あれは偶然です。

先日のテレ朝「徳川家康と三人の女」、やっと視聴しました。
考えたら1月からの連ドラ、1個も見ていません。
大河の「篤姫」も3回くらいしか見てない……。
ということで、かなり久しぶりにテレビドラマを見たんですが、
それもこれも、「景勝さまが出るかも?」という淡~~~い期待があったからです。(苦笑
結論から言うと、名前は出たけど本人は出なかった。
いや、出たけどその他大勢に混じっていてどれだかわかんなかったです。(爆

今回はドラマの感想を述べたいわけではなく、
ドラマであの「関ヶ原」があっさり片付いてしまったのを見て、思い出したことがあったのです。
それは、私、1ヶ月以上も前に「上杉謙信と直江兼続」という講演会に行ったんだった!

あれは某会が主催した講演会で、上杉関係では有名な某大教授がお話くださったんですが、
まず最初に講演の全体像を述べられたとき、
「本当は上杉謙信と上杉景勝でもよかったんですが、
大河のこともありますし、今回は直江兼続とすることにしました」
と言われたので、「だったら景勝さまのが……」とかコッソリ思っていたら、

「上杉景勝の歴史は直江兼続の歴史であり、
直江兼続の歴史は上杉景勝の歴史ですから」


と、爆弾(?)発言。
最初の2分で、私、撃沈してしまいました。(爆
上杉景勝と直江兼続は水魚の交わりだったとかっていう表現はよく目にしますけど、
この言葉は強烈でしたよ!!!
水魚どころじゃなく、人生二人三脚でかぶっちゃってるんですよ!!!
まさにその通りであるだけに、1人で萌えてしまいました……。

ということで、しばらくボーっとしながら(笑)謙信叔父さんについてのお話を聞きましたが、
謙信に時間をかけすぎたのか、兼続のほうが駆け足状態になってしまったのが残念。
流れとしては、ほとんどはよく知られた事柄だったのですが、
合間合間に、格が上がると文書の形式が変わるとか、
上杉の味方になったり離反したりを繰り返した北条(きたじょう)氏は、
大国にはさまれた小勢力であり、しかも最前線における自立した領主としては、
生き延びるための当然の行動をしているだけで、今で言う裏切りには当たらないとか、
上杉家の会津への移封は栄転だったとか、
直江兼続が徳川重臣・本多正信と懇意にしていたのは、上杉家のための「保険」だったとか、
非常に充実したレジュメに従って、興味深いお話も伺えました。
そんな中で「おお!」と思ったネタが関ヶ原の話。
実際は、講演終了後に男性が個人的に質問しているのをそばで聞いていたのですが、
実はこれが一番面白かった!!!
男性が尋ねたことは以下の通り。

関が原の合戦は、家康を討つために、直江兼続と石田三成が共謀した結果とか、
石田三成を討つために、家康があえて上杉討伐に向かって起こったとか言われていますが、
そのあたりの真相はどうなんですか?」

おお、みんなが興味を持っている事柄をズバリ質問してきましたね!
それに対する教授の答え。

「ああ、それは今ではもう古い考えですね。
まず兼続と三成が共謀したという証拠はありませんし、
実際そういう事実はなかったと見られています。
それから家康が三成を討つためにという話に関してですが、
あの時点でね、三成を討つ必要性はないんですよ。
家康の敵は豊臣秀頼であって、家臣の三成を討ったってしょうがないじゃないですか。
家康は本気で上杉を征伐するために会津へ出かけたんですよ。
そこへ三成が、『今なら僕が天下を取れるかも?』って、兵を挙げただけで、
関ヶ原は共謀でも策略でもなんでもない、偶然の結果です」

えええー。偶然なの? 偶然の結果なの?
そう思っているところへ教授が続けます。

「いくらなんでもね、人はそこまで先は読めないですよ。
今は大方こういう見方にまとまっているので、
これからの小説やドラマは、かなりひねったものにしてもらわないとね(笑

教授はドラマや小説といった創作物にはとても寛容な方らしく、
ドラマなんだから面白くないとってしきりに仰ってました。
それにしても関ヶ原を偶然の一言で片付けられるとは……。
確かにそのほうが現実的な気はしますけど。
うーん、ちょっと関ヶ原の考察本でも読んでみようかと思います。

4 Comments

びびんば  

ええ話や~

その話、最初の2分の爆弾発言を聞きに行くだけでも勝ちがありましたな!(笑)
私も行きたかった・・・・TT
でも、まさにおっしゃると~り!!!
あの二人だからこそ、色々と乗り切れたのだと、いろんな歴史を綴っていけたのだと思います^^

まあ、歴史とは、偶然の連続ではありますがね・・・・^^;;;

2008/03/18 (Tue) 21:46 | REPLY |   

カタリーナ  

■びびんばさん

おいでいただきたかった……。
実は参加者が60代以上の男性ばかりで、
私、かなり場違いな感じだったんです><
せめて、同志が1人でもいてくれれば、あれこれ質問もできたのに!
冒頭の爆弾発言は非常に強い殺傷能力を持っていました。(苦笑
しかし、上杉主従を表現するには、もはやこれ以上の言葉はありません!

2008/03/18 (Tue) 23:27 | EDIT | REPLY |   

Aki_1031  

爆弾発言!

破壊力抜群の爆弾発言だったみたいですね~。
一心同体!とはまさにこの事!みたいな(笑)。
なんだかイロんな意味で来年の大河が楽しみになってきました。ぷぷっ。
その際は、カタリーナさんに是非熱いトークを
ご教授頂きたいと存じますvv

ところで…天下の関ヶ原の合戦って、偶然だったの…?(滝汗)
や、関ヶ原合戦に行き着くまでの過程を
あまり分かっていないので(戦国オンチな私…汗)、
そこら辺の詳細も合わせて次回ウザトークして下さいませ♪
聞く気マンマンですので~。

2008/03/19 (Wed) 13:43 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん

もう本当に瞬殺って感じでしたよ。(苦笑
多分、これからは上杉ネタが消えることはないように思います。
だって、忠臣蔵やら戊辰戦争やら、いろいろ関係してるんだもの!
その際は、ボチボチお付き合いいただけたら嬉しいです。
私も関ヶ原には全く詳しくないのでこれから勉強と思ってるんですが、
私としては関ヶ原ってメインの合戦だと思ってたんですよね。
でもその教授の話から考えると、メインはあくまで徳川家康vs上杉景勝で、
そこに石田三成が便乗した……ということになってしまいます。
わかりやすくお話できるように、次回お会いするまでに勉強しておきます!
って、多分一晩じゃ足りない気が。(爆

2008/03/21 (Fri) 19:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment