秘伝の書を求めて遭難!?

青森県西目屋村の白神山地近くで4日夜、
シンガポールから来日した中国系武道家一族ら13人のうち男性3人が雪道に迷い、
5日未明に県警弘前署に保護された。
                        (毎日新聞より引用)



これだけなら普通に「遭難事件、無事解決」と読み過ごしてしまうんですが、
なんとこの話には続きがありました。
彼らはシンガポールで道場を開いていた武道家の一族で、
空手の伝承者を探して白神山地を歩いていたというのです。
この武道家は5年前に病死したということですが、跡を継ぐものがおらず、
おまけに秘伝書も弟子に盗まれてしまい、後継者問題に悩んでいたといいます。
そこでこの武道家が死の間際になって、「青森県の相馬村に極真空手の伝承者がいる。
彼に会い、秘伝書を譲り受けてほしい」と遺言したことから、
この伝承者探しの旅が始まったということのようなのです。

このニュースを読んで、思わず「すげえな…」とつぶやいてしまいました。

なにがすごいって、ホントか嘘かわからない預言みたいなものを本気で信じて、
未知の土地であろう日本の白神山地に探しに来ているということがです。
いや、占いハマる人々の事を思えば、これは当たり前のことかもしれないです。
それだけ彼らが必死なんだということもわかります。
だけど私にとっては、まるで映画か小説かっていうくらい、
インパクトのあるニュースでした。
だって、それで遭難しかけてしまうんですから。
ただ実際、相馬村には道場もなければ空手家がいるという事実もないらしいですが、
それでも一行は預言の通り、伝承者を探し続けるとのこと。
もしかしたら修行中の空手家に出会うかもしれないし、
空手家でなくともその秘伝を知る少年なんかが駆け回ってるかもしれないし(苦笑)、
見つかったらこれまたすごいなと、ちょっと気になります。
そうしたら、ちょっとした香港映画になりそうですね。

2 Comments

Aki_1031  

カタリーナさん!
こちらの記事を拝見した時から、
このニュースの続報が出ないかな~と
気になっていたんですが(わはは、単なる好奇心です♪)
秘伝書あったらしいですよっ!(笑)

http://www.nikkansports.com/general/p-gn-tp0-20060413-18366.html

2006/04/13 (Thu) 16:42 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■Akiさん
ほんとに見つかったんですかー!
すごい! よかった!
でもこれって別に預言でもなんでもなくて、
単にお父さんが覚えてたこと…という雰囲気ですね。(汗
なのにファンタジーに仕立ててしまう私は、
やっぱりドラマの見すぎですかね~。

2006/04/13 (Thu) 18:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment