バス停に「焼きたてクッキーの匂い」広告

米サンフランシスコのバス停留所5カ所に、
焼きたてのクッキーの匂いを発する広告が登場した。
これは、もっとミルクを飲むよう人々に促す広告活動の一環だそうだ。
(ロイターから引用)


その昔、あるシュークリーム専門店が、
扇風機を使ってシュークリームの焼きあがる匂いを戸外へ流したところ、
集客率が非常にUPしたというニュースを見たことがありますが、
これも似たような発想から出た宣伝方法ですよね。
確かに道を歩いていて、ふと鼻に感じる食べ物の匂いって、
かなり食欲をそそりますね。
夕暮れ時、住宅街に流れるたまねぎを炒める香りだとか、
てんぷらを揚げてる匂い、焼き魚の匂い……。
確かに気を引くには効果バツグンです。
でもこの広告を打っているのは、クッキー業界ではなくて、
カリフォルニア・ミルク生産者協会なんですよ。
「もっと牛乳を飲もう!」というキャンペーンの一環とありますけど、
クッキーの香りで牛乳に結びつける人がどのくらいいるでしょうか。
私だったら「どこかにクッキーやさんがあるの?」と探してしまいますけどね。(苦笑
仕掛けは、香料入りの粘着性物質をバス停のベンチの下などに設置する方法とのこと。
でもこの香りが苦手な人にはたまったもんじゃないですよね~。
私、これをチョコレートでやられたらそのバス停は利用できません。(苦笑

それにしても、なんでもアイディアですねえ。
とはいえ、牛乳のキャンペーといったら、やっぱり私は「牛乳に相談だ」デスヨ!

3 Comments

ユナ  

発想が

 おもしろいですね。でもクッキーの匂いって効果あるの?クッキーと一緒に牛乳を飲みましょうってことかしら?向こうの人はクッキーと一緒に牛乳を飲むの習慣があるのでしょうか?いまいち結びつきません私の中では。そのベンチの下に蟻が寄ってきたりしないのでしょうか?本物じゃないから大丈夫か。
 夕食時の道を歩いていると、いろいろな匂いが漂ってきますよね。おなか空いているせいか?食べ物の匂いに敏感になるのかもしれません。そして、前に家の明かりが温かくみえるとカタリーナさんが書いておられましたが、そういう食べ物の匂いも家族団欒を思わせますよね。実は時間が合わなくて別々に食べるのかもしれないのに。

2006/12/07 (Thu) 18:04 | REPLY |   

miyukichi  

 ほんと、なんで牛乳なんでしょう!?^^;;
 牛乳には、あんぱんでしょう、やっぱり!(笑)

2006/12/07 (Thu) 21:47 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■ユナさん
ベンチの下に蟻!
それは考えなかったー! さすがです。
そうですよね、それはありえますよね。
バス停に蟻も行列!? うひゃあ。
クッキーと牛乳って、子供のおやつですよねえ。
やっぱりクッキーの匂いで牛乳にはなかなか繋がらないですよね。(苦笑

■miyukichiさん
牛乳にはあんぱん! 
クッキーよりもずっとずっと説得力ありますね。
牛乳の宣伝なのに、なぜクッキーの香りにしたんでしょうね。
この広告、当たるのかなあ。(苦笑

2006/12/07 (Thu) 22:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment