Step by Step

いろいろなことを、気の向くままに。   
PROFILE
Author:カタリーナ
【ごあいさつ】
ご覧頂きありがとうございます。
超雑多なブログですが、
お付き合いのほど、
どうぞ宜しくお願いします。
コメント、TBも大歓迎です。
但し、記事と関連性のないものは、
ご遠慮くださいね。
予告なく削除させて頂きますので、
ご了承ください。
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
レビューINDEX
RECENT TRACKBACK
BLOG LIST
メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
カゲカツィストの会
己鏡のびびんばさん作成

カゲカツィストの会ロゴ
上杉景勝公をリスペクトする会

当ブログバナー
カゲカツィスト会員NO.3記念
TOTAL
Now On Line

The有頂天ホテル 

公開から1ヶ月が過ぎたので、慌てて見に行きました。
見終わって、「どこが<有頂天>だったのだろう?」と思ったのですが、
英語のタイトルが「The Wow-choten Hotel」だったので納得!
確かにワォ!な映画です。
キャストが豪華すぎるだけでも目が離せないのに、チョイ役の俳優さんを見つけたりするので、
「あ、こんなとこにも!」なんて反応するたびに、重要セリフを聞き逃してしまい、
三谷作品はじっくり腰を落ち着けて何度も見返さなければならないと、改めて確信した次第。
もうホント、Wow!と思った瞬間、Oh!ってなことになってましたから。(苦笑

【えー、以下ネタバレには考慮してませんので、
「ネタバレはイヤ!!!」という方は、鑑賞後にご訪問ください。(苦笑】



ストーリーとしては、年越し直前のホテルで繰り広げられる人間模様なわけですが、
まあこれがもう、こんなホテルは有りえんだろうと思うくらい、
次々とトラブルが発生するんですよ。
でも、今そこで起きたトラブルはきれいに解決するけれど、
そこに集まった人たちが抱えている根本的な問題は、何一つ解決していないんです。
それでもどこかちょっとハッピーな気分になれるのは、
彼らが選ぶ行動が、「生きることも悪くない」と思わせてくれるからだと思います。
コールガールのヨーコ(篠原涼子)が言う、
「何のために大晦日があると思う?」
「年が変わればいいこともあるわ」というセリフと、
ずっと耐えてきたチェリー(YOU)が、最後に念願かなって素晴らしい歌を披露することが、
それを一番よく表していたんじゃないかと思いました。

作中で一番魅力的だったのは、現在、公私共に充実している篠原涼子さんでしょうか。
彼女はコールガールという、ともすると暗い過去を滲ませてしまいそうな役どころを、
セクシーに、且つ明るくさらりと見せてくれました。
ヨーコは、多分この作品の中で一番ポジティヴに、そして力強く生きてるんじゃないかな。
追い出されても追い出されてもホテルに忍び込んでくるしたたかさが、
全然嫌味じゃないのがまた好感が持てました。

作品のツボを挙げればきりがないですし、
すでに各所で語りつくされてる感があるので、ここでは割愛します。(笑
でも明日は愛すべき汚職議員・武藤田勝利氏を別枠で語り倒す予定!
[ 2006/02/17 23:40 ] 映画 | TB(4) | CM(6)
この映画を観る前に、三谷さんがインスパイアされた2本の作品、『グランドホテル』と『有頂天時代』を予習しておこうと思ってたんですが、結局観られないまま劇場へ行きました。もしかしたら知ってるとニヤリなネタとかあったかも知れませんが、知らなくとも、また過去の三谷作品に全然詳しくなくても楽しめるエンターテインメントだったと思います。
チョイ役の豪華さはすごかったですね! 自分の感想ではフォロー出来なかったキャストもいっぱい。私も別枠でまた書くかも知れません(笑)。
[ 2006/02/18 11:23 ] [ 編集 ]
篠原涼子さん、よかったですよね。
彼女の何気ない行動も言葉も、実はすごく大きな意味を持っているってところが本当に良かったです。
武藤田さんを一生懸命慰めているところもよかったです。
出ている女優さんはみんなキュートでしたよね。

一回や二回では感想書ききれないですよね。
佐藤さんの別枠感想を心待ちにしております。
[ 2006/02/18 14:08 ] [ 編集 ]
■レッドさん

>過去の三谷作品に全然詳しくなくても楽しめる
ああ、これは私も思いました。
三谷さんの作品は好きですが、見始めた頃は、
過去の作品を知らないと、小ネタがわからないというのが不満だったんです。
ファンサービスも行き過ぎると鼻につくというか。(苦笑
その点今回は、知ってても知らなくてもOKだったですもんね。
それからチョイ役は本当に豪華でしたね。
「組!」視点では、尾形発見が一番嬉しかったです。

■dayuさん
女優さんたちは、仰るとおりに本当にみなさんキュートでした。
YOUも虐げられているがゆえの哀しい美しさが、
最後に最高の笑顔になって輝いてましたし。
戸田恵子さんの安心感は、一番の支えだったかな。
1回や2回で感想も書き終わりませんが、
1回や2回の鑑賞では、とても全てを把握できない気がしています。(苦笑
[ 2006/02/18 23:15 ] [ 編集 ]
カタリーナさん、ご覧になったんですね~♪
見終わった後は、ストーリーうんぬんよりも
「楽しかったね~!」で軽く終わることのできる映画なので
見る方も身構えることなく気楽に見られますよね。

鴨ちゃ…じゃなかった(笑)武藤田議員の熱い語り、
楽しみに待ってますね♪
[ 2006/02/20 12:10 ] [ 編集 ]
私も隠れキャラを探すのにいっぱいいっぱいで
幾つかセリフを聞き逃してしまいました。
それなのに、まだ未発見なキャラまでいたとは…
もうこれは私にDVDを買って隅から隅まで舐めろ
って事ですかね?(笑)

別枠感想、私も楽しみにしてます♪
[ 2006/02/20 22:10 ] [ 編集 ]
■Akiさん
やっと見ました。観客動員350万だそうですねー。
私が行った日はご年配のお客様が多かったんですが、
みなさん楽しまれている雰囲気でした。
何か感動があるとかってわけじゃないんだけど、
楽しく見終わってハッピーになれる、
爽やかな作品でしたよね~。

■ぷ~さん
やはり隠れキャラに気が行くと、セリフを逃しますよね。
DVDの特典には、ぜひ右近さんの正面カットを希望します。(笑
そういえば制作発表のときは正面を向くからか、
バンダナ巻いて隠してましたね!
やはり正面はヤバイのか…???
[ 2006/02/22 01:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://meintagebuch.blog3.fc2.com/tb.php/353-a08646df

昨日、映画「THE 有頂天ホテル」を観てきました。最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。新年までの2時間に、ホテルで巻き起こる9つの奇跡!23人のオールスターキャストが織りなすいまだかつてない、誰も観たことのない、極上のノンストップエンターテイメント!...
やっと観に行って来たよ~ん。いやぁ、面白かった~!知ってはいたけど、「超豪華キャスト」!誰が前に出てもおかしくないのに、誰も前に出過ぎてない、この映画。ホントに凄い!「組!」ファンにも堪らないツボが大満載。以下、超ネタバレです。
[2006/02/20 21:52] 歩行者優先
あまりにもネタがなくて、このまま埋もれさせちゃってもいいかな、なんて思ってたこっちのブログですが、某クミコフさんの激励(と受け取ってよいのか)により、再開する運びとなりました。っていうか、本当にネタはなかったの。一応「家事・家族ネタ」はあっちで、それ以外
[2006/02/18 14:09] 単細胞生活
なんと、観客動員300万人を突破したそうですよ。先週の金曜日、昼間に仕事が無い時間が持てたので、渋谷・渋東シネタワー(どうでもいいけどどうして一発変換だと「死ねタワー」になるのだ禍々しい……)で13時の回を観てきました。平日昼の回なわりには客の入り、まあまあ
[2006/02/18 11:06] 神変紅丼