Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

「のだめ」Lesson5 

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番。
ラフマニノフというのは手が大きくないと物理的に弾くのが難しく、
この2番もしょっぱなから手が届かないというクセモノ。
最初の和音は、男性なら一発でとらえられる人も多いでしょうが、
女性にはなかなか厳しいというか、一発でとらえられる人はほとんどいないはず。
そういう曲なので、千秋様は一発で和音をつかまえるのか、
それともバスと上の音に分けて弾くのか、そこが一番気になっちゃうわけですよ。
で、本番の千秋様、いや実際には吹き替えの清塚信也さんなわけですが、
和音を分けて弾かれていたのを見て、何となく嬉しかった私。(笑
「千秋様」としては、正直一発でつかまえて欲しいところですが、
実際問題、「やっぱり一発は無理だよね~…?」みたいな安堵感があって。(苦笑
ラフマニノフはマルファン症候群という病気のため異常に手が大きく、
その彼の作品は、どうしても大きい手の人用みたいになってしまって、
「く~っ、弾く人の身になってくれよ!」といつも思ってました。
じゃあどれだけ彼の手が大きいのかというと、いつかやってみたいと思ってたので、
自分の手のサイズと比較してみることにしました!

手の大きさ比較

左手を広げたときの小指から親指までの距離です。↑
私は手が大きいほうじゃないのでなおさらですが、
鍵盤3つ分の差はどう考えても補いようがないですわ……。
小さい手がいいこともあるけど、やっぱり大きな手が羨ましいよ!!!

ところで、「悶えるように」というシュトレーゼマンの指示で思い出したのが、
フランスの美人ピアニスト、エレーヌ・グリモー(Hélène Grimaud)。
私が初めて聴いた彼女のコンサートは、奇しくもこのラフマニノフの2番でした。
シンプルな紺のパンツ姿で登場した彼女は、その美貌と女性らしさとは裏腹に、
非常にダイナミックな演奏をしていた印象があります。
ただ、それ以上に強烈だったのが、なんともエロティックだったということ。
席がかなり前のほうだったので、彼女の呼吸も聞こえるほどだったのですが、
それがまるで情事の最中であるかのような、「喘ぎ声」とも「悶え」ともつかぬ、
こちらも知らずと興奮させられるような、そんな弾き方で本当に衝撃でした。
ただ、演奏はそれほどエロティックではなかったと思うんですけどね。(苦笑
「悶えるように」=「音楽に没頭しなさい」
演奏するときには、ある意味、自己陶酔というのも必要なのかもしれないなあなんて、
今夜は私も千秋と一緒に考えさせられました。

ラフマニノフについて書こうとするとまだまだあるんですが、
なんか長くなったので、あとは他に軽くツッコンでやめます。
ピアニカガーシュイン、ピアニカの音量が弱すぎると思います~。
あれじゃ絶対オケに消されるはずだし、ちょっと無理があると感じちゃいました。
すっごく楽しそうだったけどね。けど、大河内くんの指揮……。(苦笑
そして千秋の演奏に遅れてきた「マングース・のだめ」なんですが。
演奏の途中で、あんなに勢いよく入ってきちゃだめじゃん!!!(怒
いくら学祭とはいえ、演奏中の出入り禁止は徹底されてるはず~~~。
せめてそっと入ってくるか、あるいはあの時ののだめの心情も考えて、
ホールの扉の外で漏れてくる音に聞き入りながら座り込むとかして欲しかった……。
だけど演奏会シーンは、毎回ドキドキします。
映像が普通の演奏会の中継と変わらないので、臨場感もあるし、
なんだかすごく緊張してしまう……私はバカかもしれない。(苦笑

今日のBGMは、マーラーが入ってたことが私にとってはビッグニュース!
BGMにマーラーを使うなんて「銀英伝」くらいだろうと思っていたら、
ついにきたか、「のだめ」にも!!!
そのうちショスタコとかも来るんだろうか。やーん、楽しみー♪
今回のBGMは大曲ぞろいでしたね。
タンホイザーしかり、ブラ3しかり。
ブラームスの3番の3楽章はよくいろいろなところで使われますが、
あの哀愁に満ちたチェロの旋律は、やはり心をしっとりさせますよねえ。
ということで、最後に新曲BGMを。

*************************

フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」Op.80より「シシリエンヌ」
  ○Sオケの追い出しに傷つくシュトレーゼマン
マーラー:交響曲第1番「巨人」より第4楽章
  ○シュトレーゼマン失踪の記事を読む千秋
ブラームス交響曲第3番Op.90より第3楽章
  ○連れ去られるシュトレーゼマン
ワーグナー:歌劇「タンホイザー」より序曲
  ○ミナコ・モモダイラと再会するシュトレーゼマン
スーザ:雷神
  ○Sオケの学園祭用の譜面到着
リスト:ラ・カンパネラ
  ○若かりし頃のミナコが弾いていた曲
J.シュトラウス:ラデツキー行進曲
  ○学園祭に、紋付袴でSオケ登場
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番より1&3楽章
  ○学園祭で千秋が演奏した曲

