Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

長崎はやっぱり雨だった 

九州は長崎。雪国の人間から見れば、とんでもなく南な都市。
当然、爽やかな春の風とポカポカ陽気、美しい桜を期待していったはずが、
なんとも冷たい風に桜も縮こまっていて、少々がっかり。
しかも仕事中はずっと晴天で、やっと解放されて「観光!」と思った途端に雨が降るとは!

一日乗車券 今回必ず行こうと思っていたのが、浦上天主堂。
 ここにはイギリス・マンダー社製の、
 立派なパイプオルガンがあり、
 どうしても見たかったんです。
 3段鍵盤でストップ数も52と、かなり大きなもの。
 出来れば触りたかったんですが、
 信徒でもなければオルガニストでもない私には、
 やはり無理というもの。
一応知り合いの神父様を通して、きちんと探りは入れたんですけどね、ダメでしたわ…。(涙
でも長崎まで来たんです。せめて下からパイプだけでも眺めたい!
受付の男性にお願いして、何とかその姿だけは確認してきました。

その浦上天主堂から下ってくると、そこは原爆落下中心地。
平和公園や原爆資料館は1度訪れているので、原爆落下中心地公園を歩いてみました。
長崎展望あたりはすっかり整地され、桜などの樹木も茂り、
まるで普通の公園のようです。
もちろんモニュメントがあります
落下中心地を示す黒御影石の碑があります。
浦上天主堂の遺壁が建っています。
だけどそれと意識しなければ、
原爆と結びつけることさえ出来ないほど、
穏やかな広場なのです。
碑の脇には、原爆落下に関する説明板、加えて当時の地図も掲示されていました。
昭和20年当時、この一帯には地元の有力者の別荘と庭があり、
その周りは一般市民が暮らす住宅街だったようです。
米屋、歯医者、金物屋、魚屋…。
その住宅地図を見ていると、人々のごく普通の営みが蘇ってくる気がして、
それらを一瞬で無に帰した原爆の事実を前に、恐怖で身が震えました。
ところが、ふと広い公園を振り返ってみると、子供が駆け回り、
ベンチでは若者がハンバーガーをほおばっています。
反対側では若い女性が携帯電話でおしゃべりをしています。
「原爆のことを考えると、今でも恐ろしさが拭えない」という被爆者の方々がいる一方で、
こうした場所が、ごく普通の公園として市民の中に定着しつつあることに、
60年の年月を思わずにいられませんでした。
[ 2006/03/29 22:40 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。