Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

真夜中の弥次さん喜多さん 

真夜中の弥次さん喜多さん DTS スタンダード・エディション 真夜中の弥次さん喜多さん

 いつも行くレンタル店。
 5枚ある弥次さん喜多さんのDVDが常に貸し出し中で、
 やっと「レンタル中」表示のないものを1枚発見!
 酷暑の夏に、遅ればせながらの鑑賞と相成りました。
 さてこの作品、どうも感想が真っ二つに割れているようで。
 原作の「東海道中膝栗毛」も、しりあがり寿の漫画も未読の私は、
 本当に真っ白な状態でこの映画を観ました。

で、鑑賞後の私の感想。

あー、よくわからん。(爆

ただ、「愛」とか「死」とか「クスリ」とか、大真面目に語ったらウザイ内容を、
「マジで話すなんて野暮。しゃらくせえっ!」ってな感じで、
逆に大バカやってみた…という印象を持ちました。
どこまで原作の形をとどめているのかは知りませんが、
実は結構ディープなテーマを扱ってるんですよね。
それなのに「よくわからん」と感じてしまうのは、
それはもう、この次から次へと登場してくる超豪華個性派役者さんたちのせいです!
例えば「魂の宿」なんて、タイトルの通り、テーマとしては重く、
本来ならば考えさせられるシーンになるはずなのに、
あの大量の荒川良々を見たとたん、その強烈なインパクトに圧倒され、
「私の魂も、きっと荒川良々なんだ…」という思いだけが残ってしまいました。(苦笑
結局、思考を役者さんにかき回されて目が回り、見終わったときに、
「今のは何だったんだ…」と呆然としてしまったんでしょうね。
この映画はそれでいいんだと思います。理屈もへったくれもない。
どこか、ロックのライブで「酔う」感覚に似ているかもしれません。

さて、このロックでサイケで極色彩な時代劇を構成する役者さんたち。
この作品ほど、キャスティングが大きく影響する映画はないんじゃないでしょうか。
そこで、印象に残らない役者さんなど1人もいなかったのですが、
私個人として特に光っていたと感じたキャストを書き出してみたいと思います。

小池栄子さん
米をとぐということが、ここまで恐ろしくなるとは思いませんでした。
そして、あのお尻!
安産型のはちきれそうなほどのお尻が、いかにもしっかり者のお内儀さんという感じで、
セックスアピールが加わって、女の恐ろしさが倍増。
しばらくは、あの米をとぐ音が耳から離れそうにありません。

麻生久美子さん
たった数カットのみの出演にもかかわらず、キノコ姿はインパクト特大!
しかもあの美しい太股…。同性として見ても美しい。
狙ってるんでしょうけど、あのカメラアングルは犯罪です。(苦笑
麻生さんには爽やかなセクシーさがありますが、
それがいつか「魔性の女」に変わる瞬間があるような気がしてゾクゾクします。

荒川良々さん
見終わった直後は、この人の顔しか思い浮かばないほど強烈です。
何人もを演じ分けているわけですが、あの風貌がなんとも言いがたい印象を残します。
もうこれは、実際に映画を見た人ならわかってもらえますよね。(笑

古田新太さん
この人は役者としてすごいんだろうなあと思います。
何しろ、何にでも化けられるんですよね。
この人のやる役で、違和感があるってことがない。
今回は女子高生に混じっていてなお、しっくりハマっているところがすごいです。

中村七之助さん
「女」としての仕種がさすがに艶めかしい。
長瀬智也演じる弥次さんに寄りかかる姿など、見習いたいほど。(苦笑
歌舞伎の舞台ではないからこそ、なおさら艶めかしく見える。
それなのに、喜多さんをフツーに恋する青年として演じられていたせいか、
同性愛も江戸時代は普通のことだったという感覚を、
とても爽やかに見せてくれていた気がします。
弥次さんの熱血男ぶりがまた、ぴったり合ったんでしょうね。

よくわかんないけど、もう1回観てもいいなーと思ってしまう、実に不思議な映画でした。
[ 2006/08/15 01:03 ] 映画 | TB(2) | CM(5)
わあい!ついに見ることができたんですね~v-343
>「私の魂も、きっと荒川良々なんだ…」という思いだけが残ってしまいました。(苦笑
わはははははは!カタリーナさんったら、最高!
ひ~、お腹イタイ…!(爆笑)

扱おうとすれば、どこまでもシリアスに扱えるネタなのに、
終わってからの感想は「意味不明」と「良々」しか思い浮かばない、という
クドカンワールドの炸裂っぷり!(笑)
ホント、キャスティングの妙に尽きますよね。
意味分かんないのに、なぜか再び味見したくなる不思議な映画ですよ。
[ 2006/08/15 11:15 ] [ 編集 ]
 これ、私も観たい観たいって思ってるんですけど、
 近所のレンタル屋さんに置いてないみたいで、
 別のところまで探しに行くほどの気力もなく・・・^^;;

 またそのうち観てみよっと♪
[ 2006/08/15 21:22 ] [ 編集 ]
■Akiさん
やっと見ましたよー! 本当に長い間待ってました。(笑
ストーリーというよりも、映像としてとても面白い作品ですよね。
衣装のセンスもよかったと思いますし。
ああいうキャストを集められたからこそ、この不思議な世界が生まれたんでしょうね。
少なくとも魂の役は、荒川良々意外思い浮かびません。
あれを観たら、自分の魂も荒川良々かもって気になりませんでした?
あれー、そんなの私だけなのかなー?(苦笑

■miyukichiさん
多分好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思いますが、
機会があったらちょっと観てみてください。
良いにしろ悪いにしろ、強烈なインパクトを残すことだけは確実です!

[ 2006/08/15 22:46 ] [ 編集 ]
 TBさせてもらいました。
 よろしくお願いします◎

 ほんとに、個性派役者さんが次から次へと
 出てきてましたね。

 弥次さんと喜多さんの歌が、
 今頭の中で回ってます^^
[ 2006/09/03 19:07 ] [ 編集 ]
■miyukichiさん
早速ご覧になったんですね!
本当に個性的な皆さんで、それに気をとられて目が回りました。
でも底にはきちんとディープなテーマが流れていましたね。
[ 2006/09/05 01:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/433-35f5bcc6

 映画(DVD)「真夜中の弥次さん喜多さん」        (宮藤官九郎:脚本・監督/         しりあがり寿:原作)  クドカン初監督作品ということで 話題になった映画ですが、 ようやく観れました。{/hiyo_en2/} 「この次また監督できるかどうか、わか
[2006/09/03 19:04] miyukichin' mu*me*mo*
昨日はショックなことがありました。オダギリジョーくん出演の映画「ゆれる」を見に行ったのだけど、チケットを買うために窓口に並んでいたら…。…私の前で、「満席になりました。」と閉じられたーーー!!!ぎゃーー!!なんでだよーっ!しかも目の前でシャッ....
[2006/08/15 13:13] Go Plain!