Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

さらば幾島~篤姫 

今年の大河ドラマ「篤姫」は、本当に女性が喜びそうな展開だなあと毎回思います。
家定公が亡くなるまでは、これまでにはなかった「大ラブスストーリー大河」で、
女性というよりは、女の子なら1度は憧れるような、そんなプリンセスものを思わせました。
一大名の分家の娘が将軍の御台所になり、国の運命に翻弄されていく姿に、
もちろんこれがこのドラマのテイストなのですが、
日本の歴史でありながらも、どこかファンタジーを見ているような感覚になります。
「それって現実味がないってことなのかな?」と、書いていて今ふと思いましたが、
確かにドラマとはいえ歴史としてのリアルさっていうのはあまり感じられないかなあ。
安政の大獄の絵を見てさえ、どこか遠い話に思えてしまう。
まあ、私個人の感想ですけれども。

さて、今回何となく感想を書きたくなってしまったのは「さらば幾島」だったからなんですよね。
松坂慶子さん演じる幾島は、時に楽しく、時に厳しく、時にうるさく、
少々暑苦しいときもありましたが(苦笑)、本当に素敵なお姫様教育係でした。
篤姫にとって幾島が最も信頼でき、頼れる人間であったのと同時に、
私たち視聴者にとっても、ドラマを締めてくれる大きな存在だったと思います。
そんな幾島が大奥を去ってしまうことが、こんなにも淋しくなるなんて、
私自身予想もしておりませんでした。
家定公が亡くなられたときに、
「篤姫はこれからこうしてこの人(家定公)の想いを背負って生きていくんだな」
と感慨深くは思ったのですが、幾島が去ることが篤姫にとっては、
「支えを失うことではなく生きる気力をもらったことになるんだ」と、
しみじみ思ったら思わず涙が出てしまいましたよ。
幾島は己のけじめだけでなく、篤姫の将来を思って身を引くわけですし、
幾島に下賜された篤姫の婚礼衣装にはともに歩んだ日々の思いが染み込んでおり、
これが離れ離れの2人の思いを永遠につなぐのでしょう。
松坂さんのあの表裏のない笑顔を見れるのも、来週が最後なんでしょうね……。
そしてそのしたたかぶりが強烈なオーラを放っている中村梅雀さんの井伊直弼も、
来週にはいよいよ桜田門外で……。
いよいよ歴史的に、疾風怒濤な時期に入っていきますね。

それにしても「篤姫」を見ていると、無性に「新選組!」が見たくなるのはなぜなのでしょう。
時代がかぶっているからというのもあるんですけどね……。
[ 2008/08/04 22:30 ] 大河ドラマ | TB(1) | CM(12)
ここ数回の篤姫に泣かされている私です(爆)
ただし!やはり、大河ドラマとは、どこか認めておらりませんが・・・(←あれ?)

幾島の身の弾き方は、薩摩時代の菊・・・・名前忘れちゃった?(爆)
自害した少女時代のばあや(?)と同じ理由で身を引く(=足手まといになるから)ことに
「身をひく事とはそんなものなのか・・・」と思った次第でして・・・
(↑すみません!漠然過ぎて@汗)

なんだかんだ言って、井伊さんの活躍期間は短かったような・・・・
梅雀さんの演技には、全くもってすごいっす!><
「吉宗」の時に、家重と同一人物とはとても思えません(滝汗)
↑しかも、語弊のある言い方で、すみません!!
しかも、記事の核心に触れていないようなコメントで、すみません!!m(_ _)m
[ 2008/08/04 23:33 ] [ 編集 ]
>大河ドラマとは、どこか認めておりません
ええええ、わかります。
私も大河とは思っておりません。(笑
BGMに対する批判もチラホラ目にしていますが、
民放だったらあれで全然OKだと思いますし、
とにかく枠は忘れよう……って感じですね。
来年もこんなテイストなんでしょうかねえ。

>自害した少女時代のばあや
菊本ですよね。
実は私、最初のほうはあまりちゃんと見ていなかったので、
幾島への思い入れのほうが強くなったんだと思います。

梅雀さんはほんとすごいです。
あのしたたかさ、またそれを狙ったアングルで撮ってますしねー。
迫力のどアップが毎回ありますから。(笑
井伊直弼が大老になってから暗殺されるまでたった2年ですから、
やったことの大きさに比べて、実際の活躍期間て本当に短いんですよね。
来週、どんなカッコイイ死に様を見せてくれるのか楽しみです。
[ 2008/08/04 23:59 ] [ 編集 ]
ドラマ全体の造りはともかく(え?)幾島退場は、ちと寂しい・・・

