Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

初めてのポジティフオルガン 

ポジティフ オルガンには、巨大なパイプオルガンのほかに、
 移動可能な小型オルガン、ポジティフオルガンがあります。
 これももちろんパイプオルガンです。
 ポジティフの活躍の場は、主に通奏低音のパートで、
 例えば宗教曲などで、他の楽器に混じって、
 最も重要な伴奏を受け持っています。

そんなポジティフを、今回初めて人前で演奏させていただきました。
しかしこの楽器、慣れないと本当に弾きにくい。
まず椅子が固定されていて、高さも位置も調整できないので、
楽器と体がマッチしないんです。
だからものすごい猫背で弾くはめに。
おかげで何となく座り心地も悪くて、安定感がない。
そういうもんだと思っても、ピアノに慣れきってしまっている私には、
どうにも地に足が着かず、なんだか集中力がいまひとつ。
鍵盤 おまけにこの楽器、鍵盤がひどく短い!
 いつも手を広げることが普通になっているので、
 指をちまちま動かし、小回りを利かせることが、
 物凄く難しくて何だか苦痛!
 ←加えてこの溝!
 もともと深爪に切っているにもかかわらず、
 爪が引っかかって「あいたっ」ってなる。
しかもこのオルガンは、鍵盤のタッチが微妙。
バネがきついので、しっかり押さないと「ヒャッ」って音になっちゃう。
何だかんだで楽器に振り回され、オルガン3年目の私は、
ピアノと違って1台1台違う楽器の怖さを思い知ったのでした。
プロは、すぐにどんな楽器でも弾きこなせなくちゃいけない。
道のりはまだまだ長そうです。日々精進。
[ 2006/08/07 01:08 ] オルガン | TB(0) | CM(7)
ポータブルなオルガンのことをポジティフオルガンって言うんですね~。
トリビア~♪でした!(笑)
それにしてもオルガン3年目!!
カタリーナさん、すごいです。
鍵盤楽器は毎日でも触れていないと、
すぐ指が退化しちゃいますからねぇ…。
もう、私は弾けない指になってそうです(苦笑)。
いつかカタリーナさんの生演奏を聞いてみたいな~☆
[ 2006/08/07 13:36 ] [ 編集 ]
 大変なのですね。ポジティフオルガンって。体を楽器に合わせて弾かないといけないなんて。私はりゅーとぴあのポジティフオルガンしか聞いたことないのですが、感動しましたよ。最初。あんなに小さいのにちゃんとパイプオルガンの音がするんだ!!!って。造った人すごい!考案した人もすごい!って。弾く方は大変なのですね。でもいつか私もカタリーナさんのポジティフオルガンの演奏を聴いてみたいです!!!!プレッシャーかけているわけではないので、カタリーナさんのペースで日々精進してください。
[ 2006/08/08 17:41 ] [ 編集 ]
 オルガンにもいろいろあるんですね。
 オルガンの和音、厚みあっていいですよね。
 皆さんも言ってるように、生演奏聴いてみたいなぁ~♪

 ところで、プロフから
 オルガンは趣味でやっておられるのだと思ってたんですが、
 プロだったのですか?
 すごいなぁ~~☆
[ 2006/08/08 21:07 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。こんにちは!
オルガン、頑張っておられるのですね。
カタリーナさんの演奏、いつか聞いてみたいです♪

ところで全然話題が違いますが、
「新撰組血録風」読み始めましたよ!
[ 2006/08/09 16:53 ] [ 編集 ]
■Akiさん
楽器は毎日弾かないと、本当に指が退化するんですよねー。
恐ろしいですが、事実ですね。
でも練習時間をしっかり確保するのは、なかなか難しく。(苦笑
何気なく始めたオルガンも、早3年目に突入です。
いつかお聞かせできるよう、頑張ります!

■ユナさん
オルガンという楽器の仕組み自体がすごいですよね。
電気なんかなかった頃には、もっと操作が大変だったはず。
音も構造も神秘の世界です。
体と楽器が合わないなどと言い訳をしているうちはダメですね。(苦笑
プロに近づけるよう精進します。

■miyukichiさん
いえいえ、プロだなんてそんなおこがましいことは言えません。
弾く機会はポツポツ頂きますが、まだまだなレベルです。
何しろ始めて3年目ですから。
でもプロだって自信が持てるくらいになりたいなあとは思います。
年齢的に追い込まれてますが(苦笑)、努力はしたいと思っています!

■きょう子さん
お久しぶりですね!
オルガン、実は頑張ってたんですよー。
きょう子さんのほうはピアノはいかがですか?
今はまだ、そんな余裕のない時期でしょうか。
「血風録」を読み始められたんですね!
感想待っています~。
[ 2006/08/09 22:15 ] [ 編集 ]
初めまして。
ポルタティーフ・オルガンで色々検索しておりまいて、こちらに寄らせて頂きました。
趣味で楽器を作っているのですが、いま、ポルタティーフ・オルガンに取りかかったところです。
なにしろ、実際の楽器に触れたこともないのに、色々資料を集めて、殆ど想像で作っています。
恥ずかしながら「楽器を作ろう」というHPで製作工程を記事にしております。
アドヴァイスなど頂けたら嬉しい限りです。
http://web1.nazca.co.jp/cicci3cicci/
[ 2006/08/15 08:36 ] [ 編集 ]
■チッチの父さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
楽器を作っておられるなんて素晴らしいですね!
お住まいの地域に、ポジティフを置いているホールなどありませんか?
一度触ってみられると、また新しいインスピレーションがわくかもしれません。
私などオルガン3年目でアドヴァイスなどできませんが、
チッチの父さんが作られた楽器に触れてみたいなあと思います。
今度はHPにお邪魔させていただきますね。
[ 2006/08/15 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する