Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

天地人リレー講演会 第10回 

天地人リレー講演会も、早いもので10回目。
全15回のうち13回制覇すると記念品がもらえるそうですが、
皆勤賞をもらう方が何名くらいいらっしゃるのか興味深いところ。
私はあと3回参加予定なので、参加率5割ってところですね。
自分としては健闘したほうかな。

さて今回のテーマは「上杉景勝時代の村上」
新潟県村上市を中心とした一帯は、
戦国期、揚北(あがきた)と呼ばれ、独立心の強い国人たちが割拠していました。
そんな地域が、謙信~景勝という越後上杉政権が確立されていく中で、
どのように上杉氏の領国支配下に組み込まれていったかというお話でした。
それに付随して、村上の町の成立についても触れられました。

中でも特に庄内地方の話は興味深く拝聴。
関ヶ原以前の上杉氏は庄内地方もその支配下に収めています。
戦国期、庄内(鶴岡)を治めていたのは大宝寺(武藤)氏です。
大宝寺氏は庄内を狙う最上義光に対抗すべく時の人・織田信長と結びますが、
他家の影響が及ぶことを嫌った庄内諸将・土豪が離反し、信長の死後、
最上義光に攻められ大宝寺家当主は自刃。
跡を継いだ弟は、対最上路線を強固にするために、
縁のあった越後・村上の本庄氏から養子を受け入れ、協力体制築くものの、
「越後の余所者なんか受け入れられるか!」と、これまた国人が離反し、
そこを再度最上義光につけ入れられ、またもや当主が自刃。
最終的に庄内地方は最上氏の手に落ちてしまいます。
ところがここでも庄内の土豪たちは「最上も嫌だ!」と反抗します。
そこへ、この機を逃すまじと、村上から本庄氏が、
主君・上杉景勝の力を背景に庄内奪還へと動きます。
本庄氏としては、大宝寺氏に養子入りしていた息子を追い払った最上勢力への恨みもあり、
激戦の末最上勢を破り、ようやく庄内地方をその手中に収めました。
といっても、本庄氏は上杉家臣ですから、
実質的には上杉氏の領国という意味なんですけれども。
その後本庄さんはわけあって蟄居させられてしまうので、
結果的に本拠地村上も庄内も、上杉景勝が支配することになり、
上杉氏の領国支配体制がますます堅固なものになっていったんですね。
もちろんそれには豊臣秀吉の力が大きく働いたわけですが、ちょっと割愛。
しかし……関ヶ原後、ここ庄内は最上領になっちゃうので、
結果的に庄内というのは最後まで上杉と最上が奪い合った土地ということになりますね。
土豪が余所者の支配を徹底的に嫌ったことや、庄内平野があることからも、
かなり美味しい土地だったんでしょうね~。

なんか村上から話が外れちゃいましたが、
庄内の話は国取り合戦の縮小版のようで、熱い戦国の息吹が感じられました。
けれども、実は最もツボったのは謙信の跡目争い「御館の乱」。
今回もメインではない御館の話にかなりの時間が割かれたんですが、
やはり上杉家を語るのに、避けては通れぬ大スペクタクル事件なんでしょうね。
「御館の乱」は、謙信に実子がなく、それでいて2人の養子を持ちながら、
後継者を決めていなかったために起きるのはご存知の通り。
謙信が生涯不犯だったのは、宗教とか神とかそんな大層な理由ではなく、
単純に女より男、イケメンの美少年が好きだったからであり、
後々問題になるであろう北条家からの養子(三郎)を同盟崩壊後も手元に置いたのも、
政治的意味合いというよりも三郎が好みのタイプだったから。
全く個人的な趣味に走った結果がお家騒動に繋がったと、講師の先生がはっきり仰ったのです。

趣味に走った結果。

いやー、言い切っちゃっていいんでしょうか?(苦笑
跡継ぎを作れと迫る直江景綱@西岡徳馬さんと、
「嫌じゃ」とごねる謙信公@がっくんの会話が妄想されてなりません。(爆
でもそれだと、謙信の領国支配はかなり危ういんじゃないかと思うんですが。
「わしの跡は、実力のある者が継げばよいのじゃ!」とか思っていたのであれば、
それはそれでまた別な話であろうと思いますが、
趣味(?)と政治を切り離せないでいたとなるとそれは問題なのでは……。(汗
どの先生も、皆さん何がしかツボにはまる発言をなさいます。
だんだんそっちが楽しみになってきました。(苦笑
来週はいよいよ「直江状」がテーマです。
[ 2008/09/21 23:09 ] 天地人 | TB(0) | CM(8)
連投失礼します。
…や、庄内と聞くとつい気になってしまって(笑)。
戦国時代でも、やはり庄内は“美味しい土地”だったんですねー。
ちょっと嬉しかったり♪えへ。

それにしても趣味に走った結果がお家騒動なんて…!
いや、違う。シュミに走ったからこそ、お家騒動になったのかしらん(爆)。
ああ、義に生きたガッくん謙信が、実は美少年好みだったなんてぇ~(え?違う?)
やはり歴史…というか人間は、大義だけでは動かない、
欲望とは切り離せない生き物なんでしょうかね。
ま、そこが愛しいのですけどvv
[ 2008/09/22 13:19 ] [ 編集 ]
カタリーナさんも庄内の情勢に食指が動いておりましたか・・・・(笑)
この講演会の目的は「それ」のようなものでしたが、まともに「上杉景勝の阿賀北支配」のお話で、ある意味驚きました(失礼!)

