スリジェのフォンダンショコラ

私にとって少々苦痛なチョコレートの季節、バレンタインが終わりました。
今年はデパート側で何か配慮でもしたのか、
例年に比べて店内に漂うチョコレートの香りがぐっと減ってました。
おかげで落ち着いてチョコを選ぶことができたのは素晴らしいことです!
さて今回、私自身がチョコレートを5つももらってしまいました。
送り主はみんな女性。
……なんて誤解を招くような書き方をしてみましたが、そういうお話では全くなく、
どうも最近、バレンタインをお中元か何かの代わりにする風潮があるように思うんですよ。
お中元やお歳暮を贈るほど大げさな関係ではないけれど、
ちょっとしたお礼を兼ねてチョコレートを贈るってことが、普通になってるような…。
私がもらった5つのチョコは、ぜ~んぶそのたぐいです。
おかげで今、冷蔵庫の中に行き場のないチョコが積まれています。
ゴディバのすっごい高そうなやつとかもったいないんですけど、
どうしたらよいのでせう……。

そんなチョコレートが苦手な私ですが、生まれて初めてフォンダンショコラを食べました。
先週たまたまチャンネルを合わせた「チューボーですよ」のレシピが、
たまたまフォンダンショコラだったんです。
街の巨匠として紹介されていたのが調布のスリジェで、
ホテルの小さなテレビ画面から見ていても美味しそう!
そのときひらめきました。
「これは食してみるべし!!!」
何を隠そうそのとき私は、調布にいたのですよ。
翌日の夕方、店を訪ねてみると、そこには行列が!
これはテレビ効果か?と思ったのですが、
皆さんの目的は普通のチョコレートだったり、普通のケーキだったり。
どうやら調布では超有名な、老舗洋菓子店なんだそうですね。
それもそのはず、フォンダンショコラのお値段が、ベリーソース付でなんと、

税込み1,050円也。

他店のフォンダンショコラがどのくらいするものなのか知りませんが、
この値段はびっくり仰天ですよ!
だって直径6センチくらいのケーキが、1個1,050円ですよ?
ホールじゃないんですよ、ピースですよ?
…………でも買いました。
だってこの時期に調布にいる可能性は今後そうないし、
おまけにチョコレートを食べたいと自ら思うこともそうないですからね。
そしてそのお味は。
チョコ嫌いの私が言いますが、これは美味かった。
甘すぎず、ソースとのバランスも絶妙で、
何より原材料のチョコレートの品質が、非常に高いことが感じられます。
そんな感想を述べながら食べていたら、すっかり写真に収めるのを忘れちゃいました。
今度いつか調布に行ったときには、別なケーキも試してみたいものです。
もちろん、生クリームなしのものをね。

0 Comments

Leave a comment