スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「精霊の守り人」 上橋菜穂子 著

巷で話題になっている本作を読んでみました!
因みにアニメの方は見ておりません。

精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)精霊の守り人 (新潮文庫 う 18-2)
(2007/03)
上橋 菜穂子

商品詳細を見る


女用心棒のバルサは、通りがかりに第二皇子チャグムを救う。
それが縁となってバルサは、
父である帝から命を狙われている皇子を守るため、
彼を連れて逃亡の旅に出る……。


物語は、建国の伝説にまつわる秘密を解きつつ、
皇子チャグムを狙う帝の刺客、そして魔物と戦いながら進んでいきます。
作者が文化人類学者ということもあって、異世界ファンタジーというより、
実際に存在する国の民俗学的な趣があり、
いわゆるファンタジーの王道・貴種流離譚の側面を持ちながらも、
少々とっつきにくい印象を受けました。
もちろん、面白くないわけではないんです。
ただ本作はシリーズ第1弾ということもあってか、いかんせん説明が多い。
そしてクライマックスに至るまでの「登り坂」の部分がスリルに欠けるため、
終盤にさしかかるまで話に乗り切れず、私としてはいささか物足りなく感じました。
ただ、この異世界の構築ぶりには目を瞠ります。
本当に民俗学のようで、普通の異世界ファンタジーとは全く違います。
おまけに主人公が30歳でおばさん呼ばわりされる(笑)、女用心棒。
武術に長け、満身創痍でサバサバしていて、この辺りも異色。
そしてこれこそが、この作品の最大の魅力でもあるのでしょう。
大人はこのバルサに、子供は皇子チャグムに視点を当てて読むんでしょうね。
作者が「子供のためだけに」物語を書くことはない、と言っているのも頷けます。
さて、以降の巻は、おそらくどんどん物語が進んで面白くなるのではと思います。
ちょうど来月からアニメも再放送になるようですし、私もここで挫折しないで(苦笑)、
次巻にも手を伸ばしてみようかなと思っています。

- 4 Comments

ユナ  

アニメは挫折しました・・・

 多分、全巻読まないと面白さは半分位しか分からないかもしれません・・・。この後の方が面白いので(私の勝手な意見かもしれないけれど・・・)ぜひ最後まで読んでください。あっでも、面白さって個人差がありますものね。
 私は、この物語は架空の国に姿を借りているものの、描きたいのは現代の事象だと思います。寓意じゃないけどファンタジ-に仮託しているというか・・・。話すと長くなりそうなのでこの辺でやめます・・・。

2007/10/06 (Sat) 21:46 | REPLY |   

カタリーナ  

■ユナさん
>全巻読まないと面白さは半分位しか分からないかも
ああ、やっぱり!
そう思いましたよ。多分先に進むほど面白いんだろうなと。
構築されている世界があまりに深いので、
ちょっとやそっとじゃ全貌を引き出せないんでしょうね。
あらら、アニメは挫折されてたんですね?
いくつか感想を読んでみると結構評判がよかったので、
十二国記とどうかしらなんて思ってたんですけど、
そもそも違う媒体になるっていうだけで、別な作品ですもんね。
続きの巻も、頑張って読んでみますね♪

2007/10/07 (Sun) 00:19 | EDIT | REPLY |   

藍色  

チャグムが苦悩しながら成長していく姿にグッときました。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2010/09/03 (Fri) 00:13 | REPLY |   

カタリーナ  

■藍色さん

レスが遅くなり申し訳ありません。
お久しぶりですね。
トラバをありがとうございます。
結局私は続きを読んでおりませんが、
チャグムはどうなったのかちらと気になっています。

2010/09/14 (Tue) 22:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  精霊の守り人 上橋菜穂子
  • あちらの世界「ナユグ」からこちらの世界「サグ」を見守る精霊は、100年に一度だけこちらの世界の人に宿って新しく誕生するという。精霊...
  • 2010.09.02 (Thu) 23:38 | 粋な提案
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。