幕末新選組

幕末新選組<新装版>
幕末新選組<新装版>
池波 正太郎

春に司馬遼太郎氏の「燃えよ剣」を読んだ。
この作品は、新選組のバイブルとしてあげる人が多い。
土方歳三主役で、沖田総司との親しさも魅力のひとつとなっている。
しかし私の場合、新選組との出会いが何しろ三谷ヴァージョン。
その世界にどっぷり浸かっている今は、残念ながらどうしても入り込めなかった。
続いて今回、池波正太郎氏の「幕末新選組」を読んでみた。
池波氏の作品は私の愛読書にもなっている。
特に「真田太平記」は、寝食忘れて読みふけったことが懐かしい。
そんな思いからも、「幕末新選組」に結構期待していた。
主役は永倉新八。
甘えん坊で坊ちゃん育ちの彼が、どうやって剣の道に入り、
友情を育み、恋をし、新選組と関わり、幕末を生き抜いていったか…。
初めから終わりまで、彼の視点で幕末が描かれる。
永倉新八の決してぶれることのない、一本筋の通ったまっとうな考え方が、
殺伐とした世の中を、血生臭いものにも、
暗く重苦しいものにも感じさせないところがいい。
しかし読んでいて、やはり今ひとつ乗り切れない。
それは本が面白くないとか、自分の感性に合わないとかではなく、
三谷版新選組にすっかり毒されてしまったせいなのだ。
このところ、放送のたびに気持ちがハイになったり沈んだりを繰り返すほど、
すっかり三谷版にのめり込んでしまっているのだから、
とても他の作品を冷静に味わう余裕などあるわけがない。

このほとぼりが冷めてから、もう一度読み直そうと思う。

0 Comments

Leave a comment