1億ドルの男

メジャーに移籍して、今日が初登板となったレッドソックスの松坂大輔投手。
デビュー戦で10奪三振とは、まるでマンガのような展開じゃないですか!
普通だって、めったに出ないですよね、10奪三振。
松坂選手はどちらかというと童顔なので、レッドソックスのチームメイトといる姿は、
プロ野球に突然借り出された高校生みたいな感じだったんですが(笑)、
マウンドに立つとどうしてどうして、急に力強く頼もしく見えてくるんですよね。
それがエースの存在感なのでしょうか。
いやー、大物です。その精神力の強さを、1ミリでも分けて欲しいくらい!
そしてチーム内における自分の身の置き方というか、他選手との接し方が、
他の日本人メジャーリーガーと違うように見受けられたところもまた面白い。
イチロー選手は黙々と仕事をこなす、孤高のスーパースターで、
松井秀喜選手は日本人らしい謙虚さをもって地道に頑張る努力のスターだと思います。
でも松坂選手は、孤高だとか謙虚だとかを飛び越えて、
あっという間にチームメイトに好かれてしまったというか、
彼は愛されキャラなのだろうかと思うほど、チームに溶け込んでいるような印象。
だからなおさら、
「借りてきた知り合いの高校生が実はスゲーやつだった!」
というように見えます…。(笑
目を見張るようなデビュー戦だったわけですが、逆にこれからが大変かもしれないですね。
いくら強心臓といわれる松坂投手でも、スランプに陥るときもあるでしょう。
壁にぶち当たるときもくるでしょう。
それをどう乗り越えられるかが、彼にとってのキーポイントのように思いました。
しかし、1億ドルの男は期待以上のものを見せてくれました。
まずは、爽快な三振にありがとう!です。

2 Comments

ユナ  

 確かに・・・。高校生みたいに見えますね(笑)周りが老けて見えるのか?でもチームメートに頭をなでられているところなんかかわいい?と言ったら失礼でしょうか。確かにイチロー選手も松井選手も頭をなでられているところは想像しにくいですね。愛されキャラなのはいいことです。松坂選手は若いけれどそういう徳を持っているのかもしれませんね。これからの活躍が楽しみです!

2007/04/09 (Mon) 17:39 | REPLY |   

カタリーナ  

■ユナさん

>チームメートに頭をなでられているところなんかかわいい
そうなんですよね!
彼自身もすごく嬉しそうでしたし、だから余計に幼く見えたのかもしれません。
でもピッチングはそれとは正反対でしたからねー。
これで野球のニュースは、ますますメジャー中心になっちゃいそうですね。
でも松坂選手、本当にこれからが楽しみです。

2007/04/09 (Mon) 23:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  松坂大輔10三振白星メジャーデビューの英語記事!
  • 松坂大輔投手が、メジャーリーグで白星デビューのようですが、それに関する英語記事です。Dice-K was more than OK in his major league debut. Dice-Kは松坂ですが、三振のKとかけているのだと思います。メジャーデビューは文句なしという感じです。With millions of earl
  • 2007.04.07 (Sat) 17:19 | 英語の本を原書で読みたい!