「警官の血」 佐々木譲 著

昨年の「直木賞」候補になり、「このミステリーがすごい!」で1位を獲得した本書。

警官の血 上巻警官の血 上巻
(2007/09/26)
佐々木 譲

商品詳細を見る


上下巻、一気に読んでしまいました。
久しぶりに読むミステリーだったのですが、この作品はミステリーというよりも、
社会派の小説にミステリー要素が加えられたものと思います。
作品は3部構成になっていて、それぞれ祖父、父、子を主役としています。
彼らは三代続いた警察官の一族。
しかしいわゆるキャリアの部類ではなく、ノンキャリアで、そう裕福でもなく、
一般市民と同じ様に悩みもがきながら生きていく警察官です。
戦後間もない頃から現代にかけて、それぞれの時代に実際に起こった事件を交えながら、
「警察官とは何か?」
「警察官の職務とは?」
「罪とは?」
そういったことを、問いかけていきます。
祖父と父は二代続けて谷中・天王寺の駐在所に勤務しますから、
この辺りに土地勘のある人にとっては、それだけでも面白い作品でしょうし、
戊辰戦争、関東大震災、東京の空襲でも無事だった天王寺五重塔が炎上した事件や、
全共闘の時代、「大菩薩峠事件」を扱った部分はとにかく読み応えがあり、
当時を知らない私でも、事件が生々しく蘇る……という感覚になりました。
祖父の死の真相を解く、という点がミステリーとなっているわけですが、
これに関してはそれほど重要な要素ではありません。
謎解きというほどのものでもありません。
それよりは、その時代時代で警察官にも生き方があり、悩みと苦しみがあり、
その中で精一杯生きていたということのほうがずっと響いてきます。
理想の警察官、清廉潔白な警察官などいない。
「警察官も人間なのだ」ということが、ページを繰るごとに伝わってきます。
最後に希望は残されますが、哀しい物語でもありました。

4 Comments

スナッチャー  

警官の血

カタリーナさんこんばんは。

最近警察小説にハマってまして・・

「警官の血」も、お正月に一気読みでした。
佐々木譲の本ホント面白いですね。
大河ドラマ風警察小説っていうか・・

>共闘の時代、「大菩薩峠事件」を扱った部分はとにか
>く読み応えがあり、

ホント、第二部は、特に緊迫感がありましたね。
それにしても、潜伏捜査で神経を侵される感じが
痛ましかったです。

2008/04/08 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

Aki_1031  

カタリーナさんっ!
私もこの本、すっごく気になっていました~。
カテゴリー的には、一応フィクションなんですよね…?
でも時間軸に沿ってリアルに描かれているということなんでしょうか。

上下巻かぁ…。
読み始めたらきっと一気読みになってしまうんでしょうね。
それこそ寝不足覚悟で(笑)。
もう一つの一気読み覚悟小説「チーム・バチスタ~」も
まだ覚悟が決まらず腰が上げられません(←ヘタレな私・笑)。
うーん、警察とバチスタ、どちらを先に読むか。
いずれにしろ、寝られなさそうです…嗚呼っ!(泣笑)

2008/04/09 (Wed) 13:10 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■スナッチャーさん

この作品、実はスナッチャーさんの直木賞候補紹介を見て興味を持ったのです。
すぐに図書館で予約したんですが、なかなか回ってこなくて。
仰るように第二部は非常に重く、
読んでいて胸に何かがのしかかるような重圧を感じ、
胸に響くという意味で、辛い作品ではありました。
素敵な本を教えてくださりありがとうございます。
これからも種々のレビューを楽しみにしています!

2008/04/10 (Thu) 00:51 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

実際に起きた事件を取り入れてはいますが、フィクションですよー。
でもミステリーと思って読まないほうがいいかと思います。
私は図書館で借りたんですけど、
上巻を読み終わってから下巻が来るまで3日あり、その3日がかなり辛かった!
しかもAkiさんの予想通り、寝不足になりましたー。(苦笑
「チーム・バチスタ」、私も気になってます!
ただ内容は面白いが文章が……という密林の批評がひっかかって、
手を出さずじまいになっています。
とりあえず本屋で立ち読みしてみてから考えようかと。(苦笑
その点では、「警官の血」は文句なくオススメできます!
おまけに購入したまま積んである本もいっぱい……。
1日24時間じゃ足りなーい!

2008/04/10 (Thu) 01:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment