「殿といっしょ 1 」 大羽快 著

ここんところずーっと何かのレビューばっかり書いてますが、
風邪がいっこうに抜けないので、頭の中がモノを考えるレベルにありません。

殿といっしょ1 (MFコミックス)殿といっしょ1 (MFコミックス)
(2007/09/22)
大羽快

商品詳細を見る


別な本を探してあるサイトを訪問したところ、
たまたま紹介されていたのがこの本だったのですが、
今年の9月末に発売されたばかりだというのに、すでに入手不可能になってるんだそうですね。
ウチは田舎のせいか、フツーに本屋にありました。
田舎バンザイ!!!
もともと初版の発行部数が少なかったらしいので、もしかしたら増刷されるんじゃないでしょうか。

で、肝心の中身ですけれども、戦国武将をネタにした4コマギャグマンガです。
正直に言って、ギャグのレベルはあまり高くありません。(苦笑
ただ、武将たちのカリカチュア具合と、史実ネタの組み合わせがいいので、
戦国ファンであれば、爆笑ならぬ苦笑しながら読み進めてしまうことでしょう。
焼き討ち好きな信長、オカン気質な謙信、誇大妄想に苦しむ浅井長政、
お笑いマニアの秀吉、何かと謙信が気になる信玄、
チームワークバツグンな島津四兄弟、 ダメ息子に悩む義元、
恐妻・小松姫に怯える真田信幸、ダメ出しがしつこいインテリ兼続、

そして何といっても眼帯マニアな伊達政宗
私としては、これでもかっていうほど出てくる眼帯ネタよりも(作者は政宗ファン?)、
前立ての三日月をブーメランにする方に激しく共感しました。
だって私が初めて「前立て」というものに注目したのが政宗のブーメランで、
同じ事を考えたことがあるものですから。(苦笑
基本的に、全員ダメキャラです。だから可愛いというのもありますね。
私は意外に信玄が気に入ってます。あの頭の丸みとキャラがなんか……ツボ。(笑
絵はキレイなのですが、4コマという小さい枠の中では、ちょっとクドイかもしれません。

「月刊コミックフラッパー」に連載中だそうですし、「殿といっしょ  」とあるので、
もう何年かしたらが出るんだと思いますが、
それまでにはいくらかギャグのレベルUPをお願いしたいところです。
うーんそうだな、トイレでパラッとめくるっていうのがピッタリかも。(どういう勧め方だ・笑
手に入らないけど読みたいよ~というお友達、お貸ししますよ~。
あ、因みに私はトイレでは読んでませんので。(爆

0 Comments

Leave a comment