カラオケでやせる?

ちょっと前に、第一興商さんが、
歌って消費できる「消費カロリーの高いカラオケ楽曲」
というのを発表してくれました。
4月から医療制度改革で、メタボリック・シンドロームにも焦点が当たるようになるそうですが、
その対象年齢である40歳以上から、60歳代までを調査し、
『実際にカラオケでよく歌われる上位100位の消費カロリー標準値を割り出し、
標準値の高い上位30位をランキング化した』

とのこと。
1位から10位までを抜き出してみると(末尾の数字の単位はKcal)、

1 : 「桜」 コブクロ  18.7
1 : 「未来予想図II 」DREAMS COME TRUE  18.7
3 : 「蕾(つぼみ)」 コブクロ  18.0
3 : 「ここにしか咲かない花」 コブクロ  18.0
5 : 「長い夜 」松山千春  17.9
6 : 「魂のルフラン」 高橋洋子  16.4
7 : 「雪の華 」中島美嘉  16.1
8 : 「夢の途中(セーラー服と機関銃)」 来生たかお  15.4
9 : 「時代 」 中島みゆき 16.1
10 : 「恋におちて」 小林明子  15.2


と、コブクロ大健闘!
因みに消費カロリー1位の18.7Kcalは、チョコレート1個分のカロリーで、
散歩10分で消費されるカロリーだとか。
ニュースでも指摘されてましたが、バラード熱唱系のほうが消費カロリーが高いんですね。
(詳しい記事はこちら)

実は私はカラオケに行ったことが生まれてこのかた1度しかなく、
しかも歌える歌がなくって聞く一方だったので、カラオケ未経験者と言えます。
そんな自分がストレス発散に歌を歌う場所はもっぱら車の中なので、
対向車線をやってくる人たちにとっては、
「あいつは何を1人でしゃべってるんだ」って感じかもしれませんが、
まあ大口開けてはいないのでそこは許してもらうとして(苦笑)、
そんな自分が歌ってみて思うのですが、ロックなどのアップテンポな曲よりも、
スローなほうが圧倒的に肺活量が必要ってことですね。
ロックでもバラードでも声量は同じだけ必要と考えた場合、
アップテンポで短いシークエンスで息継ぎができるものよりも、
スローで長く息を保たなくてはいけないほうが、ずっと力がいると感じます。
実際はどうなのかわかんないけど、私の感覚ではそうです。
これってこのランキングと合ってるような気もするんですけど、どうでしょう。

私、しゃべる声は高いと言われます。
歌う声はそう高くないと思ってるし、低めの歌のほうが歌いやすいです。
でも自分で感じてる声と人に聞こえている声は違うので、本当はどうなんだろう。
自分が歌った声がマイクを通されたらどうなるのかなあ。
ものすごく高いのか、低いのか、ちょっと怖くて想像したくありません。(苦笑

2 Comments

スナッチャー  

へ~~

おはようございます。

ベストテンの中に、わたしの十八番が
8~10まで入ってます。(古~~~)

でも、上手に歌えないはずだと納得
消費カロリーが高いのね!!
途中で息切れし・・・(笑)

ここのところ
カラオケご無沙汰でしたが
また行こうかな?

2008/03/07 (Fri) 08:44 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■スナッチャーさん

お返事遅くなってスミマセン。
やっぱり長く息を保たなくちゃいけない曲は、
歌うのも難しいですよね。
それがイコール消費カロリーに繋がるのかな。
今ふと思いましたけど、カラオケで歌ったら点数じゃなく、
消費カロリーが表示されたらいいと思いませんか?
ジムみたいに。

2008/03/10 (Mon) 19:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment