スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神はサイコロを振らない3

飛行機の中で恐ろしい30分間を過ごした人間と、
地上で苦しく辛い10年間を耐えてきた人間との間に、くっきりと浮かび上がる溝。
その立場になったら、きっと自分のことでいっぱいいっぱいで、
相手の気持ちまで推し量るなんてこと、できないと思う。
だけどその思いをぶつけ合うことで、溝に橋をかけることができる。
いつかは、その溝を埋めることだってできるかもしれない。
もしもお互いに分かり合いたいと思うなら、自分をわかって欲しいと思うなら、
やっぱりいつでもどんなときでも、顔を見て話さなくちゃいけない。
それがどんな結末を迎えても、これは絶対に必要な作業なんだと思う。

消える運命にある亜紀はヤス子に言う。
自分に残された時間を、「ヤス子にとっての最高の時間にする」と。
それは同時に、ヤス子の記憶の中に「自分が生きた証」を残すということになる。
「新選組!! 土方歳三 最期の一日」の感想に書いたこととだぶるけれど、
死んだからって終わりじゃない。
その人が生きた証は誰かの記憶に残って、それがまた何かの形で、
次の誰かに受け継がれていく。
歴史に名を残すような人間かどうかなんて問題じゃない。
そうやっていくつもの人生が紡がれて、歴史が生まれていくのだ。
また今回も、人生を考える時間になった。

最後にものすごく気になっていること。
ヤス子の弟菊坊こと菊介(武田真治)くんは、音大卒のニートという設定。
それで彼らの家にはグランドピアノがあるのだろうけれど、
そのグランドピアノにシール(?)を貼ったのは誰ですか?
しかもあんなにでっかい陰陽勾玉巴の紋をいくつも!!!
菊坊の趣味!? 
…いや、菊坊の趣味はどうやらインターネットのよう。
402便のサイトを公開しているのが、まさか彼だったとは!

- 2 Comments

GO  

カタリーナ さん、こんばんは!

弟君、キーマンになりそうですね。
「ぼくの友達はコンビニ」
このセリフが、彼の葛藤の伏線なのかな?

2006/02/04 (Sat) 01:49 | EDIT | REPLY |   

カタリーナ  

■GOさん
そのセリフには、私も「お?」と思いました。
でも彼は和み系担当キャラだと踏んでいただけに、
HPの制作者だったのは驚きでした。

そちらにもTBしたかったのですが、なんだかうまくいかないみたいです。
ごめんなさい~。

2006/02/04 (Sat) 01:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

- 1 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  神はサイコロを振らない #3
  • アロハ♪GOです!せちゅねー!せちゅねーよー!冒頭のこのセリフに、テツ「……俺も消えるんだぞ、8日後に。 お前に……会えなくなる……」早くも、目頭が熱くなる。。。そして、後半電話でヤッチがテツにこう言った。ヤッチ「お帰り」
  • 2006.02.02 (Thu) 23:43 | 文才がなくても描けるドラマ脚本術
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。