昔、彼女が「忠臣蔵」のドラマで遥泉院(←漢字、合ってます?)を演じた時、メイキングで、
大石の真意を知って、門まで追いかけ、黙って見送るというシーン。
松坂さんは、スタッフにちょっと待って貰って、本当の涙を流して演技してました。
同じ時期に別の女優さんが目薬ポタリとされていたので(以下、自粛)
違うな~と、思いました。

今回の、天樟院と向き合うシーンで、うっかり涙が肝心なところで出てこなかったヒロインさんより
印象に残りました。
ほんとうの、グッチャグチャ顔で・・・

来週は、井伊サマ御落命・・・
ドラマをしめる重鎮が少なくなりますね、
っと、毘沙門天サマ(北大路さん)御降臨でしたっけ(汗)

でも勝海舟って、この頃、三十代では・・・(強制終了)
[ 2008/08/05 17:33 ] [ 編集 ]
やっぱり見ないとダメでしょうか・・・
見ると堺雅人さん、じゃない家定さんがお亡くなりになってしまうので、避けてるんです(笑)

でもこれ以上溜まっても困るし・・
そろそろ消火活動に入ります。

うーん、でも、やっぱり哀しい(ToT)

今年の大河はなんちゃって大河ですが
来年はさらになんちゃって大河になるのかな・・・
もっとも、頭のてっぺんから足のつま先まで満足のいった大河というのも、私はなかなか思いつきません。
伊達政宗をスルーしてしまったのが痛い。
徳川家康と
最近だと新選組!はまとまっていたほうでしょうか
「秀吉」は途中まで良かったけど朝鮮攻めでかなりごまかしましたし。
[ 2008/08/05 23:20 ] [ 編集 ]
>うっかり涙が肝心なところで出てこなかったヒロインさん
あー……それを言っては!
わざわざセリフで「ぐちゃぐちゃな顔」とまで言ってますからねえ。
私も「いつ泣くの?」って思ってました。
やはりトシのグダ泣きくらいはしていただかないとね、あの場面では。(苦笑

勝海舟の北大路さんは、私にとっては毘沙門天サマというよりも、
今はホワイト家族のお父さんですね~。(笑
歴史ドラマに実年齢との一致は求めてもムダなんですよね……。
それよりも周りとのバランスが悪いとひどいことになります。
昨年の玉木宏くんが信長をやった「敵は本能寺にあり」はひどうございました。(汗
玉木くんの信長に対し明智光秀が中村梅雀、秀吉が竹中直人、
近衛前久が柄本明、家康に椎名桔平という年齢関係全く無視なキャスティング。
信長が老獪なおじさんたちに陥れられていくという、
全く別なお話に見えてしまいました。(汗
[ 2008/08/06 00:14 ] [ 編集 ]
私としては、家定公がお亡くなりになったことは、
幾島の退去ほど辛くなかったんですよね。
篤姫は1ヶ月以上も家定公の死を知らされていなかったので、
そういう演出になっていたためでもあるかとは思いますが、
覚悟ができていたというのもあるかもしれません。
あと、途中から山南さんに見えてきて混乱していたせいもあるかも?(苦笑

>来年はさらになんちゃって大河になるのかな・・・
来年私は、そんなふうに冷静に言うことができますでしょうか……。(汗
私は49回(or50回)ちゃんと全部見た大河というのが、
「組!」と「風林火山」しかないんです。
「徳川家康」も「政宗」も抜けてますし、「秀吉」はまさにその朝鮮出兵の前辺りで脱落しました。
やはり1年間欠かさず見続けるというのは、なかなか力のいることですね。
自分の興味だけでなく、作品にもそれだけのパワーが必要だということでもあると思います。
[ 2008/08/06 00:28 ] [ 編集 ]
「さらば幾島」はまだ見ていなくて、土曜日の再放送で見ようと思っているのですが、ここのところ、「篤姫」は泣いてばかりです。確かに、大河っぽくないですよね(苦笑)でも好きな時代だし、毎回楽しみに見ています。・・でも最近ちょっとどうでも良くなってきたような・・・??飽きてきたのか、自分でもよく分からないのですけれど・・。BGMは、少し前の回ですが、大久保が鬼になると母親に言ったときのBGMにはもうびっくりしてしまいました・・・v-12
オープニング曲は大好きなのですが!
家定はどうしても山南さんに見えてしまいますね。
来週は桜田門外の変なのですね。
梅雀さんの井伊直弼、滅茶苦茶気に入っているのに(笑)来週で見納めなのですね。残念です~。
なんだか全然まとまりのないコメントですみません。
[ 2008/08/06 03:49 ] [ 編集 ]
仰る通り、ドラマとしてはなかなか面白いと思いますが、
「大河ドラマ」だと思うと物足りない感じがしてしまいます。
昨年の「風林火山」が戦国の息吹をかなり感じさせて
くれたので、
今作との差が・・・^^;;;

