針の降るような空気漂うリンク

安藤美姫選手、金メダルおめでとう~。

このところ世間のニュースからすっかり遠ざかり、都知事選だとか、ホリエモンだとか、
シンクロだとか、フィギュアの世界選手権だとか、まったく範疇外になってたんですが、
たまたまテレビをつけたらリンクでウォーミングアップをしていたので、
「あ、フィギュアなんだ」って思ってながら見してしました。
というのは、そこに、張り詰めたというだけでは到底及ばない、
まるで針が降るような、恐ろしく冷たく尖った空気を感じたからです。
ウォーミングアップの時間に、火傷しそうなほど冷たいエネルギーを感じたのは、
本当に今回が初めて。
熾烈な争いを展開しそうな最終グループ。
「これはロッカールームが怖そうだな……」なんて思いました。

SP5位から銀メダルへ躍進した浅田真央選手もすごいですが、
やっぱり今回一番祝福してあげたいのは安藤美姫選手でしょうか。
頬にできたたくさんの吹き出物があんまり気の毒で、
きっとトリノ以来のストレスなんかが影響してるんだろうなと思って見たんですが、
そうではなくて、お薬のせいだったんだそうですね。
肩を痛め、足を痛め、痛みを止めるために摂取したたくさんのお薬が、
あんな形で副作用を起こしてしまったとか。
そういう苦労は彼女に限らず、誰でも通ってきているとは思いますが、
やはりトリノでどん底を見て以来の彼女の1年間は、
きっとそれ以前よりもずっと辛く厳しく、ハードだったのだろうと思うと、
自然と拍手をしたくなりました。
明日の(もう今日か)エキシビションが楽しみです。

2 Comments

ユナ  

 本当におめでとうですよね!!肩の故障の中、本当にいろいろなことがあったと思うけれどよくがんばりました。きっとまだ影響は残っていると思うんです。ビールマンスピンの時前より位置が高くないなあ・・・と思っていたら反対の手で足を持っているから、みたいです。肩の亜脱臼?の怪我の事を聞いて、フィギュアって見かけほど優雅ではなくて、肉体的には過酷な競技なんだなあ、と思いました。エシシビジョン楽しみですね。

2007/03/25 (Sun) 12:04 | REPLY |   

カタリーナ  

■ユナさん
お返事すっかり遅くなりました。
ピールマン、反対の手で足を支えてたんですかー!
どうりで……。何だかぎこちないなって思ってたんです。
優雅に見えるものって、優雅に見せようとすればするほどハードですね。
足、腰、膝、肩、背中。
体に爆弾抱えてる選手が多いはずで、芸術といわれるバレエでさえも、
その実態はスポーツのようだと思います。
今回の大会、個人的には村主さんがいなくて寂しかったです。(涙

2007/03/30 (Fri) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment