「風林火山」 #44 信玄暗殺

平蔵~~~~~~~~~!!!
勘助は「寿桂尼めぇぇ」と叫んでおりましたが、私は「平蔵ーっ!」と言わずにいられません。

「おぬしは何をしたいんじゃ(怒」

ミツを失った恨みを胸に、武田を討つべくその機会を探っている平蔵ですが、
その覚悟があるのかないのか、どうも言ってることと行動がちぐはぐです。
軍師になりたい、軍学を授けて欲しいと平蔵は宇佐美様の元を訪れたわけですが、
結果、自身が全く策士に向いていないことを証明することになってしまいました。
諏訪家の遺臣と偽って寿桂尼様と対面した平蔵、策だということがばれるのが怖いのか、
あるいは大大名・今川家に上がって緊張しているのかわかりませんが、
ビクビクしすぎていて、見ているこっちが不安になります。
あんなにおどおどした平蔵を見て、寿桂尼様がちっとも怪しまなかったことが不思議なくらい。
しかも甲斐に向かう長笈(寅王丸)に「独り者か?」と尋ねられて、
「他国に妻子を残してきております」と言ってしまうバカ正直さ。
策を完遂するのであれば、「独り者だ」と言って長笈に同行し、
手を貸すか否かは別としても、最後まで事を見届けるのが彼の役目であったはず。
他人に暗殺を唆しておきながら、その実そのことをためらってしまう平蔵は、
策士であるにはあまりにも優しすぎ、かつ甘すぎます。
そのあたりは、妻のヒサの方がよくわかっているようです。
おまけに己が可愛いのか、「帰れ」という長笈に、「いやわしも行く」とは食い下がらない。
最終的には気になって後を追っていくわけですが、またそこで失態を繰り返す。
伝兵衛兄やんたちに見つかってしまった平蔵は、長笈を信玄の元へ連れてきたのは、
「寿桂尼に言われてのこと」とあっさり(多分)白状してしまう。
さすがに本当の黒幕宇佐美様のことは漏らさなかったようですが、
「功名が辻」の山内康豊(@玉木宏)の公家の変装以上に怪しすぎる山伏の扮装は、
いかにも「疑ってくれ」といわんばかりで、これでは策士以前の問題じゃないでしょうか。
宇佐美様としては、信玄が斃れれば儲けもの程度の策略だったのでしょうから、
武田と今川の間に亀裂が入ったということを考えれば、策は半ば成功。
その意味では、平蔵も役目を果たしたということになるのかもしれません。
とはいえ、事の経過を見れば、平蔵の不甲斐なさは目に余るものがあります。
一矢報いんと気骨あるところを見せた長笈でしたが、
意に反して三条夫人の侍女萩乃を刺してしまう。
その前に三条夫人と武田に嫁いだ日々を振り返るシーンがあっただけに、
嫡男義信を庇っての萩乃の死は、より寂しいものになりましたし、
長笈の無念さをいっそう引き立てるものともなりました。
そして、平蔵のへたれっぷりも強調されることに……。

ここまでくると平蔵という男は、哀れの一言しかなくなってきます。
武田を討ちたい、武士になりたい、軍師になりたい……。
けれど彼はそのどれもを中途半端にしかこなせていないのです。
彼の身分からしたら考えられないほどのチャンスに恵まれているにもかかわらず。
平蔵は平蔵で悩んでいるかもしれないけれど、こっちはこっちで、
「結局、おぬしはどうしたいんじゃ!」と言いたくなってしまうというか、
いったい平蔵は<何のために>こうして最後まで引っ張ってきたキャラなのかと、
話の筋とは別な方面に考えを巡らせたくなってしまいます。
当初は勘助を殺すのは平蔵かと思っていましたが、この調子だと二の足踏みそうだし、
万が一そういう展開だったとしても、なんか納得いかないだろうな!
そんなわけで、今回はちょっぴり後味の悪いエピソードでした。
そうこうしているうちに、義元坊ちゃんがとうとう来週…………ううう、桶狭間。

2 Comments

Aki_1031  

私も平蔵には何がしたいん?と、
画面に向かってツッコミを入れてしまいましたよ(笑)。
寅王丸、チビッコの時にはあ~んなにくりくりお目目で
超可愛かったのになぜーーー?!というツッコミも
同時に入れてしまいましたが(苦笑)。

ガックンが高年齢の女性に大人気だそうですねー。
ま、分かる気もします。あのミステリアスな部分とか(笑)。
いよいよ桶狭間ですね…。
次回予告で、皆が皆「桶狭間」を連発する場面を見て
んもぅ分かったよっ!とここでもツッコミを入れてしまいました(笑)。

2007/11/06 (Tue) 11:45 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん
ホント、寅王丸の変身ぶりもビックリでしたが(苦笑)、
やはり平蔵というキャラは一体どういう役回りなのかと、
ちょっと考えてしまいます。
最終回には見事なオチを期待したいところです!
GacktはあのNHKが写真集出すくらいですからね~。
年配の方々には、あの怪しげな雰囲気が新鮮な魅力だったようで。
や、分かりますね。今年の紅白も有望かもしれません。

>次回予告で、皆が皆「桶狭間」を連発する場面
あれはホントしつこかった。(苦笑
でも私は、「組!」でみんなが「近藤勇」と連呼したのも思い出しましたよ~!

2007/11/08 (Thu) 00:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  大河ドラマ“風林火山”第44回 「信玄暗殺」
  • NHK大河ドラマ “風林火山”。今週のOAは、第43回 「信玄暗殺」。長尾家重臣・宇佐美定満は、矢崎平蔵に対し駿河へ行くことを命じる。宇佐美は、平蔵に打倒武田の策略を伝えた・・・ それは、駿河・今川家に保護されている、諏訪家の遺児・寅王丸を利用することであった
  • 2007.11.08 (Thu) 15:43 | ビープロ with 遠州森町