Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「天地人」#3 殿の初恋 

聡明でナイーヴだった喜平次坊ちゃんは、謙信叔父さんに引き取られてからの9年間、
いったいどのように過ごしておいでだったのでしょうか???
あの坊ちゃんが、兼続のお尻を叩いて追い回すようになるとは!(爆
さらに叔父さんにまで「悪人顔」とか言われておりましたが(@土スタ)、
「いや、それはあなたの影響では……?(汗)」と思ったのは私だけでしょうか~。(苦笑
それくらいの影響を与えかねないインパクトですよ、阿部ちゃんの謙信。
ってことで、景勝くんが19にして「普通はもう少し早く罹る病」になってしまいました。
お船ちゃんにひとめ惚れしたところで鼓がポンっ!って、なんちゅう演出じゃ。(苦笑
しかもお酒こぼしてるし!
景勝くんがどういうきっかけで刀スキーになったのかはわかりませんが、
「好きな人はいますか?」と訊かれたら、
「恋人は刀です」と答えそうなくらい奥手だったんでしょう。
そんな景勝くんにとっては、目の前に現れた華やかでちょっと気の強そうなオナゴが、
なかなか衝撃的だったようで。
でもそれをどうこうする景勝くんではありません。
兼続のニセの手紙で、思いがけずお船ちゃんと二人っきりで会うことになりましたが、
あれって兼続にしてみれば「殿のために!」という全くの善意からなんでしょうけど、
景勝くんとしてみれば結構ショックなことですよねえ。
そこまで腑抜けと思われているのか、と。
私が景勝くんの立場だったら、こんな出しゃばりな家臣、重用できないな。(苦笑
お船ちゃんと上手くしゃべれずに落ち込んでいる景勝くんが憐れでした。
で、この殿の初恋はどうなったのか、次回解決するんでしょうか?

今回は景勝・兼続大人ヴァージョンのお目見え程度な回でしたね。
「番外編」とか「外伝」のようなノリでした。
兼続が、ちょっとメンツが淋しい評定の場で出しゃばったり、「初恋」ネタで出しゃばったり、
とにかく殿のために一生懸命であることはわかりました。
出しゃばりなのは、チビ与六のころの小生意気さが「三つ子の魂百までも」だってことでしょう。(笑
景勝くんも、そんな兼続をわかっていて、苦笑しつつも「いい奴だ」と思っている。
だから自分の面目を潰す(!)ようなことをしても、兼続を側に置いている。
後の上杉主従がこうして形作られていっていることが伺えました。
ただ、敢えて言わせていただくとするならば……。
主従の関係性や人となりを見せるエピソードであれば、
別に「初恋ネタ」でなくてもよかったのではないでしょうかね?
この時期はネタになるような逸話もないですが、もっと男っぽいものでもよかったのでは。
とかいっても、脚本家の方の「カラー」ってものもありますしねえ。
天正元年4月というありえない年月日になってましたし(*)
景勝くんの描かれ方はどうであれキャラは割と気に入りましたので、
まさしく「番外編」のような感じで今回は気楽に楽しませてもらいました。(笑

(*)すでに前回あちこちで指摘されていましたが、
   元号が天正になるのはこの年の7月28日からです。
   4月ということは、まだ元亀4年ということになるんですよね。

   

●「景勝公今週の一言」

上杉景勝 いえ、知りませんでした

評定の場で、景勝くんが考えてもいないことを、
「殿の考えです!」とやったぜ感1000%で進言した兼続に困惑した仕返しに、
兼続が武田領へ行っていたことを母・仙桃院に問われての返答。
仕返しをしてフッと笑った景勝くんに、拍手喝采!
もっとやったれ~と思ってしまいました。(苦笑

*アイコンは戦国武将絵巻さんからお借りしています
[ 2009/01/18 23:53 ] 天地人 | TB(1) | CM(16)
北村さんの動作が結構大きかったので、
やけにコミカルというかギャグっぽいというか…!
兼続の空回ってる頑張りの数々と
お船さんのSっぷりが印象的な回でございました。

女性陣が出てくると画面が一気に華やかになりますね。
眼福であります♪
[ 2009/01/19 12:32 ] [ 編集 ]
誤魔化しのきかない部分の校正はどうなんだちゃんとしてんのか?と思いますが、協会・ジョン・ガイド共通でドラマストーリーでは
「天正元(1573)年 兼続14歳」
としています。自分がどれかの校正をしたと仮定すればつっこむ箇所ですし、事実ゲラ段階ではつっこまれていたんじゃないかと思いますが、結果イキになっているという事は、
「矛盾はあるけどそういう事で統一しましょう」
という協会からのお達しがあったんだろうと推測します。
顕景スルー問題と同様、「歴史ファンでは無い視聴者様の混乱を防ぐ」という親切設計なのかな、と出来る限り善意に解釈いたしました(笑)。

