Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

しゃばけ【TV】  

に、にき……佐助ーーーーーー!!!

うわーん、佐助(高杉亘)に惚れちまったよ!
強面だけど想いは人一倍な佐助。
原作どおり、袂に付文がワンサカ入っていそうな色男の仁吉(谷原章介)。
この2人の手代は、全く対照的ですね。
佐助はわりと単純そうだけれど、妖としてのプライドが高そうな仁吉は、
甘い顔してキツイことを言ったりして一筋縄ではいかなそう。
いやはやこの手代コンビ、最高です!
主人公は若旦那の一太郎(手越祐也)であるわけだけれども、個人的には、

佐助と仁吉の手代ズがいれば満足です

な、ドラマでした。(一応褒めてます・笑
CGで再現する江戸の町並みというのが少々不安でしたが、
うちのテレビでは非常に綺麗に見えました。
特筆すべきは、白沢・犬神の妖が江戸の夜空を駆け抜け、
地に降り立ったら仁吉と佐助になるという一連のシーン。
かっこいいーーーーーー。
だけど手代ズが変身するのはこのシーンだけなんだよな。もったいない。
お話は「しゃばけ」を本筋に、「ぬしさまへ」を肉付けに使ったというところですね。
原作の端折り方も悪くなかったし、ラストはちょっとくさかったけど、
まあドラマ的にはあんな展開になるのかな。
ただ騙して見合いをさせるという父上のエピソードはいただけません。
一太郎の父上は、さすがにそんなことはしないキャラだと思いますけどねえ。
母上がすんごい元気ハツラツだったのにもちょっとビックリ。
私のイメージでは、一太郎はお母さん似で、母上はもっとゆったりした感じだったんですが、
妖怪の娘という意味では、あれはあれでいいのかもなー。
今回は第一弾ということもあってか、顔見せ的な面もあったように思います。
今後それぞれの人物がもう少し深く描かれるようになると、面白くなりそうですね。
鳴家はなんで原作挿絵のようにならなかったんだろうと思ってましたが、
エンドロールで踊る姿はめちゃ可愛かったよ!
あーあ、うちにも白沢と犬神が棲んでないかなー。(苦笑
[ 2007/11/26 22:26 ] 時代劇 | TB(0) | CM(2)
カタリーナさんったら(笑)
>うわーん、佐助(高杉亘)に惚れちまったよ!
思わず笑ってしまったじゃないですかー。
や、確かにあの佐助は格好可愛くって惚れちまうわ~。
でもまさかタニショーラブのカタリーナさんが…!(驚)
もう兄や2人だけで2時間でも、全然いけますよね~♪(←褒めてます・笑)
あとは佐助のオモチャとして屏風のぞきがいれば(爆)。

個人的には栄吉が気弱すぎる感じがしました。
もう少しお兄ちゃんでやんちゃな感じが欲しかったなー。
[ 2007/11/27 12:54 ] [ 編集 ]
■Akiさん
まさかなんですけどね、佐助のほうに惚れちゃいました。(笑
谷原先生ももちろんとっても素敵で眼福でしたが、
やっぱり梁をふっ飛ばしながら坊ちゃんのところに駆けつける佐助は、
どうにも見逃せません!
仁吉は妖の姿でもカッコイイですよねー。(CGだけど・爆
栄吉は同感です。
私は菓子屋の息子だし、雰囲気的にマルコメみたいな(苦笑)、
もうちょっとふっくらした感じを想像していたんですよね~。
どっちかっていうと、一太郎の方がお兄ちゃんって感じでしたよね。
[ 2007/11/27 22:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する