登場する重鎮達が皆篤姫に感化される中、
井伊大老のみは反篤姫を貫いて死んでいくのですね・・・
そのせいで、とても悪役っぽくなってますが^^;
[ 2008/08/06 21:31 ] [ 編集 ]
この作品のテイストなんでしょうけど、気軽に見れてしまう反面、
どうでもよくなる率も上がる気がします。
私も「見逃して損した!」と思うことが今年はありません。(苦笑
でもこのような大きな歴史ドラマで「見逃しても大丈夫」という感覚は、
1年という長いスパンを乗り切るのには今の時代、大切なのかもしれませんねー。

梅雀さんの井伊大老は来週が見納めです。
もったいなくてあまりに残念!
それにしても予告で流れた桜田門外の変のシーンが、
「組!」に酷似していたのですが、使い回しでしょうか、それとも?
これから勝海舟や龍馬も出てきますし、少しは骨太なドラマになってくるかなあと、
ちょこっとだけ期待してますけれども……。(笑
[ 2008/08/07 00:24 ] [ 編集 ]
>登場する重鎮達が皆篤姫に感化される中
これこれ!
これがやはり諸悪の根……(以下自粛

今年の大河は生ぬるいんですよね~。(苦笑
視聴者をひきつけようと、ちょっと狙いすぎな気もしますが(苦笑)、
ドラマとしては面白く作られているとは思います。
昨年はまさに劇画タッチでしたから、
その落差に圧倒されますよねえ。(笑
来年がどうなりますことやら、神に祈るばかりにございます。

井伊大老は、梅雀さんが結構ノリノリで(笑)敵役として演じておられますが、
実際は事はあのように単純だったわけじゃないでしょうし……。
脚本的にもわかりやすく勧善懲悪っぽくなっているように思いますが、
せめて最期は納得できるものにしていただきたいですね。
[ 2008/08/07 00:41 ] [ 編集 ]
>来年私は、そんなふうに冷静に言うことが
>できますでしょうか……。(汗

そうですよね・・・
たとえば私も、織田信長の配役と演技が気に入らなければ
大河ドラマは途中で「却下」してしまいますから。

私の中では役所・信長がベストでして
それに続くのが渡・信長。
舘・信長もまあまあ及第点でした。
上のお二方はもう少し若ければもっとよろしかったかな~

反町君にいたっては、信長を演じられたことなんてありましたっけ・・・?っておい!
彼の岡田以蔵は存在感あったのになあ(トホホ)
 #三谷幸喜の脚本作品で、ありますよね>以蔵の役

1年間見続けるとなると、話を引っ張るパワーが必要ですよね。こちらも興味を持ち続けるパワーが(笑)

堺さんはやはり山南さんなんですかねー(^o^)
どことはなしにはかない雰囲気がおありなので
時々心配になるのだけど>堺さん
九州男児のはずなのに(爆)
[ 2008/08/07 13:14 ] [ 編集 ]
>私の中では役所・信長がベストでして
おおおお!
私と同じでございます~!
私も役所さんの信長がベスト。
ただ私にとってはマイ・ファースト・信長でもいらっしゃるので、
もしかしたら刷りこみもあるかもしれません。(苦笑
来年の景勝公は、キャスティングはクリアしておりますので、
ホンがおかしくて見られない……などという悲しい結果になって欲しくないです。
そうなったら、絵画鑑賞のつもりでヴィジュアルだけ……?(汗

堺さんは確かにはかなげですよね。(苦笑
でも芯の強さはものすごく感じます。
ですので、山南さんのときも家定公のときも、
亡くなられることがそう憐れには思いませんでした。
それぞれに悔いは残る人生かもしれないけれど、
この人はちゃんと自分にしか歩めない人生を歩いたんだなーと、
感じさせてくれるんですよねー。
そんな賢さが前に出てしまうのが、堺テイストでしょうか。(笑
[ 2008/08/09 17:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/796-efab2b81

今回の大河ドラマ篤姫は「さらば幾島」です。これまで篤姫を支えてきた幾島が大奥を去