北村さんについては、ファンからも「あんなにきょどってる役者ほかに見た事無い」と言われてしまうようなひとですから(ヒドス…)、ま、あんなもんでしょう(笑)。
「とののためによかれと思って出しゃばって結果失敗ばかりでしょぼん……」
というのは、考えてみればとのの中のひとが『北条時宗』で散々やってた事でした。まだしも与六は凶暴性が無いのでさいわいです。時宗様の困り顔を懐かしく思い出しながら、「因果応報」という言葉の意味を思い知る第三回でした(笑)。
[ 2009/01/19 12:56 ] [ 編集 ]
川中島辺りをウロウロしていた者の子孫ですが(笑)
海津城から北信濃と上杉勢の動静を押さえてたのですが、何か?(苦笑)
兼続ドノは、あの調子ではしばらくは心配で放し飼いに出来ませんね(^^;)

素直なリアクション(^^;)の殿、ぐっじょぶ♪でしたよ(涙目)
砥粉ぽんぽん→お船サマの見える所にすかさず移動!(拍手)
・・・ほんわかムードのまま今週は終わり、
で、来週もそうなりそうな匂いがいたしますが(汗)
とりあえず、殿のお側にはこの弾正が・・・いたら、不味いな(誤爆)

それにしても、景勝サマと兼続ドノの描かれなかった9年間のスピンオフ・ドラマを希望します☆
「天地人・哀戦士」で♪(マジ)
[ 2009/01/19 21:03 ] [ 編集 ]
今回は本当に大人としての顔見せでしたね。

コミカルな感じで話を進めていますが
しばらくはこんな調子で進むんですかね~
跡目争いまでは。
[ 2009/01/19 21:32 ] [ 編集 ]
あれはコメディを狙ったんだとは思いますが、
何であんな演出つけたんだろう……と未だに思います。(苦笑
北村さんが演じようとしている景勝公はよいのですが、
描かれ方がなあという感じです。
女性が出てくると着物の赤やピンクといった色が増えますから、
色彩的にも華やかになりますね。
[ 2009/01/19 21:36 ] [ 編集 ]
> 「矛盾はあるけどそういう事で統一しましょう」
ガイド本も同様に統一されてるんですね。
これまでは、改元したときはナレでご案内があったと思うんですけど、
それでは心もとなかったのでしょうかねえ。
今回は何から何まで親切設計、安心設計ということなのかと、
レッドさんのお言葉で理解することにしました。(笑

> 「因果応報」という言葉の意味を思い知る第三回でした(笑)。
ああ、やはり伝説の大河が見たくなりました!
凶暴な出しゃばりだったということなのですね?(苦笑
北村さんの演じようとされてる景勝像は私はいい感じだと思ってるんですが、
描かれ方といいますか、演出といいますか……う(以下省略
[ 2009/01/19 21:50 ] [ 編集 ]
> 海津城から北信濃と上杉勢の動静を押さえてたのですが、何か?(苦笑)
あれだけで武田の御屋形サマが亡くなったとか、強引でしたよね。
しかも兼続ったら、「勘」で言ったのかよ!と突っ込んでしまいました。
あれは一番ズルイ展開です。(ちょっと憤慨

> 「天地人・哀戦士」で♪(マジ)
スピンオフは……喜平次坊ちゃんが軍神の叔父さんにどんな教育を受けて、
あんな悪人顔になったのかを想像すると、怖くて見れませーん。(涙
でも「哀戦士」なら、主題歌は前の謙信公に歌ってもらいましょう。(爆
[ 2009/01/19 22:00 ] [ 編集 ]
> 今回は本当に大人としての顔見せでしたね。
正直に言えば、意味のない回だったかなと。(苦
コミカルといいますか、多分こんな感じでずーっとユルくいくんだと思います。
オープニングの雄大さと、中身のユルさにものすごいギャップを感じております。
[ 2009/01/19 22:03 ] [ 編集 ]
ブッキー兼続くんの行為は、いわゆる
「小さな親切大きなお世話」ってやつだろうなぁと思いました(苦笑)。
ま、5歳年上の殿なので、それも含めてしょーがねぇなぁ…って感じで
赦しちゃってるんでしょうねぇ。
まだ若干14歳の少年だし…とてもそうは見えないけど(汗)。

来週はいよいよ長澤忍びが登場ですね。
正直、いらねー!と思ってしまう私は、思いっきり童門原作ファンです(笑)。
[ 2009/01/20 11:22 ] [ 編集 ]
某所でも書いてしまいましたが・・・
なまぐさ坊主を地で言っちゃってるかのようなインパクト

刑部が一目見ていった言葉は
「うさんくせえ謙信!」でしたから(誤爆)

私も、二ラッチでの印象をまだ引きずってるようです



私は、あの景勝さんの「してやったり」な表情が
ちょっとサディスティックでよかったり(笑)
つまぶきクンの立ちイチてのはそのあたりなんでしょうか?
[ 2009/01/20 17:58 ] [ 編集 ]
仰るとおり、小さな親切大きなお世話ですよね!
さすがに評定の場での発言は親切の域を超えていると思いましたけど。(苦笑
でも14ですから先走っても仕方ないのか~。

長澤まさみちゃんがどうという前に、女忍者いらないー><
更なる破壊力(なんの?)持ってそうで心配です。
[ 2009/01/20 19:05 ] [ 編集 ]
私もニラッチがよぎります。(笑
いつ上半身裸になるかとハラハラしてしまいます。(おーい
阿部さんのお話によれば、謙信のお父さんとしての存在を大事にしたいそうなのですが、
やっぱりお父さんのせいで喜平次坊ちゃんが悪人顔になってしまったんだわと、
妙に納得させるものがあります。(苦笑

景勝くんニヤリのシーンはよかったですよね。
兼続は今んところ、わんこ的存在のようですのでああなるのでは……。

TBいただき、ありがとうございますm(__)m
[ 2009/01/20 19:12 ] [ 編集 ]
ちょっと遅ればせながら・・・コメントします。コミカルですね。大河ドラマ?的じゃないような。喜平次坊ちゃん・・・ものすごくインパクトのある叔父さんに引き取られたらあんな顔になるのでしょうか。それはともかくブッキー兼続はおせっかいすぎて大丈夫なんだろうか?はらはらしながら見ていました。聡明さを買われて家来に・・・じゃなかったの?これからも心配です。
[ 2009/01/20 19:52 ] [ 編集 ]
>主従の関係性や人となりを見せるエピソード

なるほど・・・何故、景勝公に似合わない(スミマセン)
初恋の話なんぞやるのかと思ったら、
そーゆーことなのですね。
前回の、
ホクトセブンスター・ウォーズ、エピソード1「雪道をおんぶで帰還」
に続く、第2章ということでw

仰る通り、初恋ネタよりも刀に関するネタとかの方が
相応しいですよね。
しかも相手がお船って(><




[ 2009/01/20 20:06 ] [ 編集 ]
コミカルというのかなんなのか。(苦笑
「新選組!」のときも散々軽いとかコメディだとか大河の冒涜だとか言われてましたが、
この3話を見て、あれは王道だったんだなあと思いました。
「新選組!」はちゃんと綿密に計算、構築されていたドラマでしたし、
コミカルなシーンでもこんなベタじゃなかった……。

>聡明さを買われて家来に・・・じゃなかったの?
そうそう、そのはずなんですが、
ちょっと性格が変わったのはやはり謙信の教育のせいではないでしょうか?
ってことにしております。(苦笑
[ 2009/01/20 23:51 ] [ 編集 ]
主従の関係性や春日山での立場、それぞれの人となりを表現して、
あと三郎くんを紹介した(笑)以外に、見所がなかったもんですから。(苦笑
エピソード的には重要なことって特になかったと思うんですよね。
信玄が死んだらしいことと、越中に行くっていうだけで。
それもなんだかなという流れでしたし。

> しかも相手がお船って(><
これは私もどうかと思います。
昨年中にこのネタは知ってまして、かなり憤慨したのですが……。
この事実がどう尾を引くのか引かないのか、不安要素の1つであります。
[ 2009/01/20 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/901-1f71ba5d

いろいろ突っ込みどころがありすぎて 上杉&直江が大河キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! と、思われてた方々の心中は察するに余りある・・・ ストーリーがらみの演出?突っ込みですが お船の常盤さん、登場シーンは。。。 あんまりにもベタではないでしょうか 暴