Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「しゃべれども しゃべれども」 佐藤多佳子 著 

今年は毎日本を読むと決めたのもつかの間、いろんなことに振り回されているうちに、
結局1ヶ月近くページをめくらない日々が続いてしまいました。
 ずっと持ち歩いていたので、
すっかり角がひしゃげてしまいましたが、ようやく読了。
佐藤多佳子さんの「しゃべれどもしゃべれども」です。
miyukichiさんのブログで紹介されていたのに興味を持ち、早速買いに走りました。

しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)しゃべれどもしゃべれども (新潮文庫)
(2000/05)
佐藤 多佳子

商品詳細を見る


落語家の今昔亭三つ葉は、二つ目になって5年。
弟子の稽古嫌いで面倒くさがりの師匠と、
自宅で茶の湯を教えている気の強いおばあさんに振り回されつつ、
自身の仕事場を開拓すべく日々精進している。
そんな彼が、ちょっとしたことから、落語には何の縁もない4人の弟子を持つことになる。
それぞれにコンプレックスを抱え、一筋縄にはいかない者ばかり。
そんな彼らに自信を持たせようとする三つ葉だが、自分がスランプに陥ってしまう……。

生きていく上でぶつかる人生の壁、何かをやり遂げようとする中でぶつかる実力の壁。
それを乗り越えようとする彼らは、実際とても不器用で要領が悪いんです。
でもだからこそ、自分にどこか似た部分があるからこそ、どんどん共感していくのでしょう。
さらにどんどん応援したくなるのは、彼らが決してその壁の前から逃げないから。
落語のようにテンポの良い文章と、魅力的な人物たちに心が暖まります。
こんなに後味が爽やかで、何となく微笑んでしまうような作品は、久しぶりかもしれません。
5月には映画も公開。
動く三つ葉たちに、会ってみたくなりました。

最後に、佐藤多佳子さん、吉川英治文学新人賞を受賞されましたね。
私的にはタイムリー。(笑
受賞作「一瞬の風になれ」も楽しみです。(早く文庫になってねー)
[ 2007/03/19 22:21 ] その他小説 | TB(1) | CM(4)
 こんばんは~♪
 読まれたんですね!
 TBどうもありがとうございました。
 こちらからもTBさせていただきますね◎

 テンポがよくて、後味も爽やか。
 ほんと、粋でしたよね。
 私はこれ以来、佐藤さんにハマっていったんです^^

 「一瞬の風になれ」、図書館に予約してるものの
 まだまだ順番は回ってきそうにありません^^;;
 
 寄席にも行きたいと思いながら、
 まだ行けてないんですよね。
 そのうち実現させねば!^^
[ 2007/03/20 00:22 ] [ 編集 ]
■miyukichiさん
すみません、TBしっ放しのままで。(苦笑
こちらこそ、TBありがとうございます。
本当にテンポのよさはバツグンで、心地よかったです。
文章にリズムがあって、どんどんノッていってしまいますね。
寄席、是非一度体験ください。結構病みつきになりますヨ。
これからもmiyukichiさんのレビュー、楽しみにしています♪
[ 2007/03/20 20:43 ] [ 編集 ]
昨年初冬に起こした書評インタビューで某辛口批評家が佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』を絶賛されていまして。
それで名前覚えて、たまたま書店で手に取ったのがこの本でした。テーマが落語ってとこが入りやすかったんだと思います。
なんかもう、泣きながら読みました。
痛くて清冽な文章を書く人だなあと思います。
読了してすぐに、『神様がくれた指』を読みました。
ラスト十数ページは布団の中で読んでたんですが、もうどうしようってぐらい泣いてしまいました。
スリと女装の占い師(どっちもどこか不器用で生きづらそうな人たち)が主人公の、若干ハードボイルドな、これまたぜひいつか映像化していただきたい作品です。
自信を持っておすすめいたします(笑)。
[ 2007/03/20 21:09 ] [ 編集 ]
■レッドさん
やはり読んでおられましたか!

>痛くて清冽な文章を書く人だなあと思います。

ああ! わかります。本当にそうですね。
佐藤さんの作品はこれ1作しか存じ上げませんが、
全体を通して、純粋で不器用な人間が描かれているようですね。
だからこそ自然と、こちらも純粋に、一喜一憂してしまうんでしょうね。
『神様がくれた指』って、スリと占い師のお話なんですね。
なるほどなあ、シンプルででも暗示的で、素晴らしいタイトルですね。
近いうちに是非読んでみようと思います。
ご紹介、ありがとうございます!
[ 2007/03/22 20:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/537-dbfb8da3

 佐藤多佳子:著 『しゃべれども しゃべれども』  佐藤さんを読むのは、初めてです。 というか、るいさんのブログを見ていなかったら いまだに名前すら知らなかったでしょう。 おもしろそう、って思った第1感は、 見事にビンゴでした。{/star/} 爽やかで清潔、ま
[2007/03/20 00:18] miyukichin’mu*me*mo*