謙信時代から、支配に苦しんだ阿賀北は、景勝君(達)がサルを使って、上手く支配下に組み込んだ・・・と思ったら、会津転封・・・・(汗)

いずれにしても、村上の起点を景勝君が作ったのだと思うと、さらに村上に特別な気持ちを抱くようになりました(笑)

以前、三面川が氾濫しそうになって、寝台列車で足止めを喰らったのは・・・・もしかして、運命だったのかも・・・・(爆破)
[ 2008/09/22 21:48 ] [ 編集 ]
今回話を伺って、その後自分でもちょっと調べてみたんですが、
平野に酒田の湊もあり、戦国期から狙われた土地(爆)だったみたいです。>庄内
Akiさんからいろいろお話を伺っていただけに、より理解が深まりましたよ~!

妄想はがっくんバージョンでしたが、
本当のところ、がっくんの謙信なら美少年には興味なさそう。
「わしが一番美しい」って感じじゃないですか?(爆
「欲」っていうのは、良くも悪くも人間の生きる原動力の1つじゃないでしょうか。
争いが起きるのは領土拡張が目的だったり、権力奪取が狙いだったりで、
それが複雑に反応して、歴史の流れになっていくんだなあとつくづく思います。
しかし趣味の持ち込みはいかがなものかと。(苦笑
[ 2008/09/22 21:57 ] [ 編集 ]
私も村上が主役、本庄さんが主役のお話だと思っていたので、
逆に非常に嬉しい展開になりました。
上杉さんも上手いことやったなあと感心して聞いておりました。(笑
御館と庄内に時間を割きすぎて、肝心の村上本庄さんの話が、
思いっきり駆け足になってしまったのが残念でしたけどね。

三面川の氾濫で足止めを食ったのは、
「殿、行かないで下され!」という意味だったのかもしれませんよ~?
って、当時はそこまで揚北の民が景勝公に心酔していたとは思えないですけど。(苦笑
[ 2008/09/22 22:25 ] [ 編集 ]
謙信の男色は趣味!と結論付けられてしまうと
「御舘の乱」も「謙信が深く考えないで行動した結末」
と結論付けられてしまうような・・・

そのお説を派生させてしまうと
謙信自身が、家内経営にはあまり関心が無かった
タイプということになってしまうのかな

がっくんの謙信の場合ですと
確かに養子君の容姿が美しかろうがそうでなかろうが
あんまし関心がなさそう
阿部ちゃんの謙信の場合ですと
美形の男性に対する審美眼がなさそう(爆)
[ 2008/09/22 23:16 ] [ 編集 ]
謙信が自分の跡をどうしようと思っていたのか、見当がつきませんね。
三郎くんが来て上杉姓になり、景勝くんが上杉姓になるまでの間に謙信が死んでしまったら、
上杉領はどうなっていたかと思うと怖いですね~。

阿部ちゃん謙信はイケメンに対する審美眼がなさそう!に1票投じます。(笑
そういうのはどうでもよさそうな感じですもんね。
今えさしでやってるロケの写真を見ましたが、阿部ちゃん謙信の方向性が益々わかりません。
なんか衣装がものすごくてどうなってるのか判別不能。(爆
がっくんとはベクトルの向きが違いますが、
同様にこれまでにない謙信になりそうですよー!
[ 2008/09/23 00:24 ] [ 編集 ]
ヨネザワクセイ同盟とは相反してしまいますが・・・
ガクト謙信がラインハルトに思えてしまいましたww
徳馬・フォン・マリーンドルフ伯が、
お世継ぎについて上申しているところとか(爆)
で、軍務尚書宇佐美に睨まれて・・・www

真面目な話、謙信は領土を拡げる&家名を残す、
というのをどのくらい考えていたのかは疑問ですね~。
敬意をはらいまくっていた「上杉」の名を、
途絶えさせるのはマズイと思えますし^^;;
[ 2008/09/23 19:19 ] [ 編集 ]
ちょっとKYなところは、ラインハルトと通じますね。(笑
ということは、やはり桃・アンネローゼ姉さんの影響が強すぎたのでしょうか?(爆
私は先陣を切っていく景家・ビッテンフェルトが思い浮かびます。(苦笑

実際謙信は「上杉家」をどうしようと思っていたんでしょうね。
謙信の人となりを考えれば、名門「上杉」の家名をないがしろには出来ないはずですし、
戦国大名としても何も考えていなかったとは思えないのですが、
49歳といえば当時は若い部類には入らないわけで、
その年まで(後継者)対策を練っていなかったことはやはり、
矢弾が当たらないと信じていたように、
自分は死なないと思っていたのかもしれないですね~。
あまりにもいろいろと考えられてしまいますね。


[ 2008/09/25 00:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する