スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脈拍と寿命の関係

「人が一生で打つ脈拍数って決まってるらしいわよ」
先日、母が言っていました。
大いに興味をそそられた私は、早速調べてみました。
だって、もしも一生で打つ脈拍数が決まっているとしたら、
簡単に自分の寿命が割り出せてしまうではありませんか。

人間の一生の心拍数は安静時で15億(拍)、
活動を考慮すると20~23億(拍)といわれています。
哺乳類では動物の種類によらず一生の心拍数はおよそ一定です。
              名古屋大学医学部第一内科の林博史氏の論文による



私の脈拍は1分間にだいたい66前後なので、
66(回)×60(分)×24(時間)×365(日)=34689600で、
1年に3400万回以上脈を打っている計算になります。
これでいくと、寿命は60歳前後ということがわかります。
今、日本人の平均寿命は82歳くらいですか?
そうすると、それより20年も早く死ぬってこと???
なんかちょっと損した気分ー。(苦笑
そんな冗談はさておき、普通人の脈拍って70前後だと思うので、
かつて人間50年と言われていたことは、理に適っている気がしますね。

ただこれも、確証があるわけではなく、そういう説もあるという程度のようです。
ネズミなどの小動物は脈が速く寿命も短い。
象くらいの大きさになると、脈も遅く寿命も延びる。
統計的に見て、脈拍数と寿命が反比例するという事実はあるようです。
これを踏まえると、寿命を延ばすには脈拍を遅くしなければなりません。
運動などもってのほか、興奮したりしてもいけないことになります。
そこまでする必要性はまったくもって感じませんが(苦笑)、
この説があたらずとも遠からず…だとするならば、
まあせめて、必要以上に怒ったり短気を起こしたりしないようにしようと思いました。

しかし心臓って、1年間に3400万回も伸縮してるんですね。
この事実にちょっと感動すら覚えました。

- 4 Comments

チビママ  

 はじめまして。taniさんのブログから飛んで来ました。

 この脈拍説、不安なんです。
 よく聞くじゃないですか。

 実は私、脈拍が安静時でも、100以上。
 子供の頃は120以上。
 運動するともっと上がります。

 そして心臓が弱い家系なんです。

 長生きしたいよぉ。
 ひ孫が結婚するまで死ねないよぉ・・・・・・・・・。

2006/02/11 (Sat) 00:29 | REPLY |   

カタリーナ  

■チビママさん
初めまして! ようこそ。
この脈拍の話、有名なんですね?
知りませんでしたー。
でも人間は他の動物と違って生活環境も影響するし、
医療技術もあるわけだし、この説の通りには行かないでしょうね。
それにあくまで「そういう説もある」という程度のことみたいですから、
まあ、話題の1つと捉えるのが適当かなと。
とはいえ、必要以上心拍数を上げないようにしよう…とは思いました。(笑
ひ孫の結婚まで長生きしてください!
私は…まず自分が結婚しないと。(爆

2006/02/11 (Sat) 23:40 | EDIT | REPLY |   

俊樹  

わたしは頻脈なので安静時で90~100です。

2012/08/03 (Fri) 19:05 | REPLY |   

カタリーナ  

■俊樹さん

安静時で脈拍が100もあると、やはり疲れなどが出やすいですよね。
お医者様にはかかっておいでですか?
少しずつでも落ち着いていかれると良いのですが。

2012/08/15 (Wed) 11:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。