Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

NHK大河ドラマ「功名が辻」 

途中3ヶ月くらい脱落した時期がありましたが、実は見ていました。
当初は吉兵衛と新右衛門の掛け合い漫才が気に入っていて、
短いシーンながらも、毎週それを楽しみにしていました。
三谷幸喜が怪演した足利義昭、日を追うごとに凄みを増した舘ひろしの信長、
常識人としての頑なさと誇りの高さが時代と相容れなかった坂東三津五郎演じる明智光秀、
権力に執着し、年を取るにつれ「サル」ぶりが酷くなっていった柄本明の秀吉。
いい人過ぎたがゆえに哀しくもどかしかった中村橋之助の石田三成。
その忍耐力と狸ぶりのギャップを見事に融合させた西田敏行の家康。
戦国の世を彩る個性的な武将たちを1年間見続け、
戦乱の世とはいえ、歴史的にはやはり興味の尽きない時代だなあと思います。

原作「功名が辻」を読んでいないのでなんともわかりませんが、
千代という女性は、下手をすると嫌な女と思われはしないのでしょうか。
賢さが鼻につくというかなんというか。
私には、千代の機転がなければ、一豊は二十四万石の城主にはなれなかったのかと、
そこまでの才はない愚直な男だったのだろうかという疑問がかすかに残りました。
確かに千代には先見の明があったのでしょうが、それにしても大事のほとんどが、
千代の助けで解決していくという展開は、史実がそうであるとしても、
もう少し描き方があろうかと、ちょっと一豊が憐れになってしまいます。
ただ、それがドラマとしてとりあえず不快にならずにすんだのは、
演じた仲間由紀恵さんと上川隆也さんの魅力ゆえでしょうね。
裏表のない千代の笑顔と愛と、誠実で不器用な一豊の包容力と。
朝、目が覚めたら一豊も起きるのではないか……と、一豊の遺体に添い寝した千代。
しかし変わらぬ一豊の姿に涙する千代の姿は、
夫に対するこれまでのすべての感情に溢れ、とても良いシーンだったと思います。

来年は「風林火山」。1年が経つのは本当に早いですね。
[ 2006/12/10 23:01 ] 大河ドラマ | TB(1) | CM(3)
 実は私も見てました(笑)
 といっても、夏の終わり頃からで、
 以降も飛び飛びだったり、ながら見だったりと、
 とても熱心な視聴者とはいえないんですが。

 ちょうど見始めた頃は、たまたまチャンネルを合わせたら
 秀吉と家康のにらみ合い、みたいな場面だったんですよ。
 2人の役者さんの迫力に、画面から目を離せず、
 見続けてしまいました。
 たまたま見た場面が別のものなら、
 それ以降見ていなかったかもしれません(笑)

 西田さん、ちょうど少し前に「タイガー&ドラゴン」
 のビデオを観たばかりだったので、
 別人のような威厳にびっくりして、
 あらためてすごいなぁ、って思ったのを覚えてます。

 三谷幸喜の怪演を見逃したのが、残念です(笑)
[ 2006/12/12 20:21 ] [ 編集 ]
カタリーナさん、こんにちはvv
実はすっかり義昭の存在を忘れていたので、こちらを拝読して「そ~いえば、そんなのが居た!」と爆笑しちゃいました( ̄∇ ̄ゞ
あの“怪演”っぷりは面白かったですねぇ。信長、秀吉、家康と、個性派の大人物が揃っていた中で、別の意味で異彩を放っていました(笑)
一豊の描かれ方は、私もちょっと気になりました。あまりに愚直過ぎると言うか。千代が手綱を握るのは良いとしても、それを周囲の者に公然と知られてるのはどうかと思いました。千代まで、「旦那様は土佐を治める器ではない」と言ってたし…。
でも、一豊の最期のシーンは良かったです。いつもみたいに千代が泣いてすがって大騒ぎしなかった分、それだけ哀しみが深かったのだな~と感じました。素敵な夫婦でしたね(*^^*)
[ 2006/12/12 22:02 ] [ 編集 ]
■miyukichiさん
お返事遅くなりました。
三谷さんの義昭、ちょっと忘れられないインパクトがありましたよ。
もし宜しければ、ぜひ総集編で!(カットされなきゃいいけど)
西田さんの家康も、ピタリとはまっていましたね。
「タイガー&ドラゴン」で「さゆりちゃ~ん」とか言っていたのとは、
また全く別なキャラクターでしたよね。
耐えに耐えて最後に天下を取る家康。
そのしたたかさに加えて、西田さんの愛嬌ある表情が効果を発揮して、
狸ぶりが見事に出ていたなあと思います。

■きりはさん
お返事遅くなりました。
私も千代の内助の功が広く知れ渡りすぎていること、
かなり気になっていました。
女大名という呼び名には、賞賛と同時に軽蔑もこめられているのだろうなあと、
ますます一豊が憐れになりましたよ。
でも素敵な夫婦だったことには、本当に同感です!
[ 2006/12/14 00:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/495-a8c45562

実はほんの昨日まで、今日で大河が終わるのだということを知りませんでした!(笑)今月は日曜日が5回あるから、あと2週くらいは放送あるかと勝手に思ってたものでして…( ̄∇ ̄ゞと言うわけで、(個人的に)唐突な
[2006/12/12 22:03] 徒然帖。