スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう谷原さんの舞台に!

このところチケット先行予約運に見放されています。
そういうわけで、本日「あわれ彼女は娼婦」の一般発売日。
三谷幸喜のプラチナチケットを一般販売でゲットしたことのある身としては、
先行に落ちてるにもかかわらず、今回はそれほど苦労しないだろうと高をくくっていました。
三上博史、深津絵里、谷原章介の三つ巴であっても、さほどの激戦にはならないだろうと。
最初からネット販売オンリーで行くつもりだったので、結構余裕で構えてたんですが、
10:00発売開始のところ、なんと9:59の時点ですでに「チケぴ」につながらない!
なんじゃこりゃー! まさか取れないんじゃ?

まったく動かないので、即、諦めて楽天チケットに切り替えます。
申し込みまではスムーズに行ったものの、在庫確認が取れない。
どれだけ待っても結果画面が表示されない。
そうこうしているうちに、チケぴにて予定枚数終了。
この間、わずか10分程度。ひー。
甘かった。読みがあまりにも甘すぎた。こりゃだめかもな…。
そう思ったとき、ジャジャーン! 出たよ、結果画面が。

「獲ったどーーーー!」

よゐこの濱口くんのように、叫びたい衝動に駆られました。
これで初めて谷原先生の舞台が観れます! 楽天さん、ありがとう!
ストーリー的にも惹かれるものがありますし、深津絵里さんの舞台姿も楽しみの1つ。
自分のチケットを確保した段階で、各チケット販売先を観察してみたのですが(迷惑?)、
予定枚数終了に至るまでの時間の速さは、

1:チケットぴあ
2:楽天チケット
3:イープラス
4:Yahooチケット

この順ではなかったかと思います。
但し、イープラスはチケぴよりもつながりが悪かったので、
もしかしたら楽天より早くなくなっていたかもしれません。

それにしても、チケットゲットってほんと疲れますね。
取れた後はものすごい脱力感に襲われます。
まあこれをやらなければ、舞台が観れないってことなんですけどね。
さあて7月はBunkamuraを堪能するぞ~。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。