Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

天と地と 

テレ朝の「天と地と」、せっかく見たのでサラッと感想でも。

角川映画版があまりにひどかったので、今回は脚本がジェームス三木だし、
結構楽しみにしていたんですが、それがアダとなったかのような2時間半……。
番宣見たときに、ちらっと嫌な予感はしたんですけれどね……。(苦笑
海音寺潮五郎の原作を読んでいないということを前提で書きますが、
謙信がいやに力んでいる感じで、謙信に見えないところが私には難点でした。
多分原作の人物像は、これまでの神がかり的な、宗教色の濃い、
あるいは神秘的でカリスマ性のある謙信ではなく、
人間らしい迷いも欲もあって、その中で己を確立していく若者・謙信なんだろうと思います。
でも上杉謙信という武将は、それだけじゃないはず。
だからこそ、神がかり的な面やカリスマ性を謳われるわけじゃないですか。
じゃあその人間らしい若者像に何をプラスしたら謙信になるのか、
今作にはそこのところが足りなかったように思うんですよね。
それが何なのかは、原作読んでないだけにつかめないんですけど。
脚本としても、2時間半に収めなければいけない以上、
描ききれない部分があるのは仕方ないんですが……。
松岡くんは熱演していたと思いますが、それが力んでいるように見えてしまったのかな。
上杉謙信という人物は、演じるのが難しい武将なのかもしれません。

ストーリーは映画版よりははるかに意味がわかるようになってました。
訳わかんないうちに宇佐美様が殺されたりしないし。(苦笑
ただ、2時間半じゃやっぱり物語はダイジェストになっちゃうので、
「セリフで説明、以上!」なこともあって、「え? だからなぜ?」みたいなのもあったのに、
それなのに乃美(なみ)さんとのプラトニックラブのシーンが無駄に長かったり、
松岡くんのショットがやたら多かったり、演出ももうちょっと……とも思いました。
そこをもう少し端折って、物語を書き込んで欲しかったよ!

なんてごちゃごちゃ思ってたんですけど、ラストですべて吹き飛びました。
川中島の合戦で謙信と信玄が一騎打ちするのは、もはやドラマのお約束ですが、
謙信の一太刀で軍配を割られ、しかも太刀まで飛ばされちゃう信玄公。
このありえない展開に、「一体どうなるの!?」と、2時間半中で初めて見入った私。(爆
丸腰になった信玄は観念して首を差し出しますが、そこで謙信かっこよく、

「また会おうぞ!」

と、去っていく……。

ええええええええええ!?
ここまで来て何で首取らないの? アンタ、何しに来たん!?
家臣が死に物狂いで戦ってるのに!
わかんないよ、わかんないよ、海音寺潮五郎さん、教えてください……。
しかも謙信、白馬で戦場を駆け抜けて、小高い丘から空なんか眺めちゃってる。
まだ家臣たちが戦ってるのに!

「何爽やかに空なんか眺めてるんだよ!(怒」

と、最後の最後にムンクの叫びのような形相になった私でした。
これで、これまでのすべてが破壊された気が……。(涙

気を取り直して。
個人的なツボは、まず管領サマ(上杉憲政)の吹越満さん。
大河「風林火山」の左團次さんもすごくよかったんですが、
吹越さんの管領サマもなかなかピッタリで、威張ってるわりにはないがしろにされてる感が、
よりいっそう哀れを醸し出していました。
毘沙門天の北大路欣也さんは……必要あったんでしょうか。
というか、謙信の心が女の方に揺れたときだけ出てきてお説教するんですよね。
それって……。いや、コスプレは面白かったけど。(苦笑
そして長尾政景(景勝さまのパパ)の渡辺いっけいさん!
作中では描かれてませんが、この政景だったら、
謙信に下ったあとは忠節を尽くして働くものの、
でもやっぱりどこかで謙信も完璧に信用しきれない手ごわさが見え隠れしそうで、
これは私のイメージにドンピシャでした。
政景といえば景勝さま、めでたく名前だけですが登場!
ここでは景勝後継者説をとってるんですね。

やー、サラッとのつもりが思いっきり長文になってしまった。
ダメだな、上杉となるとどうしても熱くなってしまう自分がいます。(苦笑
[ 2008/01/07 23:38 ] 時代劇 | TB(1) | CM(2)
ちゃんと「お約束」の一騎打ちにしていますよ~^^
ジェームス三木が変えちゃったのか、朝日が変えたのか・・・その辺は分かりませぬが・・・・

ドラマの質を考えずに発言すると・・・・
原作の謙信はあんな感じでした^^
潔癖な心と世俗の様子に葛藤する謙信青年を「原作通り」ほぼ再現出来たんじゃないかな~と思います^^
出来ることなら、昔にやった大河ドラマの「天と地と」を見てみたいものですが・・・^^;

景勝パパは、第4次川中島の時は春日山城にいたはず・・・--;
原作でも戦闘シーンには出てきません(汗)
明らかに「景勝を養子にした」と言うことを強調したかっただけのシーンのようでしたね!^^

あ、第4次川中島の上杉側の旗について教えて頂き、ありがとうございました!m(_ _)m
あえて、上杉家の旗は用意しなかったのでしょうかね~@制作サイドは(爆)

原作の信玄は、あんな情けない男ではなかった・・・・(泣)
[ 2008/01/08 20:33 ] [ 編集 ]
あのラストは、やはりドラマ化のための改変だったんですね。
それを聞いてホッとしました。(笑
謙信は原作通りといった感じだったのですね。
松岡くんがどうというのではないんですけど、
ここで謙信ではなく、別な武将の名前を呼ばれても違和感ないな、
なんて思ってしまったもので(苦笑
逆に信玄はあんなヘタレではないそうで。それもホッとしました。(笑
諏訪御寮人が重篤だと言って、「姫しゃま~~~ぁ」(誰のセリフだ)と帰ってしまった信玄に、
ワタクシ呆然としたんですけれど、ここは原作通りだったのかしらん。

>景勝パパは、第4次川中島の時は春日山城にいたはず・・・--;
ああ、そうですよね。政景はいつもお留守番ですもんね。(苦笑
ここで敢えて「景勝を養子に」(つまり跡継ぎにってことですよね)と遺言するというのも、
唐突というか、これもまた来年の大河を意識してるのかと穿った見方もしてしまいました。(苦笑
[ 2008/01/09 23:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/674-2f2e3e90

正直、最初から高いレベルを求めていませんでした (少なくても「風林火山」以上のものは望めまい!と思っていました) 最初の印象は・・・・「ごつい謙信だな~」と思いましたが (お馬さんが黒かったせいもあるか知らん?) 松岡君の謙信・・・私の中では比...
[2008/01/08 20:36] 己鏡(おのれかがみ)