Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

電気ブランを飲まされた! 

昨日、母と変わらぬ年齢のおばさまたちに誘われて、
とある小さな飲み屋へ行ってきました。
小あがりが3つにカウンター席が5つくらいのこじんまりとした店。
おやじがひとりで切り盛りしています。
お酒の種類は多くありませんが、珍しい焼酎や珍酒が売りのよう。
そこで数年ぶりに焼酎に復帰しました。
折りしも雪のちらつく寒い日でしたので、お湯割りがサイコー!
体があったまります。
血流が良くなって肩こりだってバイバイです。
なんでこんないい飲み物をスルーしてたんだろう!
これを機に、また焼酎派に戻ろうかしらん。
おやじが勝手に作って持ってくる食べ物は素材の良さもあってどれも美味しく、酒も会話も進みます。
そんな宴たけなわ……といったところで、
「ねえ、この子に珍しいお酒出してあげてよ」
私がお酒はいけるクチ、と知ったおばさまが注文。
正直なところ、今年に入って一滴もアルコールを摂取しておらず、
この飲み会だって初めて「ウコンの力」を借りての参加なんです。
あんまりヘンなお酒は遠慮したいなあと思ったんですが、
どんな珍しいお酒が出てくるか興味もあったので、おとなしく待ってみました。
そうして出されたお酒……小さなグラス入った琥珀色の液体に氷が浮かんでいます。
色も香りもブランデーのようですが、ちょっと違うかなと口に含んでみて、

……うわ、きっつぅー!

と、心の中で(!)叫びました!!!!
おばさまがた、私のリアクションに期待しておられますが、
「ちょっときついです……けど甘い」とか冷静にコメントを述べて(笑)、1人の方にグラスを渡しました。
その方、グラスに顔を近づけたとたん「うわー」と顔をそむけしまい、
もう1人の方はなめてみて絶句しておられました。(苦笑
それもそのはずです。
私を飲み屋に誘っておきながら、おばさまがた全員アルコールに弱い!
梅酒をチビリチビリどころか、なめておられるだけなんですもん。
おやじに「これ、40度はありますよね?」と聞いたら、
「気のせい気のせい。10度くらいしかないよ」なーんて冗談を言いながら、ボトルを見せてくれました。

I LOVE 電気ブラン
I LOVE 電気ブラン posted by (C)てるんぱい

出されたのは「電気ブラン」。
神谷傳兵衛氏が明治15年に作ったお酒だそうですから、かれこれ120年の歴史があります。
中身は名前の通りブランデーで、その他にジンやベルモットなどが合わせてあるそうですが、
詳細は企業秘密なんだとか。
アルコール度数は30度と40度がありました。やっぱり。(笑
ブランデーよりちょっと甘めで、後を引く感じはあります。
おやじ曰く。
「五月みどりみたいな酒だろ?」
……意味がよくわかりませんが(苦笑)、どうやら知らないうちにハマるということらしいです。
五月みどりさんて、そんな女優さんでいらしたのでしょうか。
確かに私も、今度はもうちょっと体調の整ったときに、
また試してみたいなあとは思ったんですけどね。(笑

因みに神谷傳兵衛氏が浅草に開いた神谷バーは今でも営業しています。
いつかここで、大正ロマンに浸ってみたいです。
ただしチェイサーにビールは無理!(苦笑
[ 2009/03/27 23:28 ] 食・グルメ | TB(0) | CM(4)
いえ、幼少期に愛飲していたと言うわけではありません(焦)
東京に父が仕事で行った折り、「飲んだ」という話を聞いたことがあります。

チビ弾正「ねぇ、なんで電気ブランって言うの?」
パパ上「飲むとね。ビリビリビリって痺れるからだよ」(爆)
チビ弾正「感電するの??」
パパ上「そうだよ」(連爆)

成年になりましたが、飲めない体質ゆえ、未だに確認しておりません(笑)
[ 2009/03/29 10:17 ] [ 編集 ]
ワタシも去年の忘年会で電気ブランデビューを果たしました(泣笑)。
しかも本場(?)の神谷バー@浅草でございます。
とても1杯飲めませんでしたよ…。

なんてゆーか、明らかに「混ぜ合わせた」感がありますよね(苦笑)。
1度ならネタにはなりますが、リピートしたいとは思わ(以下自粛)。
[ 2009/03/30 12:56 ] [ 編集 ]
私も「電気ブラン」の「電気」は、ビリビリするからだと思ったんですけど、
調べてみたら、このお酒が開発された明治の頃は電気が珍しかったので、
珍しいものには「電気○○」ってつけたりしてたみたいです。
その流れで珍しいブランデー→電気ブランとなったらしく。
ただ、ビリビリするという印象ともマッチしたため、
よりヒットしたというようなことがウィキかなんかに書いてありました。

もしかして弾正どのが飲めない体質になられたのは、
幼少のみぎりにこの電気ブランで知らずと感電したからにございましょうか?(笑
[ 2009/03/31 01:21 ] [ 編集 ]
わー!
神谷バーで! 電気ブランを!
1杯飲むのも結構大変ですよね、まさかチェイサーはビールで?(笑
私も半分くらいでギブアップでした。
ただその前に梅酒やら焼酎やらを結構飲んでいたのと、
体調も考えてセーブしたのですが、セーブしてよかったとあとで思いました。
おやじに、「これでおかしくなっちゃう女の子よくいるんだよね」って。
甘いからつい飲んじゃうんでしょうかねー、

> なんてゆーか、明らかに「混ぜ合わせた」感がありますよね(苦笑)。
そうそうそう!
最初、おやじが作ったカクテルだと思いました。
ボトルが出てきてビックリ。
[ 2009/03/31 01:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する