Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

あゝ兼続&上杉神社 

ニュースを辿っていたら、1週間前のネタに遭遇。

戦国時代の武将で、来年放映されるNHK大河ドラマの主人公・直江兼続を歌ったCD
「天地人あゝ兼続」が、ゆかりの地・旧与板町(現長岡市)の有志らによって制作され、
じわじわと人気を集めている。                    (読売新聞)



ウォー (丿 ̄ο ̄)丿
こういうのって、何となくこっぱずかしい……。(苦笑

読売の記事によれば、市民の方の作詞作曲で、
「愛の前立 陽に映えて いま駆け下る 春日山……」
という歌詞で始まるそうです。
歌は「兼続合唱団」。
ちょっとツッコミたい、この命名。(苦笑
1000枚作って、すでに800枚売れたそうです。
もしかしたら、これから始まる天地人リレー講演会の会場で流れたりして!?
恥ずかしいけど、実は聴く気満々。(笑
調べたら、「あゝ井伊直弼」っていう歌もあったよ!
この際、「あゝ上杉景勝」でも作ろうかな~~~。(爆

**********************


それはさておき。
米沢は上杉城史苑で昼食をとった私は、米沢城址へと向かいました。
まずはお堀の外にある松岬神社に参拝。
ここは、景勝公、鷹山公、直江兼続、他、米沢の恩人とされる方々を祭神としています。
お賽銭を入れようと財布を開いたところで、

「しまった! 小銭がない!」

ということに気がつきましたー。(汗
神社仏閣を巡るときは、小銭がいっぱいいることを忘れていました!
さっきランチの支払いをしたとき、小銭で払うんじゃなかったーーー><
今お財布の中のに、100円玉が1枚と、50円玉が1枚しかない。
いくらなんでも1円は問題外……。
ということで、ここ松岬神社では100円を入れさせていただきました
それはモチロン、景勝公がご祭神とされているから!(苦笑
それにしても去年の今頃は、こんなことになるなんて想像もしていませんでした。
ひょんなことから縁て生まれるんだなあと、そんな巡りあわせに感謝。
しかし、観光客はそれなりにいるのですが、誰もこの神社には参拝していかない……。
謙信じゃないから? 何か寂しいんですけど!

松岬神社を出てお堀を渡りますと、そこはいよいよ米沢城本丸跡でございます。
ここで初めて、「とうとう来た!」と思いました。
文献や小説の中でしか感じえなかった米沢の城の存在を、今、肌で感じています。

上杉神社

写真は、よくある構図でどうぞ。(苦笑
この日はほぼ無風に近かったため、いくら待っても「」と「」の旗が上手い向きになってくれず。
諦めて、本丸跡に建つ上杉神社に向かいました。
しかしここへ来て、旅行会社の研修とぶつかってしまいました。
真新しいスーツ姿の若者がよくわからないといった感じでウロウロしております!
「どけどけどけどけ~~~~っ!」
早馬伝令の如くスーツの軍勢をかきわけて、ようやく神社にたどり着いたのですが、
今度はお祓い受けるご家族が中に待機しておられ……。
もう少しゆっくり静かに参拝したいところですが、写真も諦めて早々に立ち退きました。(涙
なのでこれを。

上杉神社・参拝のしおり

このしおりで個人的にツボだったのは、家紋が戦国期のものだったことですね。
これだとすっきりしているので、阿行吽行になってる雀もちゃんと確認できます。
今普通に上杉家の家紋として紹介されているものは、江戸期以降のものじゃなかったでしたっけ?
ね、びびんばさん?
この家紋は、景勝公の鎧にもついてます。(豊臣家の五七の桐も一緒についてるケド)
お賽銭として残りの50円を入れ、ご祭神・謙信公に今日の縁を感謝申し上げ、
その鎧を見るべく、上杉神社に併設されている宝物殿「稽照殿」へ向かいました!

実はここへ来るまでに、鷹山公とか米沢牛の恩人とか伊達政宗とか、
いろいろあったんですけど、全部スルーです。(爆
あと、説明書きも斜め読みです。
だって時間がないんだもん!!!
つづく。
「兼続合唱団」って・・・・愛の前立てと同じくらいのインパクト大ですね~^^;;;;
「あゝ上杉景勝」って言うのが出来たら・・・歌詞がなそう・・・(伴奏だけ@爆笑)

おお!カタリーナさんも、お賽銭100円ですか~^^
カゲカツィストは、松岬神社でお賽銭100円以上!と言うことを通達しますか!?(笑)
では、新潟競馬場で降りた、ツルツルさんにも伝えておかなければ・・・(笑)

家紋の件は、上杉博物館の図録「上杉景勝」にも載っていましたねえ~^^
今の家紋より、戦国期の家紋の方が好きですわ~^^

稽照殿のご感想を楽しみにしております^^v
[ 2008/05/30 20:13 ] [ 編集 ]
もしかしたら与板会場の講演会で、実際に歌うかもしれないですよ?<兼続合唱団
そうしたら、こっちがメインイベントになりそうなくらいインパクトありますねえ。
「あゝ上杉景勝」は……そうだ、直江君に書いてもらえばよいのです!
そうしたら16番くらいまであるんでしょうね~。(爆
家紋のこと、図録に載ってました? 
やー、まだちゃんと読んでないので見落としてたみたいです。
ありがとうございます。あとで確認します!
[ 2008/05/30 22:06 ] [ 編集 ]
あ、でも・・・・・
あの鎧甲冑姿の、近眼っぽい目の「景勝像」の解説に、ちょろっと載っていた程度の説明です^^;;;;;

「あゝ上杉景勝」は、作詞、作曲:直江兼続、歌唱:直江兼続・・・・
それしか手はないですねえ・・・・(笑)

「さあ~!内府~!かかってきなさい~
上杉は、お前に~たちむか~~~~~う!」

みたいな・・・・(はあ・・・)
[ 2008/05/30 22:25 ] [ 編集 ]
直江君は歌も上手そうですね。(笑
でも案外、マイク握ったら離さないタイプかも?

歌は、そうですね、例えばガッチャマンの替え歌でどうでしょう?
ガッチャマンを景勝に、地球を上杉に変えたらバッチリ?(爆
[ 2008/05/31 00:08 ] [ 編集 ]
替え歌の方が真っ先に頭の中に浮かんでしまいます

「う・え・す・ぎ、一つ!割れれば二つ!」

演技でもない!!!(爆破)

「命をかけて飛び込めば、直江忍法毒舌だ!

 飛べ!飛べ飛べかげかつ~ 行け!行け行け!かげかつ~」

・・・・・すみません・・・・m(_ _)m
[ 2008/05/31 22:44 ] [ 編集 ]
>替え歌の方が真っ先に
やっぱりですか?(笑
私もなんですよ。しかも元歌全然覚えてない!
だから出だしは、

誰だ 誰だ 誰だ~~~  儂の越後を取ったのは

です。(爆
[ 2008/06/01 03:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する