Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「風林火山」 #38 村上討伐 

馬場ちゃん活躍の巻。

板垣様フォーエバーな気持ちは今も変わらず持っていますけれども、
実はワタクシ、教来石改め馬場ちゃんこと、馬場信春が秘かにお気に入りでした。
ちょっと血の気が多いけど、真っ直ぐで、何事にも正面からぶつかっていく人。
一癖も二癖もある武田家臣団の中にあって、一番わかりやすくて、
且つ、一番信頼できる気がするんですよね。
巷で人気の小山田様と正反対、体育会系のノリも好きだし。
そもそも私が馬場ちゃんに惚れたのは、諏訪家に間者として入ったとき。(第15回)
しかしその馬場ちゃん(当時は教来石)、武田の間者とバレて捕まってしまいました。
それをお家の危機と察した勘助は、武田との関わりを否定するために、
「ここで成敗いたしまする」とかなんとか言って、馬場ちゃんに刃を向けます。
このときの馬場ちゃんの、「我が目を疑う……」が如き表情が、忘れられません。
あのシーンは本当に緊張して見ていましたが、勘助は本気でしたよね。
諏訪頼重が止めなかったら、勘助は馬場ちゃんを斬ったでしょう。
そんな勘助に馬場ちゃんだっていろいろ思うところはあっただろうけど、
だんだんと勘助を認めていったんでしょうね。
ただの猪突猛進とは違い、ちゃんと分別もある人なんだと思います。
このとき以来、馬場ちゃんファンなんですよ、私。
あ、私が馬場ちゃんに惚れたきっかけなんかどうでもいいか。(苦笑

さて今日の馬場ちゃん、村上討伐の作戦に少々不満を漏らしました。
「諜略だけでなく、敵の大将の首を取る戦の常道も必要だ」と。
しかも「生きながらえることが忠義と心得る者ばかりでは困る」と、
よりによって、おそらく最年長であろう諸角のおじいちゃんにズケズケと言ってしまいます。
これさ、絶対地雷踏んだよね。(笑  
もしかしたら川中島への伏線かもしれないけど。
しかしそんなことを気にする馬場ちゃんではありません。
言いたいことを言うだけ言って、「御免!」と立ち去ってしまう。
ああ、そんな馬場ちゃんが大好きだよ。(笑
だけどあの間、馬場ちゃんたら何食べてたのかな? あの袋の中は豆?
ありえないけど、金平糖だったら可愛いなーとか妄想してました。(苦笑

次なる馬場ちゃん活躍の場は、「村上の首は、我らが討ち取るのじゃぁぁぁぁ!」のシーン。
なんかもうさ、「いいよいいよ、行っちゃって!」な気分。(苦笑
しかしそんな馬場ちゃんの前に現れたのが、村上義清の奥方ご一行。
「オナゴは討ち取らん」と言う馬場ちゃんの制止も聞かず、
奥方に続いて侍女たちも自害してしまう。
私、ここでヒサも死ぬんだと思ってたんですよ。
奥方の盾になって死ぬか、奥方の後を追って死ぬか。
それによって平蔵が益々武田への憎しみを募らせ、景虎の元まで行くんだろうなと。
ところが生き残っちゃったよ……ヒサ。
直前に平蔵から「恥をさらしても生きて武田と戦い続ける」と言われてるから、
ヒサもそれに従ったのだろうけれど、馬場ちゃんに唾棄して立ち去るのはいかがなものか。
あるいは相手が馬場ちゃんだったからこそできたのかもしれないけれど、
やっぱり私個人としては、ここの展開ちょっと納得できん。
なのに馬場ちゃん、
「かように心のこもった矢を受けたのはこれが初めてじゃ」
「オナゴはみな、心に鎧をまとうているのじゃ」

などと、感嘆の言葉を残しています。
ちょっと猪突猛進気味なところがあった馬場ちゃんが見せた、相手を思う心にホロリ。
なんてカッコイイことを言うの、馬場ちゃん!

残すところあと10回ですね。川中島の合戦にスペクタクルなドラマを期待!
最後に最近気になることを一つ。
ここのところ、勘助と晴信の密談シーン、黒い何かがモヤモヤぐるぐると渦巻いています。
まるで水戸黄門の大黒屋と悪代官のようです。
いつか晴信が「お前も悪よのう。フォッフォッフォッ」とか言い出しそうなんですが。(苦笑
そんなこと感じているのは私だけかな。
[ 2007/09/23 23:22 ] 風林火山 | TB(1) | CM(2)
 勘助と晴信のシーンはまさにそんな感じで、思わず吹き出しててしまいました。言わせてみたいですね。「お前も悪よのう。」って。きっとすごくぴったりですよ!なんて言ったら失礼かな・・・。

 ヒサが自害をためらったのは、すごく分かる気がします。愛する人の子を宿している自分が死んだら平蔵がどんなに悲しむだろうかと・・・。きっとあの場面で平蔵の顔が浮かんでいたのでしょう。だって平坦な道のりではなかったものね。でも唾は吐かなくても・・・。ちょっとイメージ崩れるよ(泣)・・・。それに奥方様たちあんな一目で分かるような衣装で逃げるのは危ないよ・・・・。着替える暇がなかった?のかもしれないけど・・・。残りの展開後は川中島のみ?どう描かれるのか楽しみです。
[ 2007/09/24 09:54 ] [ 編集 ]
■ユナさん
正直なところ、本筋よりも、ヒサと平蔵がどうなるのかのほうが、
よほど気になる展開なんですが。(苦笑
あそこでヒサを逃した意味ってのが後々出てくるんでしょうしね。
私もヒサが逃げることを決意したのも、馬場ちゃんに唾棄したのも理解はできます。
生きて武田と戦うという平蔵の言葉は重かったろうし、
そもそも矢崎の家へ馬場ちゃんが間者として乗り込んできたときから、
彼らの不幸(?)は始まったのですからねえ。
でも、生き残るにしても、この筋書きはちょっと……。
その後の平蔵の反応も、家来としてどうなのかなあと思いましたし。(苦笑
晴信主従はこのドラマの主役であるはずなのに、
こんなに真っ黒な主役でいいんでしょうかね?(笑
[ 2007/09/24 21:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/618-6d7466d8

とうとう2度も破れた村上義清を討ちます。