わかんなかった曲
  ○学園祭でSオケ演奏終了後
  ○学祭終了後。楽屋の千秋とシュトレーゼマン

*************************

結局今夜もドラマの中身は書けずじまいだ……。(苦笑
[ 2006/11/13 23:54 ] のだめカンタービレ | TB(1) | CM(6)
 カタリーナさんって音楽に詳しいんですね。
 素敵・・・・・・・・・・・・。v-9

 下の記事の『ツカエル!相性占い』。
 私は向こう見ずな黒ヒョウ・・・・・タイプでした。
 性格とか、結構当たっています。(^^)
[ 2006/11/14 21:00 ] [ 編集 ]
 ラフマニノフさん?の手って大きいですね。これだけ違いがあると弾くの大変そう・・・。
 マングース・のだめが勢いよく会場に入っていくシーン。あそこで千秋さまが途中で演奏止めちゃうんじゃないかと一瞬ドキドキしました。でも何事もなく続いたけれど。演奏者は絶対に気づきますよね。
 紋付袴のSオケ逆にかっこよかったかも。和装の正装がタキシードとかドレスよりも新鮮でした。でもあれで演奏って出来るものなのですね。で、何故か着ぐるみののだめとドレスの真澄ちゃんが違和感なく溶け込んでいましたね。シュトレーゼマンは本当に帰国してしまうのですね?結構名残惜しいかもしれません。来週が楽しみです。
[ 2006/11/14 21:57 ] [ 編集 ]
■チビママさん
一応音大生だったので……。
知らないとマズイかもです。(苦笑
チビママさんは黒ひょうですか!
私は狼なので、私にとってはよき上司のようです♪

■ユナさん
ラフマニノフの手、尋常ならざる大きさです。
とてもじゃありませんが、太刀打ちできません。
和装で演奏、私はやったことがありませんが、可能なんだと思います。
かのピアニスト中村紘子氏は、10代の頃の海外遠征の折、
お振袖でピアノ協奏曲を弾いておられました。
袖が長い分、たすきがけしなくても邪魔にならないのかも。
今思いましたが、チェロの女の子たち、どうやって弾いてました?
足の間に楽器を挟まなくちゃいけないのに、着物……?
これはちょっと見直してみます。(苦笑
[ 2006/11/15 00:10 ] [ 編集 ]
ラフマニノフの手ってば異常!!(爆笑)
あれを基準に作曲されても…ねぇ(苦笑)。
私は手のひらを広げてもちょうど1オクターブしか
届きません。
親指と小指は180度広がるのに…やっぱり手が小さい、
てか、指が短い…?
[ 2006/11/15 12:49 ] [ 編集 ]
月曜日に、久々のクラシックのコンサートで以下のようなものを聞いていたのがラフマニノフ。私が持っているCDは、アシュケナージのもの。今回演奏したのは女性だったのだけど、フォルテとかフォルテッシモになると椅子からお尻が持ち上がるほど鍵盤に力をかけて引くものだから、次への音への動きが鈍かった。毎回、お尻が浮くほど力をかけて引くので、ぴょんぴょんとピアノの前で跳ねられて、笑いそうになってしまいコンサートどころではなかったのが残念。でも、この作品は、素人目に見ても手の大きい日と向けだと思いました。ラフマニノフの手ってすごく大きい。でも、ドイツ人を見ていると、ああ普通かなとも思われたりする。

St. Petersburger Sinfoniker
Alexander Dmitrijew, Anna Gourari, Klavier
ROSSINI: Die seidene Leiter
RACHMANINOW: Klavierkonzert Nr. 2 c-moll
RIMSKY-KORSAKOV: Sheherazade
[ 2006/11/16 07:41 ] [ 編集 ]
■Akiさん
ラフマニノフ、大きな手ですよねえ。
でもまあ自分が曲を作るときに、これじゃみんなが弾けないなあとか、
そんなことは普通あんまり考えないでしょうから、仕方ないです。(苦笑

■ちゃなさん
ロッシーニのあとにラフマニノフって、すごいギャップね。(笑
しかもその「絹のはしご」って聴いたことないわー。
今はみんな体格もよくなってるから、ラフマニノフの手も、
それほど驚くものじゃないんだと思うよ。
いずれにしても女性には厳しいことに変わりないけど。
で、頑張って弾いてもさ、結局そのピアニストのようになってしまっては、
演奏する意義があるのか私は疑問に思うの。
弾けることと、音楽にできることは別だからね。
前に聞いた演奏会で、オケにほとんど音をかき消されてピアノの音が聞こえなくて、
本人必死なのに、そこで弾いているのが気の毒なことがあった。
どうしたって、男の力には勝てないよね。
アルゲリッチくらいになれれば別だけど。(笑
因みにアシュケナージは、最初の和音、ばらして弾いてるよね。
彼は手が小さいんだそうよ。体も小柄そうだよね。
[ 2006/11/16 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/480-7d752da0

噂の千葉県の新ロゴ。初めて見た時には、ついつい大声でダサっ!!!と、叫んでしまったAkiです(笑)。皆さんこんにちは。てゆーかさー、アレはないでしょー!「あか抜けない千葉のイメージを一新」どころか、ベタにあか抜けない路線を爆走しちゃってる感が否...
[2006/11/15 13:21] Go Plain!