Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

振り返れば奴がいる 

先日UPした「胸キュンバトン」の記事で、ドラマ「振り返れば奴がいる」に触れました。
そこに頂いたコメントに「結末にやりきれない」(by miyukichiさん)とあったのですが、
そう言われても、実はまったく記憶がなかった私。
主役2人が死んでしまって、その後スペシャルの放送が決まったとき、
「主役が死んでるのにどうするんだ?」みたいな話になったのは覚えているんですが、
どうして死んだのか、どういう話だったのか、全然覚えていなくて。
男2人(織田裕二と石黒賢)の対立っぷりが見事だったこと、
千堂あきほ演じる麻酔医があまりに色っぽくて大人の女の魅力に満ちていたこと、
そして織田裕二演じる外科医のキャラがあまりに衝撃的だったことくらいしか記憶が…。
そこでビデオを借りてきちゃいました!
やー、13年前のドラマですよー。しかも三谷幸喜初連ドラ!
当時は、脚本家の名前なんて気にも留めてませんでした。
実際このドラマは、三谷さんの本来の意図から大きく外れた展開になっちゃったんですよね。
もともとコメディをやりたかったのに、シリアス路線を押す制作側の意向に合わず、
結局現場で勝手に台本が変えられていくという悲しい体験をされたという。
出来上がった作品に、ところどころ三谷テイストが窺えるものの、
もとはどんなコメディだったのか、一体どのくらい変わってしまったのか気になります。
でもその悔しさを、ネタにして返す(映画『ラヂオの時間』)ところがすごい!
三谷さんはこのシリアスドラマを、心を鬼にして書いたとエッセーに書いておられますが、
「新選組!」を見た今、こうした人間の真正面からのぶつかり合いは、
人間が好きな三谷さんだからこそ書けるんだろうなと、
そういう素質をちゃんと昔から持っていらっしゃたんだなと、再認識しました。
織田裕二と石黒賢が、まさにがっぷり組んだ芝居で、本当に濃厚なドラマでしたから。
映像的には古さを感じるし、手術シーンのチープさは今では苦笑ものですが、
話は現在にも通じるとても普遍的なもの。
それは決して結論の出るものではなく、永遠に人々が考え続けるテーマでしょう。
こんな風に人と人が真っ向からぶつかっていくようなドラマを、また見たいものです。

そして結末。
確かに「やりきれない」ですね。
というか、「ええええ?」と思いました。(本当に覚えてなかった…)
一応伏線はあるものの、ちょっと突然すぎて。
でもあれは、織田裕二さんの希望もあったらしいです。

しばらくはCHAGE&ASKAの『YAH YAH YAH』が、耳について離れなそうです。(苦笑
[ 2006/08/01 23:44 ] ドラマ・その他 | TB(0) | CM(4)
振り返れば奴がいる、の「奴」って、
まさかアイツのことだったのー?!なーんて
最終回で思った記憶が(笑)ははは。
それくらい、あの終わり方は唐突でした(;^^)
[ 2006/08/02 00:23 ] [ 編集 ]
 さっそくレンタルされて、しかももう観終わったなんて、
 なんたる行動の早さっ!!(笑)

 実は私、このドラマ好きで、再放送のたびに見てたんですが、
 1回目観た後(つまり、2回目観てるとき)は、
 カタリーナさん同様、結末覚えてませんでした。
 で、2回目に「あああー、そうだった!ていうか、ええええだよ!!」
 ってあらためて衝撃受けてしまったのです^^;;

 舞台裏で、そんないろんなことがあったんですね。
 三谷ファンのくせして(←私のことです)、そのへんについては
 聞いたことあるような、ないような、うろ覚えでした。

 「新選組!」は、シリアスな人間ドラマで泣かせつつも、
 ところどころ笑わせる、という、
 三谷さんらしい良さが、すごく出てましたね♪

 『YAH YAH YAH』、今私の頭でも回りはじめてしまいました!(笑)
[ 2006/08/02 01:17 ] [ 編集 ]
私も「振り奴」大好きで欠かさず見てましたが、
あの最後は衝撃でしたね~。
お陰で他の部分の記憶がほとんど残っていません(苦笑)。
その後に放映されたスペシャルがまたいいんだよなー(うっとり)。
ドラマはレンタルで見られるのですが、
2時間スペシャルが見られないので、スペシャルを見たーいっ!
[ 2006/08/02 11:20 ] [ 編集 ]
■びすまるさん
「奴」ね、そうそう、そうでした!
こういうオチだったのか?と。(笑
見終わってから思い出しましたよー。
だけど本当に唐突でしたよね。

■miyukichiさん
はい、気になっていてもたってもいられず、
週末を利用して一気に見てしまいました。(苦笑
放映時もものすごくはまっていましたが、
今回初めての再視聴でも、変わらずのめりこんでしまいました。
三谷さんは心を鬼にしたと書いておられるけれど、
いやいやどうして、本当は物凄くシリアスなものも全然OKなのでは?
むしろ見てみたいとすら思ってしまいました!

■Akiさん
スペシャルもほとんど覚えてないんですが(苦笑)、
あれが確か結構司馬先生がイイ人だったような…?
あの融通の利かない熱血漢の石川先生が、
のちに桂小五郎になったことに、何だか納得しています…。(笑
私もスペシャル見たいですっ。
[ 2006/08/02 23:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する