Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

何が本当で何がウソなのか 

このところ、テレビをつければ「朝青龍」のことばかり流れています。
怪我を理由に夏巡業を断り、故郷モンゴルでサッカーをしていたことがばれ、
二場所出場停止の上、減俸の処分。
相撲ファンではない自分から見れば、これが厳しい処置なのかどうかよくわかりませんが、
それでも相撲の看板ともいえる横綱が、処分で二場所も休場するとあっては、
やはりかなりの処罰が下されたと見ていいのでしょう。
「何が悪いの? 厳しすぎる」なんていう意見も耳にしましたが、
いやそれはどうなのよ、と思いますね。
これを普通の職場に置き換えてみれば、
仕事を休んで内緒で遊んでいたと捉えられても仕方ないわけですよ。
例えば社長が非常に重要な会議を「急病で」と欠席し、
実はどっかでチャリティーゴルフをしていたとなると……?
常識的に考えて、許されざるべき行為だったと思うんですが。

それはさておき、処分決定後のこの騒動。
なんというか、前の八百長騒動のときと似たような香りがするのはなぜでしょう。
だいたい処分が決まった後で、その人のことって報道します?
これまでもいろんな有名人がいろんな罪を犯して処分を受けてますが、
その後のことって、復帰するかしないかということくらいしか、取り上げられないですよね。
それをわざわざ、「今は、うつ病の一歩手前」みたいなことを会見で言うのは、
正直どうなのかなあと思わざるをえません。
それならなおさら、そっとしておいてあげるべきなのでは?
だからそのおかげで、かえってすべてが胡散臭く見えてきてしまうのですよね……。
朝青龍に限らず、誰でも何らかの処分を受ければ落ち込みもするし、
精神的にも不安定になるでしょう。
それが有名人ともなれば、発作的に引退を考えてしまう気持ちも分かる気がします。
でもねー…………。
それをあえて報道するってところに、何か感じちゃうのは、私の心が黒いのかなあ。
「精神的に不安定で、モンゴルで療養した方がよい」等の診察した医師の方々の話には、
2通りの見方が出ると思うんですよね。

1.「ここまでやれば、精神的に不安定になるのも当然よね。かわいそう」という同情派
2.「本当にそこまで追い込まれてるのかなあ? ニセ診断じゃないの?」という懐疑派

実は私も、「怪しい…?」と思ってしまったクチ。
夏巡業を休場した際に提出した「全治6週間」の診断書が、
「良くなってきていて、入院の必要もなし」とあっさり覆された(?)ことが、
更に疑いを深くしてしまいまして……。
そうすると、あの八百長も本当にあったんじゃないのかなあとか、
単純に思ってしまうわけですよ。
我が家は朝青龍のファンでも、それこそ相撲好きでもないけれど、
朝青龍は「青」、朝赤龍は「赤」、白鵬は「白」と勝手な愛称で呼んで(そのまんま)、
「今日は青どうだった?」なんて、それなりに相撲の結果は気にしてたんです。
そんな中、「青」の行くところ敵なしの強さ、決して揺るがない自信に満ちた表情に、
憎たらしいけど圧倒されてたんですよね。素直に脱帽してました。
それが一連の報道で、もしかするとあれは本当の強さではなく、
私たちは「ハッタリに騙されてたのか?」なんて考えてしまうと、ものすごく寂しい。
一般人には何が本当で何がウソなのかわかりようがないだけに、なおさらね。

ちょうど最近、友人と話してたんですよ。
最近のスポーツって、記録を作るためには、
人間の能力だけではもうどうにもならない限界まで来ていて、
それが八百長やらドーピングやらに繋がっているのかなあと。
今回の朝青龍の問題は、きっと彼個人だけではなく、
角界全体が抱える問題の1つにしか過ぎないのかもしれない……と思いました。

それにしても、朝青龍がサッカーしてるところを撮影していた人って誰なんでしょう?
その人っていろんな意味ですごいですね……。
[ 2007/08/06 20:01 ] スポーツ | TB(0) | CM(3)
実際にうつ病の手前と診断したのが形成外科の医師だったりでちょっと今回の騒動に関しては??ってことが多いように思います。
モンゴルの方は朝青龍は差別されているって思ってらっしゃるみたいですけど、かつて日本人の横綱でも双羽黒=北尾っていうダークヒーロー(笑)もいてましたし、それはちょっとちゃうかと。
(北尾の評価については諸説あるようですけど・・・)
いずれにせよ、朝青龍を止められない力士がいないことが彼の増長の原因のような気がします。
実はプライベートではいい人らしいって話は聞いたことがありますけど、真贋はわかりません^^;

スポーツって、記録だけが楽しみじゃないですしねぇ。
陸上競技などならともかく、格闘技だったり球技ってのは記憶で楽しめる競技ですし・・・記録はあくまでも記憶の中の一つだと思いますが、さぁ、スポーツの今後はどうなることやら~ですね~。
[ 2007/08/07 00:44 ] [ 編集 ]
うつ病の一歩手前・・・ってことですよね?でも、それを言っている医師の方が変ににこやかにしていたのに違和感を感じました。そしてモンゴルへ帰った方がいいとか言ってましたよね。その見立てに反対するわけではないけれど、それほど深刻ならもっと深刻らしく言わないと、私みたいな実は疑り深い?人から見たら???本当か?ってつい思ってしまうんですよね。もし本当にそうなら早くに治療を始めてうつの発症をなるべく抑えた方がいいですよね。うつはイメージされているより深刻化すると症状はつらいものですから。
[ 2007/08/07 18:36 ] [ 編集 ]
■ななおさん
>スポーツって、記録だけが楽しみじゃない
本当にそうですよね!
確かに記録って1つの判断基準にはなるんですけど、
でも観客として楽しんだり、感動できたりするのって、
やっぱり競技の中身であって、結果はおまけみたいなもの。
選手はそうはいかないでしょうけどね^_^;
朝青龍騒動はしばらく治まりそうにありませんが、
仰るように、あまりにも強すぎる1人横綱というのが、
たくさんの弊害を生んでしまったんでしょうね。残念です。

■ユナさん
処分に対する横綱側の反応が、本当なのかパフォーマンスなのか、
どうしても疑問に感じてしまいますよね、今回の騒動は。
朝青龍はとても気が小さくて……云々といった話も聞きましたが、
あまりにも大きく騒ぎすぎたために、かえってその信憑性を疑ってしまうというか。
また新たな診断も出ましたけど、もし本当に心の静養が必要な状態なら、
もうこれ以上はそっとしておくべきだと思います。
モンゴルに帰る帰らないは、本人と角界の問題ですしね。
ただストレスや「鬱」という面で考えれば、単純に比較はできないとわかりつつも、
今の安倍首相の方がよっぽどストレス溜まってるだろうなあと、
このところのニュースから感じています……。
[ 2007/08/09 00:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する