Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

新選組! 第35回 

さらば壬生村

今回はホテルの部屋で、あれこれ仕事をしながら見ていたので、
あまりきちんとした感想は書けそうにありません。
内容も、どちらかといえば通過点という感じで、今後への伏線が多かったですね。

そんな中で、今回も突っ込みたい部分がイッパイ!

まず、捨助の行き当たりばったり剣法に「できる…」などと言ってしまう斎藤さん。
あなたほどの剣の使い手なら、捨助の技量くらい見抜けるでしょう?^^;
いや、へなちょこだと思っていた捨助が、実は「できる」って事もありうるか…な???
キャラが、微妙に変わってきてる気がします。
試衛館の面々に染まってきてしまったような…。

それから桂さんですけど。
せっかくうどん屋に化けていたのなら、話もうどん屋の屋台でするべきです!
あんなふうに表に出てきて長々話していたら、見つかって当たり前じゃないですか。
しかも、あんな重要な話を大声で(?)ベラベラと!!!

そして近藤局長。
今回のお幸さんへの対応の仕方は、ちょっと納得できません。
武田たちが、連れてきてくださいよと言ったからって、
土方さんや沖田くんまで「お披露目しちゃえば」と言ったからって、
なぜこんなときばかり素直に迎えに行くのです。
お幸さんは見世物じゃないんですよ。
たとえ彼女が本妻だったとしても、屯所にまで連れて行って紹介する必要はないでしょう?
そりゃあ、深雪太夫のときは「そういうお仕事」だったから、呼ばれれば来たでしょうけれど、
今はもうただの一人の女性になったのですから、局長が守らなくてどうするんですか~!
お幸さんもやんわりと諭していましたけれど、内心ショックだったんじゃないかな…。
更に近藤さんは、お幸さんの妹を監察方に探させると言っていましたね。
それも、「自分のためだ」と言って。
自分のためだろうとお幸さんのためだろうと、監察方を使って探すということは、
はっきり言って公私混同ではないですか。
そのあたり、私としてはちょっと不満…。
でもそれもこのドラマの近藤さんらしい気もするし、
お幸さんがとても聡い女性だということは頷けました。
あ、このシーンのメガネノオカッパこと観柳斎。
隊士が宴会しているところへやってきて、「斉藤君、盛り上がってるね~」と声掛け。
あのー、斉藤君は一人で飲んでいて、盛り上がってないんですけど(^_^;)

源さんの「井上源三郎、嘘をつきました」は、前回の「恋をしました」と対ですね。
周平君を思ってつく嘘。
ありきたりの方法だけれど、源さんらしい暖かさに溢れてました。
そんなやり取りを、笑って見ている左之助。
彼もいつか新選組を離れる日が来る。
少しずつひびが入っていくのを見るのは辛いですね。

最後に沖田くんとひでちゃん。
実在の人物秀次郎をあえて女にした意図が、最後の最後に納得できました。
こうやることで、京都で暮らしていたんだよというのを見せたのでしょう。
新選組の隊士は、市中を見回って浪人を斬っていただけではなく、
普段は普通の青年として、普通に京の中で暮らしていたんだよ…と。
もしかしたら、初めのころ騒がれたように、
秀次郎を残し、架空の娘として登場させてもよかったのかもしれません。
そのあたりは、史実もよくわからないので、なんとも言えませんが。
ただ、ちょっとひでちゃんがかわいそうだったな。
沖田くんは、本当はひでちゃんのことどう思っていたんだろう。
好きだけどそうとは言えないのか、友達以上だけど恋人とは見てなかったのか。
初めからわりとそっけないところがあったし、病気のことを考慮しても、
一人でアピールしてたひでちゃんが哀れでした。
このまま本当にお別れなのかな…。

桜の咲く頃は、出会いと別れの季節ですね。
[ 2004/09/09 21:54 ] 新選組! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。