オメデタ、オメデトウ!

中学時代の友人と、卒業以来初めて一緒に食事をしました。
中学のときはクラスが離れても交換日記をするほど仲がよかったのですが、
別々の高校へ進んでからは全く交流なし。不思議なものです。
それからは、とりあえず年賀状で近況は何となく把握している……という関係でしたが、
このたび急に思い立って、上京するのをきっかけに食事に誘ってみました。
そして昨日、東京駅で再会。
実際は何度か会ってはいるのだけれど、ゆっくり話すのは本当に卒業以来。
仕事に頑張り、結婚してまた再就職を果たした彼女は、
前よりもずっと輝いて、生き生きとしているように見えました。
でも人には見えない悩みがあるものですよね。
結婚して何年くらいになるのか記憶が曖昧ですが、
なかなか子供ができなくて、しかも後から結婚した友人に越されたりして、
気にしないようにしていてもかなりのプレッシャーを感じていたとか。
私は勝手に、何らかの思いで子供を作らないカップルなのかと思っていたのですが、
そうではなくて、本当にとても悩んでいたみたいなのです。
「子供は?」って気軽に聞いてみてもよかったんでしょうけど、
これまでに不妊に悩む友人を2人も見てきていたので、
私には、そう簡単にできる質問ではなかったんですよね……。
でもちょっとした会話から、彼女が現在「オメデタさん」であることがわかり、
私もまるで我がことのように大喜びしてしまいました。
今まで何人もの友人たちのオメデタ報告を聞いたけれど、
こんなに嬉しかったことは未だかつてありません。
ずっと子供ができなくて悩んでいたという話を聞いたからではなく、
単純に彼女に赤ちゃんができたことが嬉しかった。
でもそれは、結婚してから随分時間がたっているからなのかな。
私も心の奥底で、彼女のオメデタ報告を待っていたのかもしれません。

1ヶ月の間に、失った命と生まれる命の両方を経験しました。
生命の美しさを思わずにいられません。
ちょっと、感傷的になっちゃった。(苦笑

0 Comments

Leave a comment