「手紙」 東野圭吾 著

東野 圭吾東野圭吾の作品を読むのは初めてです。
「いい!」という噂はよく耳にしていましたし、
ドラマ化された作品がいくつかあるのも知っていましたが(でもどれも未見です)、
私はずっとミステリー作家だと思っていました。
最初にお名前を知ったのが「江戸川乱歩賞」のときだったので、
勝手にそう思い込んでいたんですよね。
無知ですみません。
ミステリーではないものも、お書きなんですね。

手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

 
今回この本を選んだのは、本屋で平積みされていた文庫本の帯にあった、

差別はね、当然なんだよ。
自分が罪を犯せば家族をも苦しめることになる――――
すべての犯罪者にそう思い知らせるためにもね。


という文に衝撃を受けたからです。
物語は弟の学費を稼ぐために衝動的に殺人を犯してしまった兄と、
そんな兄を身内に持ったがゆえに、社会から扉を閉ざされてしまった弟の、
生きていくうえでの「けじめ」を描いています。
もしも私たちが、犯罪者、それも強盗殺人という凶悪犯が身内にいる人間に出会ったら、
果たして何の不安も抱かずに「普通に」接することができるでしょうか。
その人が罪を犯したわけではないことはわかっています。
頭でわかってはいても、私は簡単にYesと言うことはできないでしょう。
作中で主人公が「犯罪者の弟」という差別を突きつけられるたびに、
そのことを繰り返し考えさせられました。

愚直で弟思いの兄は、獄中から毎月必ず手紙を送ってきます。
しかしこの「手紙」こそが、彼の愛する弟が生きていくうえでの「カセ」になっていきます。
そのカセをどう乗り越えるのか、弟の判断にも読者の意見は分かれるでしょう。
帯には「涙の大ベストセラー」とありますが、そういう類の小説ではないと思います。
自殺や凶悪な殺人が魑魅魍魎のごとく跋扈する現代、
人々は「想像力」を失っているともいわれています。
こうすればどうなるのか、それを考えることがなくなっているといいます。
実際に自殺にしろ殺人にしろそこに至ってしまう人は、
それによってどうなるか、あるいは家族や友達がどうなるかなんて、
考えられないほどに追いつめられているとも聞きますが、
少なくともそれに達するよりもずっと前の段階で、「想像」することは必要だと感じました。
この作品は、その手がかりとなるものかもしれません。

2 Comments

miyukichi  

 いったん書いたコメントが消えてしまったー(涙)
 最近接続が悪くて、よくあるんです。。

 これ、私も半年ほど前に読みました。
 TBさせていただきますね。

 「想像力」の欠如、最近感じることが多いですよね。
 この小説においても、加害者側のつらさだけでなく、
 被害者の痛み、その家族の悲しみなんかについて、
 主人公は想像力がなさすぎたんでしょう。

 犯罪者の家族とわかっていて、
 普通に接することができるか。
 うーん、、、
 その人とすでにしっかりした関係ができていたら、
 可能かもしれません。
 でも、そうじゃなければ、
 最初はよくても、何かちょっとしたきっかけで、
 崩れやすいかもしれません。
 その人がとてもよい人であることが大前提で、
 そうじゃなければ、ちょっと、みたいな。
 うまく言えないですが、
 身障者の方に対する態度と
 どこか共通してるかもしれません。
 けっしてほめられた態度ではないし、
 自然体で接することができれば理想なんですけどね。

2007/01/28 (Sun) 18:15 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■miyukichiさん
誰とでも分け隔てなく接することができる……のが理想ですよね。
でもこの作品のような場合、頭と気持ちを統一させるのは難しいと感じます。
信じるとか信じない以前に、不安を感じずにはいられないというのが正直なところ。
仰るように、相手との信頼関係が築かれていれば、
変わらずに付き合えるかもしれませんが、
その関係は実は脆くなっているというのも、よくわかる気がします。
こうして考えると、想像力って本当に必要ですね。
今までは仕事だとか、勉強だとか、そういった面での必要性ばかり頭にありましたが、
思いやりを持つとか、人様に迷惑をかけないといった社会常識にも、
とても大切なものなんだと認識しました。

2007/01/31 (Wed) 00:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  「手紙」東野圭吾著、読んでみました。
  •   「手紙」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」15作目です。かなり重い内容ですし、楽しい話じゃ無いんですが、作者の力量もありどんどんページが進みました。「剛志」が犯した「重罪」の波紋が消える事無く「直貴」に訪れる「幸せの芽」を悉くかき消して
  • 2007.06.01 (Fri) 08:07 | 男を磨く旅
この記事へのトラックバック
  •  手 紙
  •  東野圭吾:著 『手紙』  10日ほど前に、同じ著者による『トキオ』を読んで レビューを書いたのですが、 そのときに何人もの方からオススメされたのが、 この 『手紙』でした。{/hiyos/} 両親はおらず、親戚もなく、学歴もなく、 ただ“デキのよい”弟・直貴を大学
  • 2007.01.28 (Sun) 18:01 | miyukichin’mu*me*mo*