、うけました。
確かに想像するとおかしいかも。(苦笑
でもどんなスプラッタな光景が繰り広げられてるかと思ったら、
怖くてガバッと開けられなかったんですよ!(涙
でもチビママさんのように開けちゃうくらいの強さがないとダメですよね!
[ 2009/04/14 22:52 ] [ 編集 ]
カラスは縄張り意識や仲間意識が強いですよね。
カラス同士でも争いますし、人も怖がらないですし。
うちのゴミステーションは網がかぶるようになって、
さすがのカラスもどうにもできなくなりましたが、
時折上に乗っかって、どうにかできないか思案しています。(苦笑

そうそう、先日スーパーの駐車場で、止めてあった自転車にカラスがたかっていました。
カゴに買い物した袋が入ったままになっていたので、目をつけたらしいです。
一番上にお肉かお魚が入ってたんでしょうか。
持ち主の人、戻ってきてビックリですよね。
何が起こったか理解できるかしら……。
[ 2009/04/14 23:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。