Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

新選組! 第39回 

「将軍、死す」

「俺はお前を信じている」
周平くんは、この一言が欲しかったんだよね。
もっと早くにこの一言をもらっていれば、きっと気持ちは揺らがなかった。
ここは周平くんの次へのステップとなるシーンだったが、
私は近藤局長の、人の心を見る余裕のなさが気になった。
一番気にかけてやらなければならない養子の気持ちに気づけない。
あの土方さんの思いすらわかっていないように見受けられたのだから、
やはり新選組が瓦解していくというのもある意味わかるような気がする。
どうして脱走する者が出るのか。
捕まれば切腹だとわかっていて逃げる者がいるのはなぜなのか。
隊の規律を取り締まる土方さんが、必要以上に厳しくなるのは仕方がない。
でもそれをきちんと見るべき局長はどうなのだろう。
彼は、根本的なところを見逃しているような気がしてならない。

今回印象的だったのが左之助とおまさちゃんの祝いの席。
久しぶりに試衛館のメンバーでの宴会。
来週いなくなるあの人のことを思うと、寂しくなる一方だ…。
そしてその場に来なかった沖田くん。
何かが憑いたように、どんどん変わってきてしまった。
自分が生きることに必死で、もうそのこと以外見えないし、
それがすべての基準になってしまっている。
やるべきことをやるだけと割り切ってしまった感のある沖田くんに対し、
斎藤さんは昔の沖田くんのように、無慈悲に斬ることへ躊躇いを感じ始めている。
人はこうやって、本人が気づかないうちに変わっていくものなんだなと思った。

★今回の気になるポイント★
1:逃げた浅野はどうなったのか
2:お幸さんと待ち合わせていた山崎は、ずっと待ちぼうけだったのか
3:斎藤が彫っているのは本当に仏像なのか(モアイ説濃厚)
4:隊士の間にも山南走りが定着したらしい?(源さん&平助&斎藤)
5:お幸さんは本当に体が弱いのか(健康そのものに見えるんですもの^^;)


以下、出演者関係みーはー記。
[ 2004/10/07 13:02 ] 新選組! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する