MVPは - 2006 W杯ドイツ大会 -

お祭り騒ぎが終わりました。
決勝はPK決着という、少々スッキリしない幕切れでしたが、
1ヶ月に渡るサッカーの祭典を、充分楽しませてもらいました。
MVPには自らの失態で有終の美を飾ることのできなかったジダン(仏)が選ばれましたが、
私的にはカンナバーロ(伊)にあげたかったなあ。
どんな攻撃もたちどころに潰してしまうあのディフェンスとスタミナは、賞賛ものです。
ディフェンスといえばドイツの左サイドバック、フィリップ・ラーム。
170cmと小柄な体格を生かしてか、あのボールカットのテクニックは素晴らしい!
彼を見ていると、日本人だってやればできるはずと思ってしまいます。
改めて日本の試合を振り返ってみると、スタミナの問題が大きいとはいえ、
早々に諦めて走らなくなってしまっていましたよね。
あとDFからテュラム(仏)とアジャラ(アルゼンチン)。
この2人の壁にも惚れ惚れしました。
おやおや、どうも私はDFのほうが気になるみたいです。
ベストイレブン 因みにYahooでやってた「あなたが選ぶベストイレブン」企画。
 準決勝後に選んだのですが、どうでしょうね?
 ジダンがあんなになるのなら、どちらも調子はイマイチだけど、
 ベッカム(英)かリケルメ(アルゼンチン)を入れるべきだったかな?
 というか、ジダンの悪癖を思い出すべきでした。(汗
 ただこのメンツでひとつの”チーム”になりうるかは疑問。
 ロッカールームの雰囲気はあまりよくなさそうな。(苦笑
 キャプテンは苦労するでしょうねー。
ということで、責任感が強く冷静なバラックにキャプテンバンドを預けました。

あーあ、終わっちゃったんだなー。
これからは普通に眠れるっていうのはありますけど、
なんかこう、ちょっと気の抜けた日が数日は続きそうです。

2 Comments

Aki_1031  

とうとう夢の祭典が終わってしまいましたね。。。
カンナバーロにMVP…激しく同意!です。
イタリアが優勝したにもかかわらず、
世間の目はジダンの頭突き一色ですよね~(笑)。
果たして真相が分かるのかどうか…?
ある意味、マテラッツィもMVPかな?(爆)

2006/07/11 (Tue) 12:52 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん
ジダンの一件で、イタリアの優勝がかすんでいます。(苦笑
近日中に代理人を通して真相を発表するようですが、
たとえマテラッツィの暴言があったとしても、
堪えなければならない場面でしたよね…。
せっかくの偉業が、あまりにもったいないです。
マテラッツィはあの日のMVPでしょう!(笑

2006/07/11 (Tue) 20:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment