英語で関ヶ原!

実は1ヶ月くらい前に、あるドキュメンタリードラマの存在を知りました。
そのタイトルは。

Heroes and Villains ― Shogun

英BBCと米ディスカバリーチャンネルの合作である本作は、
Heroes and Villainsシリーズの第6作(最終)にあたり、なんと徳川家康が主役です。
このシリーズでは、ほかにナポレオンやスパルタカス、獅子心王リチャード1世など、
過去の歴史において、その戦いぶりで名を馳せた人達が名を連ねているのですが、
そのファイナルとして取り上げられたのが、なぜか日本の徳川家康。
BBCの監督兼プロデューサーのインタビューによれば、
「家康は他の5人と違って政治的戦略家。
小早川秀秋を大砲で脅して寝返りの決断を迫るなど、非常にドラマチック」とのことで、
つまりこのドキュメンタリードラマでは、関ヶ原が描かれているようなのです。
CGも駆使して、合戦もリアルに迫力あるものを再現するとか。
東映の協力で、全編日本で撮影。役者も日本人か、日系人。
でもセリフは全部英語。

やっぱり、英語……なんだ。

台本は横書きで、左に英語のセリフ、右に日本語で時代劇風のセリフが書いてあったそう。

英語をしゃべる徳川家康。(より狡猾に見えそう?
英語をしゃべる石田三成。(よりインテリに見える?
英語をしゃべる小早川秀秋。(より坊ちゃんに見える?
英語をしゃべる……………………

                      上杉景勝。

え、マジでっっ??? (゚〇゚;)
景勝公が英語を??? 
一番似合わなくないですか?
いや、YESとNOしかセリフがないのかもしれませんが。(苦笑
ということで、なんとこの作品には景勝公が出ておられるのです!!!
だから目に留まったわけですけれども。(笑

で、その景勝公を演じているのが野村祐人さん。
悪くない気がしますけど、いかがですか?
ちょっと精悍すぎますかね? 
むしろそれ以上に、「殿といっしょ」に描かれている景勝公をイメージさせるような……。
お名前を拝見して、最近どこかで見かけた名前……と思ってプロフィールを拝見したら、
なんと山本耕史くんの「陽炎の辻」第四話にゲスト出演されてました。
手元に録画、DVDのある方は、是非ご確認ください。
人形の首を先祖伝来の貴重な人間の干首(多分)と偽って、金を借りに来る悪い奴です。(爆


Heroes and Villains Heroes and Villains

Brian McCardie, Nadia Boussetta, Jamie Foreman, Kevin Eldon, Nicholas Boultan

£10.98
商品詳細を見る


すでにシリーズ全編2枚組みのDVDになって発売されてはいます。
もともと世界史好きな私としては、ナポレオンもリチャード1世も見てみたいし、
何よりも外国人が描く日本の歴史には非常に興味があるんですが、ここで問題が。

それは当然、英語の壁……!!!!

ただでさえ複雑で難しい話を、私の英語力ごときでは見れません。(悲
とりあえずトレーラーかなんかを視聴して、それでもいけそうなら買ってもいいかと思ったんですが、
BBCのサイトに行ったら、「UKに住んでいる人以外は見ること叶うべからず」と言われ、
たまたまおっこってたフリーの動画アップローダーでは、ファイル名が一致せずに開けず、
結局どんな内容なのか、見当がつきませぬ~~~。
いろいろサイトを探し回った末、外国人に分かりやすいように、
東軍が赤、西軍が紫に色分けされてるってことだけはわかったんですが。
一応Shogunのデータはこちらで確認できます。

いつか日本で放送しないでしょうか。
NHKあたりで……よろしくお願いしたいところです。(懇願
あと、どなたかこの作品をご覧になった方の情報も、お待ちしております。

6 Comments

びびんば  

たしか・・・

1月4日の「天下統一三武将SP」で紹介されていましたわ~^^
葵の旗と大一代万大吉の旗しか無かった関ヶ原でした(爆)
そんなことより・・・(←え?)
景勝君が「えんぐりっしゅ」を!!!
いつ、そんな国際的な殿御になったのでしょう?
・・・・・イエス・ノーも言わなさそうですね・・・^^;;
「フフン?」くらい?(しかも、ゼスチャー無し@爆破)
戦国ファンが跋扈している今のご時世・・・・どこかの商売屋がナントカしてくれますよ!きっと^^
私、カーンの写真集・・・ドイツ語バージョンを買った後で、日本語バージョンが売られていたくらいですから・・・^^;;;;
野村祐人さんの景勝君・・・確かに精悍すぎますね~(笑)
ま、それでもいいですけど~(爆笑)
「殿といっしょ」を前から気にはしていたのですが、買うにいたらず・・・・^^;;
その景勝君も精悍なんですね~?^^
いつか立ち読みしないと・・・・(立ち読みかいっ!!)

2008/05/20 (Tue) 20:16 | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

葵と大一大吉大万しかない関ヶ原って。(爆
落ちてる画像を見ると、他の旗もいろいろあったみたいなんですが、
その番組で使われたのがたまたまそういうシーンだったんでしょうかね。

>どこかの商売屋がナントカしてくれますよ
そう願いたいですね。
しかしカーンの人気が、翻訳版写真集がでるほどだったとは!
ドイツ人には信じられない現象でしょうなあ……。(苦笑

「殿といっしょ」の景勝さまは、直江君に邪魔されて一言もしゃべらせてもらえません!(爆
風貌は、野村さんの顔に歌舞伎の隈取を描いたような(どんなんだ?)感じです。
しかもその顔が精悍を通り越して、レスラーみたい。(をい
宜しければお貸ししますよ!

2008/05/20 (Tue) 21:44 | EDIT | REPLY |   

木暮兼人  

ほほー2(笑)

と、言うことは
びびんばさんの読みですと吹き替えバージョンも出てくるかも?ということですね(笑)
どなたが吹き替えをされるのでしょうか
#気ぃ早っ(爆)

って、字幕スーパーだったりして。

私的にはタッチの柏葉英二郎の声がオススメなのですが・・・
景勝フリークには物足りないかな。>田中さん

でも、独逸語をしゃべる家康や三成、上杉景勝さん
なんかもみてみたいような
「グーテンターク(笑)とか」

2008/05/20 (Tue) 22:50 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■木暮兼人さん

吹き替えかあ。
そうですよね、NHKで放送するにしても、
おそらく吹き替えられますよね。

>タッチの柏葉英二郎の声
田中秀幸さんですよね。
どんな声でしたっけ……。
すごく抑えた声だったとは思うんですが、それはいいかもしれないですね!
役者さんの顔と声もあるので、野村祐人さんとなると、
もう少し若い感じになりますでしょうか。

DVDが今のところ英国版しかありませんが、
マルチ言語で出るようなことになれば、
各国語をしゃべる武将を堪能できるかもしれず、それはめっちゃ興味あります。
しかし、景勝さまの「グーテンターク」は許せますが、
「ボンジュール」は受け付けない予感。(苦笑

2008/05/21 (Wed) 20:47 | EDIT | REPLY |   

零基  

はじめまして

びびんばさんの所から遊びにこさせていただきました。

わたしもこの作品のお話をちらっと
耳にしたことがありますが、
当時はナゼ家康?と思ったもののよく考えれば
乱世を統一して治世の基を気付いて国を引っ張っていった
わけですから欧米の方々としては魅力的
なのかもしれませんね。

真田幸村や源義経のように悲しい結末を
迎えないと英雄になれない日本とは
逆の考え方みたいです。

初めてで自分中心なコメントで失礼しました。

2008/05/24 (Sat) 23:11 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■零基さん

ご訪問&コメントありがとうございます!

私もなぜ家康を……と思ったのですが、
群雄割拠の日本を一つにまとめたというのは、
大陸的な視点からは抜き出た存在に見えるのかもしれませんね。
仰るように、欧米ですと、悲劇のヒーローよりも実際に強いヒーローのほうが、
人の心を捉えやすいような気がします。
それは多分、切腹というしきたりのあった日本と、
自殺をNGとするキリスト教徒の多い欧米とでは、
根本的に考え方が違うゆえじゃないのかなと思います。

どんなコメントでも大歓迎ですよ。
また遊びにいらしてください!

2008/05/25 (Sun) 11:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment