若……@大河「風林火山」

今回からいよいよリアルタイム視聴です!
「上田原の合戦」に間に合ったーーー。わーん、板垣さまー!

と、その前に、サニー千葉@板垣さまがゲスト出演ということで、
昨日、久しぶりに(2004年以来さっ・笑)土スタを見たわけなんですが、
「やっぱり、NHKだめじゃんorz」
というのが、偽らざる気持ち。(苦笑
「皆様には一足お先に、先の放送をご覧いただきましょう」といって流す映像が、
何でいつも一番肝心な部分なんだよー!(怒
予告って、普通は一番のクライマックスは見せないもんじゃないの?
そこ見せたらおしまいじゃないか~!
もう1つ言えば、今夜の次週予告も見せすぎだったと思う……。
それを見せるのがNHKクオリティーというか、サービスなのかもしれないけど。
まあこれは、「新選組!」のときからよ~くわかっていたことだから、
自分自身で避ければよかったんだけどね……。
ってことで、昨日の時点で、大好きな板垣さまはお亡くなりになってしまわれました。(涙
小野アナが思わず「あ、刺されたっ」って反応してたのに、私も反応してましたよ……。
とはいえ、この辺りはとりあえず想定内の放送だったんですが、想定外だったのが、
千葉さんがものすごく涙もろかったということ!!!
過去の放送をVTRで振り返ると、感無量といった感じで目を瞬かせ、
当時の心境を涙目で語っておられる姿にこちらまでもらい泣き……。
お話にもありましたが、それだけ板垣信方という人間を、
全身全霊かけて演じられたのだなあと思いました。
だって、

「燃えつくしました。
この板垣信方の死と共に、千葉真一を葬りたい」


なんて発言をされてしまうくらいですもの……。
特に、晴信が板垣さまに「父に謀反を起こす」と告白するシーン。
私、あのシーンはずしんと心に響くものがあって、ずっと頭に残ってるんですが、
晴信が自分の刀を板垣さまに握らせ、ゆっくりゆっくり後退り、
すーっと刀が鞘から抜けていくという演出は、台本にあったのではなく、
現場で亀治郎さんたちとのディスカッションで生まれたものだったとか。
このエピソードに私はもう、脱帽しました。
役者さんてすごい。いや、それが役になりきるってことなんだろうなと。
NHKのいいところは、放送中のドラマのエピソードを、
こうしてじかに伺うことができる点ですね。
これで、もう少し予告映像を出し惜しみしてくれれば……。(願

さて、今週来週とドラマの山場となる「上田原の合戦」。
今回は、暴走特急「晴信号」に対する、勘助、板垣、甘利の、三者三様の在り方に、
胸が切なくなりました。
どうしても村上を討つと聞かない晴信に対し、
勘助は軍師らしく冷静に、「負けて得るものがある」と考えている。
板垣も同様に「負けて得るものがある」と考えているようだけれど、
勘助と違って「負けるとしても、負け方がある」と思っている。
甘利は、「ここで負けるわけにはいかない」と思っている。
誰もが晴信のことを思っているのだけれども、傅役の板垣、長年の家臣甘利両人と、
後年雇われた勘助とでは、やはりその「想い」の深さに少なからず差があるように感じました。
晴信に対する、板垣さまの渾身の諫言。
責めるでもなく、説き伏せるでもなく、ただ「自信を持て」と。
「若っ!」という言葉に込められた万感の思いに、涙なくして見られませんでした。
久しぶりに、次週が来るのが怖いです……。

4 Comments

Aki_1031  

番宣ド下手のN★K、やっぱりやらかしてくれちゃいましたか!
土スタ、私も(別の目的で・笑)録画はしてあるのですが
板垣さまの決定的な瞬間を見てしまうようならば、
我慢して来週以降に見ようかなー…。

あの~ぅ、ところでその土スタに磐音さまは
チラッとでも登場なさっていたのでしょうか…?(笑)
板垣さまを取るか、磐音さまをとるかで
ちこっと揺れています。。。(笑)
とはいえ、来週は耕史クンがゲスト出演だし
どう考えても爆弾(決定的場面)投下しそうですよねぇ。
ああ、見るべきか避けるべきか。

2007/07/09 (Mon) 13:15 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん
相変わらず見せすぎな番宣でございました。(苦笑
磐音さまは、「来週のゲストは山本耕史さんです」というときにお写真だけ。
本当に最後の最後のみです。
NHK情報局とかには全く登場しなかったです。
私もひそかに期待してたんですけどね。(苦笑

2007/07/10 (Tue) 00:05 | EDIT | REPLY |   

きょう子  

こんばんは!
一昨日の「風林火山」はとっても良かったです。
ただ、いい場面で娘が大声を出すので、聞き取れなかったセリフも沢山あったので、もう一度土曜日にしっかり見ようと思っています。
本当に、私も見ていて切なくなりましたよ・・。
次回はいよいよ、ですね(泣)
見るのが辛いです・・。

早いものでもう始まって半年が経つのですね。
一つのドラマを長く見ていると、どの登場人物にもまるで自分の知り合いのように親しみを感じるようになって来ます。晴信の家来たちはみんなそれぞれに味があって好きです。これからその家来たちが欠けていくのかと思うと、寂しい限りです。

2007/07/11 (Wed) 01:11 | REPLY |   

カタリーナ  

■きょう子さん
そうですね。もう半年以上たったんですよね。
しかもドラマだけじゃなく、自分の生活も。(苦笑

>どの登場人物にもまるで自分の知り合いのように親しみを感じる
そうなんですよね。そしてそこがドラマの醍醐味なんだろうなと。
先回の私的「影のMVP」は実は小山田さま。
ずっとブラックキャラで通していたのに、みる姫に会ったとたん、
「またここで会おう!」なんて爽やかに去っていかれて、
「えーっ!そんなキャラ!?」って、半ば椅子からずり落ちました。(苦笑
恋(?)ってすごいなーと思った瞬間でした。大河なのに……。(笑

2007/07/11 (Wed) 23:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  大河ドラマ“風林火山”第27回 「最強の敵」
  • NHK大河ドラマ “風林火山”。 今週のOAは、第27回 「最強の敵」。武田晴信(後の信玄)の強引な策により、志賀城を攻め落とした武田軍。晴信は重臣たちを集め、次なる敵は村上義清であると宣言。時をおかずに攻め込む考えであることを話す。重臣たちの意見は二つに割れる
  • 2007.07.09 (Mon) 21:06 | ビープロ with 遠州森町