『キャンディ・キャンディ』 いがらしゆみこ/水木 杏子 著

一昨日まで半そでだったのに、今日はもうジャケットが欲しい寒さ!?
急に冷え込んだせいか、昨日から肩こりがひどいです。

友人の話に、急に「キャンディ・キャンディ」が読みたくなって探してみたら、
何と絶版になっていた!……ことを知ってから3年。
最近になって、図書館で簡単に借りられることに気づきました。
図書館てコミックも貸し出してるんですねー!
いやーん、なんて便利なの。

キャンディ・キャンディ (第1巻)キャンディ・キャンディ (第1巻)
(1992/05)
いがらし ゆみこ 水木 杏子

商品詳細を見る


ということで、さっそく単行本全5巻を借りてきました。
コミックだから、5冊くらいあっという間。
2週間期限でも安心して借りられます。(笑
実は私、この年にして初めて「キャンディ・キャンディ」を読みました。
アニメはオープニングしか覚えてないし、内容は大きなポイントしかわかってないし、
舞台は観に行ったことしか覚えてないし……って、ほとんど知らないに等しかったんです。
しかしなんでこれで舞台なんか観に行ったんだろう?(苦笑

読んでみて、こんな壮大なラブストーリーだったことにちょっと驚き!
キャンディが看護婦になるという展開だけは知っていましたが、
それでもどこか可愛らしいおとぎ話のようなものを想像してたんです。
丘の上の王子様~とか、そんな感じですもん。
絵柄の印象もありましたし。
しかし、1人のおてんばな少女が成長して自分の道を見つけていくというストーリーに、
ただの少女マンガではない、奥の深いものを感じました。
第一次世界大戦に絡めたことで、ドラマの奥行きが広がった面もありますが、
描かれ方が浅いのは、歴史マンガではないから仕方ないのかな。
その点ちょっと物足りなかったのは、日頃歴史物に浸かってるせいかしら。
ただここで、戦争=悪でなく、命が失われることへの純粋な悲しみを伝えていたのが、
非常に心に残りました。
この作品が、少女たちの心をとらえるのも当然ですねー。

「キャンディ・キャンディ」を検索すると、必ず上位にヒットするのがこれ。

「キャンディ・キャンディ」遂にハリウッドで映画化!

↑思わず本気で読み進めちゃいます。
そして、アルバートさんの配役で大爆笑!
こうしてみると、確かにレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットは同系かもしれない。(笑

8 Comments

谷中初音町  

肩こり解消法

私は、以下の方法を毎日就寝前に行うことで重度の肩こりがとれました。
  1、枕をはずして仰向けに寝る。
  2.両手を組んで、組んだ手を枕がわりに頭の下に置く。
  3.この状態を3分間続ける。
上記方法を始めて約1ケ月で肩こりが和らぎ、現在は肩こり知らずです。継続は力なりです。
朝・昼・夕・晩と実施回数を多くすることで、より効果がでます。  谷中初音町

2008/09/27 (Sat) 10:34 | EDIT | REPLY |   

リューザキ  

だ、大爆笑(腹痛い・・・)

映画化記事読んで、笑いすぎて死ぬかと思いましたよ~(^^;)
(死ねない・・・北村景勝を拝顔するまでは・・・)←妄執
アルバートおじさん、最高(ぷぷぷ)

私は、この漫画によって、第一次世界大戦のきっかけを知りました(をいをい!)

ところで、カタリーナさん見ちゃったんですか?
キャロライン洋子@キャンディス・ホワイトを!!(^^;)

2008/09/27 (Sat) 18:57 | EDIT | REPLY |   

木暮兼人  

カタリーナさんのツボは

ハリウッド映画化の方でいらっしゃいますね(笑)
最後まで読むと、○○○○とわかるのだけど

キャンディがキルスティン・ダンスト
 #映画「スパイダーマン」のMJ
アンソニーがレオ様
某王子様がブラピ・・・
ハリウッド的にはこれ以上ないほどのキャスティングですね~(笑)
 ↑笑・・・って・・・(爆)

そういえば、最近のレオ様は逞しくなってしまって、
あまり薄幸そうではなくなってしまいました。
多分、こういう役は引き受けないと思います・・・

歴史漫画、となると友人に借りた「女帝 エカテリーナ」のイメージが強いです
お約束の池田理代子先生です(笑)

2008/09/27 (Sat) 22:44 | REPLY |   

びびんば  

愛蔵版

たしか、10代最後の年に、キャンディキャンディを読みたくて
愛蔵版を一気に買って読んだことを思い出しました^^
たしか、うちのクローゼットの奥に眠っているはず・・・

キャンディキャンディは、よく考えると、子供には難しい漫画でしたよね?
ある程度、年齢を重ねてから読むと、仰るとおり壮大な漫画でした^^;;;

キャンディキャンディと同時期に連載されていた
「フォフティーヌ」
も好きで、こちらも無理矢理買いそろえました(笑)

ブラピとデカプリオ・・・・ああやって語られると、確かに同系列・・・(ぷぷっ!)

2008/09/27 (Sat) 22:55 | REPLY |   

カタリーナ  

■谷中初音町さん

わざわざご教授ありがとうございます。
就寝前なら簡単ですね。
試してみますね。

2008/09/28 (Sun) 00:53 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■リューザキさん

本当に映画化されたらなあと思いますよね。
題材的にもハリウッド向きだと思いますし。
ぜひこの通り、ブラピのアルバートさんで……。(笑
キャロライン洋子さん、拝見しましたよー!
といっても、何の記憶も残っていないのが残念。

>この漫画によって、第一次世界大戦のきっかけを知りました
そういうことってたくさんありますよね。
マンガも侮れません!

2008/09/28 (Sun) 01:06 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

ハイ、ホラ話のほうに食いついてしまいました。(苦笑
マンガも面白かったんですけれど、期待しすぎたせいか、
ちょっとインパクトに欠けちゃったんですよね。
10代前半で読んでいたらバイブルになるんだろうなというのもわかるので、
きっと私の年齢のせいですね~。
そうそう、いじめっ子だと思っていたイライザとニールが、
実はお笑い担当になっていたところが意外と言えば意外でした。(笑

ハリウッド映画化のホラ話は、ありえない超豪華キャスティングですよね~。
いいところ突いてきたなーという感じです。
ディカプリオは確かにたくましくなりましたね!
アンソニーみたいな役は引き受けないというのに同感ですし、
きっともう似合わないような気もします。
キルスティン・ダンストもすっかり成熟してしまいましたし……。

>「女帝 エカテリーナ」のイメージが強いです
おお、持ってます!
池田理代子先生の歴史物は、買い損ねた「ナポレオン」を除いて、
だいたい持ってたと思います。
その中で一番好きなのは「オルフェウスの窓」ですね。

2008/09/28 (Sun) 01:23 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

貴重な愛蔵版を持ってらっしゃるのですね~。
この作品、確かに子供には難しいのかも。
人間関係も案外複雑ですしね。
小学生のとき、知り合いのお姉さんがどれでも好きなマンガをあげるというので、
このキャンディキャンディを所望したんですけど、
「これは難しいからダメ」と言われたのはそのままそういうことだったんでしょうかね~。
子供心にちょっと傷ついたんですよね。(苦笑

「フォフティーヌ」という作品、存じ上げません。
どなたの作品なんでしょう。
無理矢理買い揃えたということは、とても面白い作品なんでしょうね~。

ディカプリオとブラピが似ているとは考えたこともなかったんですが、
ああして親戚の設定で並べられると、同系列ですね~。
しばらくはブラピ・アルバートさんが頭から離れそうにありません。(苦笑

2008/09/28 (Sun) 01:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment